青大豆(青大豆・秘伝豆・くらかけ豆・黒神)凄い青大豆のパワーの簡単なまとめ

青大豆はなんと!(畑のエメラルド)ともよばれ、大豆と同じ栄養価を持つほかに、
ビタミンCが多く含まれているため、風邪予防に効果的です。
畑のお肉と呼ばれるほど高タンパクで、なんと!ダイエットには、最高な豆
他の大豆と比べ油分が少ないためダイエットにも最高に適しています。
脂質・ビタミン・ミネラルも多く青大豆の主成分は今話題となっているサポニンやイソフラボン!
サポニンは過酸化脂肪の増加を防ぐ役割があります。 

青大豆(青大豆・秘伝豆・くらかけ豆・黒神)

抗酸化作用によるアンチエイジング効果や花粉症対策 骨粗鬆症 高血圧 肥満予防作用があり高血脂症を予防し

脂肪の代謝を促すことで、肥満を防止する効果が期待できます。 イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをもちます。

食物繊維も豊富なため、便秘解消やデトックス効果も期待できます。 青大豆の甘み成分の一は、

オリゴ糖で、オリゴ糖は美肌効果のあるビタミンEとビフィズス菌の働きを活発にする効果があります。

青大豆にアレルギーを抑える効果が!

日清製粉グループが2010年5月22日に第64回日本栄養・食糧学会大会において 青大豆の抗アレルギー作用を証明しました。

青豆には、期待できるパワーがたくさんあるんですね。

 

青大豆効能 黒大豆と同じように血圧にもいいです。 アンチエイジングにはビタミンE Cが豊富で 

ダイエットには脂肪細胞を出すそうです、(アディポネクチン) 解毒作用が強く、食中毒・薬物中毒に効果。

利尿作用・むくみが取れます。特に中高年の多くの悩み、糖尿病、高血圧、などには効果があるようです。

食物繊維豊富。ダイエット・アンチエイジング・解毒効果

青大豆は青豆と呼ばれます。呼称として緑豆 青小豆とも呼ばれます。

大豆は大きく分けて、黄豆(普通の大豆) 黒豆 青豆(青大豆 緑豆)に分類されます。

その中でも青大豆は、熟しても実が青く また他の豆と比べ風味甘みが豊かな大豆なのです。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

アンチエイジングとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

 アンチエイジング(anti-aging)とは「抗加齢」を意味する言葉です。実際の年齢に逆らうことは出来ませんが、「抗老化」となります。いつまでも若々しい心と体を維持したいですね。実際の年齢よりも若く見せたい!見られたい!出来るだけ長生きしたい!という欲望は、老若男女すべてに共通していますね。すなわち健康で美しく元気で若くいたいですね。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

食物繊維とは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

食生活の欧米化に伴い、摂取量が年々、減少傾向にあるといわれている食物繊維。余分な脂肪や老廃物を体外に排出し、便秘解消にも効果的な成分です。黒大豆には不溶性食物繊維が豊富に含まれておりデトックス効果も期待できますね。

ビタミン・ミネラル研究所 ビタミンとミネラルの働きについてもっと知ろう!の内容を一部記載しております。詳しくは、サイトへ

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

ミネラルとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_FAAAEA06C38F453E410DD996F3BC6585_app_list-300x300.png
MY

ミネラルとは?

⭐️カルシウム(カルシウムは、骨や歯を形成。筋肉や神経の働きを正常に保つ働きも。)

⭐️マグネシウム(カルシウムと結合して骨格を形成。神経の機能を保全。)

⭐️リン(骨や歯、細胞の材料になり、エネルギー代謝に関与。)

⭐️鉄(赤血球の成分として全身に酸素を運び、二酸化炭素を回収。)

⭐️銅(鉄の代謝をサポートする成分。血管や骨をしなやかにする働きも。)

⭐️亜鉛(補酵素として代謝に関わる。味覚の維持にも不可欠。)

⭐️クロム(インスリンの働きを助けて、血糖値を調整する)

⭐️マンガン(骨の形成を促す酵素の成分となる。代謝にも関与。)

⭐️セレン(抗酸化作用のある酵素の成分で、活性酸素を分解する。)

⭐️ヨウ素(甲状腺ホルモンの構成成分。発育や代謝を促す。)

⭐️ナトリウム(体内の水分量やミネラルバランスなどを調節する。)

⭐️カリウム(細胞内外の水分量を調節。血圧の上昇を抑え安定させる働きも。)

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

ミネラルとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_FAAAEA06C38F453E410DD996F3BC6585_app_list-300x300.png
MY

ミネラルとは?

⭐️カルシウム(カルシウムは、骨や歯を形成。筋肉や神経の働きを正常に保つ働きも。)

⭐️マグネシウム(カルシウムと結合して骨格を形成。神経の機能を保全。)

⭐️リン(骨や歯、細胞の材料になり、エネルギー代謝に関与。)

⭐️鉄(赤血球の成分として全身に酸素を運び、二酸化炭素を回収。)

⭐️銅(鉄の代謝をサポートする成分。血管や骨をしなやかにする働きも。)

⭐️亜鉛(補酵素として代謝に関わる。味覚の維持にも不可欠。)

⭐️クロム(インスリンの働きを助けて、血糖値を調整する)

⭐️マンガン(骨の形成を促す酵素の成分となる。代謝にも関与。)

⭐️セレン(抗酸化作用のある酵素の成分で、活性酸素を分解する。)

⭐️ヨウ素(甲状腺ホルモンの構成成分。発育や代謝を促す。)

⭐️ナトリウム(体内の水分量やミネラルバランスなどを調節する。)

⭐️カリウム(細胞内外の水分量を調節。血圧の上昇を抑え安定させる働きも。)

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

鉄分豊富とは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

鉄分は赤血球中のヘモグロビンの主成分であり、血液を造るうえで必要不可欠です。不足すると酸素が全身に行き届かなくなり、顔色が悪くなったり、集中力や記憶力の低下、めまいや立ちくらみ、疲れを感じやすくなるなどの貧血症状が現れます。

e-ヘルスネットの文章を一部記載しております。詳しくは、サイトへ訪問してくださいね。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

アディポネクチンとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

アディポネクチンは、脂肪細胞から分泌される生理活性物質(アディポサイトカイン)のうち善玉物質のひとつ。動脈硬化や糖尿病を防ぐ。 アディポネクチンは脂肪細胞が特異的に分泌する生理活性物質(アディポサイトカイン)の一種で、動脈硬化や糖尿病を防ぐ善玉物質として注目されています。

青大豆

青大豆は『畑のエメラルド』ともよばれ、大豆と同じ栄養価を持つほか、ビタミンCが多く含まれているため、

風邪予防に効果的です。また、畑のお肉と呼ばれるほど高タンパクで、しかも他の大豆と比べ油分が少ないため

ダイエットにも適しています。 脂質 ビタミン ミネラルが多く 青大豆の主成分は今話題となっているサポニンやイソフラボン!

なので、抗酸化作用によるアンチエイジング効果や花粉症対策 骨粗鬆症 高血圧 肥満予防作用 が期待できます。

⭐️令和元年産 山形県産 さとういらず 約1kg送料込み 970g

秘伝豆

秘伝豆について

秘伝豆とは青大豆の一種で、山形県では青大豆の代表的な存在です。

その味と香りは大変評判が良く、枝豆状態でも乾燥大豆でも美味しいと言われています。

黄大豆や黒豆は成熟すると黄や黒に変化しますが、青大豆は成熟しても青いままで変化しません。

秘伝豆は、地元では主に「ひたし豆」に使われています。秘伝豆の枝豆としての旬が9月下旬のため、

ほかの枝豆の旬である8月には出回らないのが残念なところです。

⭐️秘伝豆 山形県産 約1kg 2019年度産新物 970g送料込み 送料無料

くらかけ豆

くらかけ豆とは・・ こちらの豆は、青大豆の一種のようですが。そして真ん中が黒くなっているとても珍しい品種だそうです

栄養価もとても高く、大豆より脂肪は少なく、食物繊維はたっぷりでベータカロチンを多く含むとても優秀な食材です。

普通の大豆よりも食物繊維やβカロテン(ビタミンA)が多いのが特徴で模様が馬に鞍を掛けてるように見るので、こんな名前になったようです。

⭐️【ゆうパケット 送料無料】令和元年産 山形県産くらかけ豆 900g レシピ付き!

黒神

黒神(こくじん)」は大豆の品種の名前で、すごく小さな大豆です。

最近では小さな大豆というと「雑穀ご飯」などでもしばしば見かけますが、ほとんどは黄色い大豆か黒い大豆です。

しかしこの黒神(こくじん)は極小粒の青大豆なんです。 黒神という名前から黒い豆かな、

と思われるかもしれませんが、黒神(こくじん)は極小粒の青い大豆です。

⭐️【宅配便】岩手県産極小青大豆 黒神 500g

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_72B230EA97D2200E02836ED564825278_app_list-300x300.gif
AK

アンチエイジングに最高で!脂質・ビタミン・ミネラルも多く青大豆の主成分は今話題となっているサポニンやイソフラボン!<br />
サポニンは過酸化脂肪の増加を防ぐ役割があるんですね。もっと豆を食べましょうね。 

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA