下町の梅もんじゃ焼き あけみ風梅もんじゃ焼き 刺激敵びっくりするほど旨い梅もんじゃ焼き

【下町の梅もんじゃ焼き】簡単おすすめ!ヘルシー料理 美・健康レシピ

梅もんじゃ焼きは絶対覚えておいた方が良い!

簡単!【梅もんじゃ焼き】鉄板焼きの1品でビールが美味しくてやめられない

ちょー旨いし簡単に作れちゃう下町のもんじゃ焼き

人気【やみつ下町の梅もんじゃ焼き】とまらない!

あと1品欲しい時におすすめ【梅もんじゃ焼き】の作り方!

もんじゃ焼きは、美容と健康で長寿に必要な成分想像以上に凄すぎ!

野菜に秘められたパワーと、おいしいの食べ方もご紹介します。

もんじゃ焼き

 
材料・調味料4人

もんじゃ焼き

  • キャベツ・・・・・・・小半分(お好みで分量入れてね)
  • 大葉・・・・・・・・・10枚(お好みで分量入れてね)
  • 長ネギ・・・・・・・1本(お好みで分量入れてね)
  • 梅干し・・・・・・・小粒10個(お好みで分量入れてね)

    ・・・・・・・もんじゃのスープ調味料・・・・・・・

  • 薄力小麦粉 ・・・・・・・大さじ山盛り4杯〜5杯
  • 水・・・・・・・・・・・800cc
  • ウスターソース・・・・・100cc(自分好みに味を調整してね
    (ウスターソースの代わりに醤油でも)おいしい!
  • かつおダシ・・・・・・・大さじ1(粉のだし)
  • 昆布だし・・・・・・・・小さじ1(粉のだし)
  1. 4人分あたり、水800cc、小麦粉大さじ山盛り4杯でかき混ぜ。 
  2. 熱湯100ccに大さじ1杯のダシを溶かしたもの、ウスターソース100cc、
    追加で小麦粉を大さじ大盛り1杯加えて混ぜます。だし汁昆布だしの出来上がり。
    (ここから詳しくは動画参照)
  3. キャベツは事前に細切れして、ボウルへ入れておきます。
  4.  大葉(しそ)と長ネギをみじん切りしたものを加えます。
  5. 梅干しは種を取り除き、包丁で叩いてペースト状にして加えます。
  6. これにもんじゃのダシをかけて、昆布つゆを加えて混ぜて焼きます。
    もんじゃのダシは、「あけみママの簡単レシピ もんじゃの準備」を参照。
ポイント

※ダイエットに、欠かせないキャベツです。キャベツを沢山食べるとダイエットには、最高ですね。

1)レシピYouTubeで見れます。

 

Akemi MaMaのブログを観ていただき ありがうございます。

YouTubeでakemimamaで検索したら沢山投稿 しております。

見てくださいね。 YouTuberチャンネル登録よろしくお願いします。

 

あけみママの簡単レシピ動画を見ていただきありがとうございます。

雑な面や見づらい点等が有ると思います2011年に、ありのままの動画で

編集無しで投稿してしまいました。改めて見直すと!!本当に、恥ずかしいですね。

動画を編集無しで編集の知識も知らないままの投稿動画でした。大変見にくいとは!

思いますが、最後まで見てくださいね。 これからは、皆様に美味しい料理を見やすく

勉強したり工夫してアイディアも載せますので引き続き動画を見てくださいね。

お詫び申し上げます。

10年以上前の動画は、YouTubeでは、長時間載せることが出来ない為 

数本に分かれて動画を載せています。大変ご迷惑をおかけします。

2)レシピYouTubeで見れます。

 

お詫び申し上げます。

きゃべつ10年以上前の動画は、YouTubeでは、長時間載せることが出来ない為

数本に分かれて動画を載せています。大変ご迷惑をおかけします。

キャベツ (ビタミンCを豊富)

 

一般的なキャベツである冬キャベツ、春には春キャベツが出回る

ビタミンCを豊富に含む。基本的にはブロッコリーのほうがあらゆる栄養素が高いのだが、茹でた時の

ビタミンCの損失量がブロッコリーよりも少ないため摂取量としてはあまり変わらない

キャベツに関する驚くべき事実は
進化にもとづくけんこ健康論のページからの一部の文を載せています。

 キャベツに含まれている栄養素は多く、ビタミンA、B1,B2,B3,B5,B6,B9、C、

カルシウム、鉄分、マグネシウム、リン、カリウム、亜鉛…などですが、中でもビタミンCがずばぬけて豊富で、

大き目の葉二,三枚で大人が一日に必要とするビタミンCをカバーできるそうです。 特に中心部にビタミンCが多く含まれているそうです。

カルシウムは丈夫な骨を維持してイライラを解消し、精神を安定させる作用もあるそうですが、素晴らしいのはビタミンUとKだそうで、

ビタミンUは胃腸の粘膜修復に必要なたんぱく質の合成を促進するので新陳代謝を活発化して、

胃や十二指腸の潰瘍を修復もすればその発生を抑制する働きがあるそうです。 ビタミンKには、骨にカルシウムが沈着するのを助けるはたらきがあるらしく、

骨粗しょう症の予防に効果があり、もしビタミンKが不足すると骨に十分なカルシウムが取り込めなくなって骨がもろくなり、

貧血や大腸炎などをおこしやすくなるそうです。赤ちゃんの脳内出血を防ぐ作用も認められており、妊婦や授乳期の母親に十分とって欲しい栄養素だそうです。

長ねぎ (風邪に効くとの民間療法が有名)

長ねぎ

白ネギ、青ネギに区別され、関東では白ネギ、関西では青ネギが好まれる。

張りがあり、白と青の境目がはっきりしているものが良い。

風邪に効くとの民間療法が有名だが、実際にネギの辛味成分には殺菌効果に加え、

血行を良くし体を温め、睡眠を誘発する働きがあるため効果的である。

梅(うめ)

梅干し

梅干しの酸っぱさもクエン酸がたっぷり入っているそうです。

梅干しの酸っぱさの原因はクエン酸だがたっぷり入っていすそうです。

梅には果実の中でもクエン酸の含有量が最も多

小さな1粒にレモン1個の2~3倍みたいですね。
クエン酸は血液をサラサラにし、血流を改善して免疫力を高め

風邪やインフルエンザにかかりにくくするという。

胃炎や胃潰瘍、胃がんの原因となるピロリ菌の活動を抑制する効果も認められて

さらに、疲労回復にも効くそうです。

しそ(大葉)(香りには精神安定効果)

しそ(大葉)

梅干しの色付け用に使われる赤じそは6~7月のみ。

防腐・殺菌効果をもち、栄養価も高く、香りには精神安定効果もある。細かくきざむほどに、薬効が高まる。

βカロテンはトップクラスの含有量 紫蘇にはβカロテンが豊富に含まれています。

その量は100g中に11000μgと人参の9100μgをはるかに超えている他、ヨモギやアシタバの2倍以上となっています。

βカロテンには活性酸素を抑え動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病から守る働きや、

皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きがあり、あわせて免疫力を高め、がん予防にも効果があると言われています。

 

各種栄養成分量は抜群 紫蘇はβカロテンだけでなく、ビタミンB群やビタミンEやKなども他の野菜に比べ抜群に沢山含んでいます。

単に薬味としてだけでなく、積極的に食べる事をお勧めします。

 

清々しい香りの芳香成分ぺリアルデヒドの効果 紫蘇の清々しい香りは

主にぺリアルデヒドと呼ばれる芳香成分によるもので、強い防腐・殺菌作用を持っています。

生魚を食べる刺身のツマに用いる事は理にかなっているんです。

更にこの香りにより食欲増進効果や健胃作用もあるといわれています。

 

ミネラルも豊富 鉄分をはじめ、カルシウムなど身体に必要なミネラルをバランスよく、しかも沢山含んでいます。

赤紫蘇は漢方薬の一つとして用いられています 赤紫蘇の葉は漢方医学では

「蘇葉(そよう)」と呼ばれ、気が停滞している状態を改善し、精神を安定させる理気薬として色々な漢方薬に配合されています。

参考サイト:旬の食材百科の文章を一部載せております。詳しくは、サイトへ

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_FAAAEA06C38F453E410DD996F3BC6585_app_list-300x300.png
MY

梅もんじゃは、いろんな具材が入っているから栄養万点でおいしそうだね。今日の!料理は、鉄板焼きは、梅もんじゃで決まりだね!

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_72B230EA97D2200E02836ED564825278_app_list-300x300.gif
AK

梅もんじゃは、いろんな具材が入っているから栄養万点で、家族や友達でパーティーも楽しいね。

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA