【玄米・発芽玄米】5の効果で健康・ダイエットボディメイクレシピレシピに最適

ご飯類・玄米・発芽玄米の知識を知っとこう!
5つの効果でダイエットにも健康にも効果!

玄米と発芽玄米をいかに美味しくする方法のレシピです。

玄米ご飯1

 

玄米と聞くとみな様はどのようなイメージを思い浮かべますか?

身体に良さそう・ヘルシー・まずそう美味しくなさそう等みなさん様々なイメージがあると思います。

近年の健康ブームもあり、家で食べるだけでなく、

外食でも玄米を提供するお店も増えてきましたね。

ポイント

玄米のススメの理由は!5つの効果でダイエットにも健康にも効果!

そもそも玄米とは?

そもそも玄米って…白米と何が違うの?何が良いの?

そんなみなさんの疑問を栄養の観点から比べてみたいと思います。

玄米とは籾(もみ)から籾殻(もみがら)だけを取り除いた状態のお米を指します。

そこからさらに糠や胚芽を取り除いたものが白米となります。

玄米に期待される5つの効果

精米する前の玄米にはたくさんの栄養が含まれており様々な健康効果が期待できます。

玄米食のイメージ

完全栄養食玄米は

白米と比べ、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富で「完全栄養食」とまで言われています。

玄米にはビタミンB群が豊富に含まれます。ビタミンBはエネルギーを作り出し、代謝を助けるため人間には不可欠な栄養素と言えます。

章便秘改善効果

白米と比べ約5倍もの食物繊維が含まれています。玄米に含まれる食物繊維は「不溶性食物繊維」と言われ、

水に溶けにくく、水分を保持し、便のかさを増やすことで排便を促すのが特徴です

腸内の有害物質を体外へと排出させる働きを持つとも言われています。

デトックス効果

玄米に含まれる「フィチン酸」は強力な排泄作用があると言われています。

また、老化の原因とも言われる活性酸素の生成を抑える高い抗酸化作用もあります。玄米には豊富に含まれています。

美容効果

若返りのビタミンとも言われるビタミンE。コラーゲンの元になるたんぱく質。

むくみの改善に役立つカリウムなど、美容に嬉しい効果を発揮する栄養素が食物繊維も豊富なので、

腸内環境を整えることによる美肌効果やニキビ予防も期待できそうです。

血糖値コントロール

血糖値の急な上昇は肥満につながるとされています。食事をすることで、炭水化物が体内で糖に変わり血糖値が上昇します。

血糖値が急激に上昇したり、高い状態が続くと脂肪として蓄積されやすくなります。

玄米は血糖値が上がりにくく、肥満や糖尿病の予防にも効果的です。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/mama456-1-300x300.jpg
あけみママ

玄米とは、白米に比べて栄養価が高いということをご存じの方も多いですよね。白米には含まれないビタミンB1やミネラルを豊富に含んでいるためです。発芽玄米は、玄米よりさらに栄養豊富なんですよ。では、発芽玄米のメリットを紹介します。

発芽玄米の栄養価

酵素玄米食

栄養価が高い

玄米をわずかに発芽させたのが発芽玄米ですが

発芽させる際に眠っていた酵素が活性化して

出芽のために必要な栄養素を玄米の内部に増やしていきます。

そのため、玄米より栄養価が高くなるのです。。

味が良い

発芽により、酵素が活発化されることで糖質が分解され甘みがアップし、

たんぱく質が分解されることで旨み成分のアミノ酸が増えることで、

玄米より甘みや旨みが高くなります。

白米と同様に炊ける発芽によって、糖がやわらかくなっているので、

玄米のように炊飯に気を使わなくても硬くならずに炊くことができるのです。

白米と同じように炊いても、白米と変わらず食べやすい上

栄養価が高く、味もよく、炊飯も簡単なので、どのような方にもおすすめできます。

ビタミンやミネラルが豊富に含まれていますので、

育ち盛りのお子さまでも安心して食べることができますよ。

実は、発芽玄米って自宅でも作ることができるんです。

作るといっても、玄米を発芽させるだけですよ。

方法は、玄米を水かぬるま湯に浸水させるだけで発芽玄米ができます。

約2日ほどかかりますが、玄米の値段で発芽玄米が食べられるのでコストが抑えられますよ。

また、炊飯器を使って短時間で発芽させる方法もあります。

炊飯器にそういう機能がついていたら使ってみましょう。

玄米とは、白米に比べて栄養価が高いということをご存じの方も多いですよね。

白米には含まれないビタミンB1や

ミネラルを豊富に含んでいるためです。発芽玄

米は、玄米よりさらに栄養豊富なんですよ。では、発芽玄米のメリットを紹介します。

栄養価が高い

発芽により、酵素が活発化されることで糖質が分解され甘みがアップし

たんぱく質が分解されることで旨み成分のアミノ酸が増えることで、

玄米より甘みや旨みが高くなります。

玄米をわずかに発芽させたのが発芽玄米ですが、

発芽させる際に眠っていた酵素が活性化して、

出芽のために必要な栄養素を玄米の内部に増やしていきます。

そのため、玄米より栄養価が高くなるのです

味が良い

発芽により、酵素が活発化されることで糖質が分解され

甘みがアップし、たんぱく質が分解されることで

旨み成分のアミノ酸が増えることで、玄米より甘みや旨みが高くなります。

白米と同様に炊ける発芽によって、糖がやわらかくなっているので、

玄米のように炊飯に気を使わなくても硬くならずに炊くことができるのです。

白米と同じように炊いても、白米と変わらず食べやすい上、

栄養価が高く、味もよく、炊飯も簡単なので、

どのような方にもおすすめできます。

ビタミンやミネラルが豊富に含まれていますので、

育ち盛りのお子さまでも安心して食べることができます。

実は、発芽玄米って自宅でも作ることができるんです。

作るといっても、玄米を発芽させるだけですよ。

方法は、玄米を水かぬるま湯に浸水させるだけで発芽玄米ができます。

約1日半から2日ほどかかりますが、玄米の値段で発芽玄米が食べられるのでコストが抑えられますよ。

また、炊飯器を使って短時間で発芽させる方法もあります。

炊飯器にそういう機能がついていたら使ってみましょう。

玄米

玄米食2

玄米にはビタミンやミネラルといった身体に必要な栄養素が

ギュッと詰まっていまその玄米の優れた栄養素を残しながら、

食べやすくしたのが分づき米なのです。

さらに注目したいのが、精米したてのお米のおいしさです。

精米したお米は時間とともに酸化が進んで味や香りが失われるため、

おいしさの寿命は約1週間と言われます。

おいしいご飯を食べたいなら、玄米で保存し、そのつど精米しましょう。

玄米食の注意点

ただ、難点は栄養素が玄米、分づき米と比べて少なくなるので、

副食のおかずとバランスのとれた食事にする必要があります。

米の構成は、「胚芽」・「ぬか層」・「胚乳」から出来ています。

玄米から「ぬか層」を取り除くと胚芽精米になり、

胚芽精米から「胚芽」を取り除くと、精白米になります。

玄米と白米では主要な栄養素が4倍程度多く玄米に含まれています。

日本の主食はお米です。

1日3食のうち、1食を玄米食にするだけでも十分に効果が期待できます。

栄養バランスにも優れた玄米を継続して食べるようにしたいものです。

玄米は白米に比べ各種栄養素が豊富です。

その豊富にある玄米の利点である各種効用や健康ブーム、

自然食品をもとめて、健康管理や回復に玄米食が増えつつあります。

ただ、以下の注意点があります。

玄米は、水で洗うの?

玄米をとぐ必要はありませんが、ゴミ、石粒、異物等を水で流し取り除く。
お米は田んぼで採れまいろんな異物が混入している場合があります。炊くときに充分に火をとおす。 

塩少々(精製塩でなく自然塩、一合にたいして1g)いれて炊く。玄米の炊き方を参考にしてください。

玄米は、どのくらい噛むの?

よく噛んで食べる。50回から100回を目安に噛んで食べる。玄米は白米に比べ消化がよくありません。

よく噛むことにより唾液の分泌が盛んになり胃腸への負担も軽くなり、食べたものがよく身につきます。

豊富な栄養成分を充分に消化吸収するためにも、よく噛んで食べましょう。

種皮の注意点

種皮の残留農薬に注意すること。無農薬玄米がよい。お米を作る場合、農薬を使用する場合が多いです。

一番残留農薬が多いのは「もみ」の部分で、次に「ぬか」の部分です。
白米は「ぬか」の部分を取り除きますので、残留農薬の問題はないと思われます。
「もみ」は玄米にする段階で取り除かれます。
玄米は「ぬか」の部分が残りますので、どうしても残留農薬が残ります。
健康によいと玄米食しても残留農薬が含まれている場合は、むしろ健康を害する可能性があります。

そのためにも新鮮な無農薬、低農薬の玄米を使用してください。

食べ合わせの注意点

大量の野菜や牛乳を摂取してミネラルの欠乏に陥らないようにする。
玄米そのものには白米にくらべミネラルが豊富にあります。

ただ栄養成分の吸収率が白米に比べ低いものもあります。
これは玄米に含まれるフィチン酸がカルシウム・マグネシウム・鉄などの吸収を妨げるからです。

玄米食の方は、野菜・牛乳など摂取してカルシウム・マグネシウムの欠乏症にならないように注意する必要があります。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/mama456-1-300x300.jpg
あけみママ

玄米の栄養の9割くらい含む米ぬかは、生活習慣病の薬・入浴剤・肥料など、さまざまな利用方法があります。

生活習慣病の特効薬

玄米を精米すると出てくるのが米ぬかです。

この米ぬかには、ビタミンB群やビタミンEが豊富に含まれています。

玄米食をすれば、上記の栄養素をとることができますが、

白米に慣れているほとんどの人は9割以上の栄養分を無駄にしていることになります。

白米でもその他の食材と併用することによりバランスのとれた栄養素をとることができます。

玄米は白米と比較して味覚、炊きあげの難しさ、消化の問題があります。

その点、白米と一緒に米ぬかを食べれば、玄米のすぐれた栄養素を摂取することができます

ダイエットレイニング

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/mama456-1-300x300.jpg
あけみママ

玄米と聞くとみなさんはどのようなイメージを思い浮かべますか?・身体に良さそう・ヘルシー・美味しくなさそうみなさん様々なイメージがあると思います。近年の健康ブームもあり、家で食べるだけでなく、外食でも玄米を提供するお店も増えてきました。

そもそも玄米とは?

そもそも玄米って…白米と何が違うの?何が良いの?

そんなみなさんの疑問を栄養の観点から比べてみたいと思います。

玄米とは籾(もみ)から籾殻(もみがら)だけを取り除いた状態のお米を指します。

そこからさらに糠や胚芽を取り除いたものが白米となります。

玄米・稲

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/mama456-1-300x300.jpg
あけみママ

精米する前の玄米にはたくさんの栄養が含まれており様々な健康効果が期待できます。

玄米に期待される5つの効果

完全栄養食玄米は

白米と比べ、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富で「完全栄養食」とまで言われています。

玄米にはビタミンB群が豊富に含まれます。ビタミンBはエネルギーを作り出し、

代謝を助けるため人間には不可欠な栄養素と言えます。

便秘改善効果

白米と比べ約5倍もの食物繊維が含まれています。

玄米に含まれる食物繊維は「不溶性食物繊維」と言われ、水に溶けにくく、水分を保持し、

便のかさを増やすことで排便を促すのが特徴です。

腸内の有害物質を体外へと排出させる働きを持つとも言われています。

デトックス効果

玄米に含まれる「フィチン酸」は強力な排泄作用があると言われています。

また、老化の原因とも言われる活性酸素の生成を抑える高い抗酸化作用もあります。

美容効果若返り

ビタミンとも言われるビタミンE。コラーゲンの元になるたんぱく質。

むくみの改善に役立つカリウムなど、美容に嬉しい効果を発揮する栄養素が玄米には豊富に含まれています。

食物繊維も豊富なので、腸内環境を整えることによる美肌効果やニキビ予防も期待できそうです。

血糖値コントロール

血糖値の急な上昇は肥満につながるとされています。

食事をすることで、炭水化物が体内で糖に変わり血糖値が上昇します。

血糖値が急激に上昇したり、高い状態が続くと脂肪として蓄積されやすくなります。

玄米は血糖値が上がりにくく、肥満や糖尿病の予防にも効果的です。

 
https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_72B230EA97D2200E02836ED564825278_app_list-300x300.gif
AK

玄米の調理法・酵素玄米を美味しく調理方などは、サイトページを作っております。しばらくお待ちくださいね。

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA