えんどう豆(赤えんどう豆・青えんどう豆)えんどう豆がもつパワーに世界も注目食卓に入れたいですね。

えんどう豆は、知れば知るほどスパーフードだった!
えんどう豆は健康食品として注目されておりたんぱく質と
ビタミンB1、ミネラル、食物繊維といった健康生活に
必要不可欠な栄養成分を含んでいるえんどう豆。
最近になって、再注目されている食材であり、欧米ではえんどう豆が
原料のピープロテイン商品が大人気です。えんどう豆は、
子供が大嫌いなグリーンピースで知られる
「実えんどう」の仲間であり、身体に良い栄養が多く含まれる
食材として日本でも古くから重宝されてきました。

えんどう(赤えんどう豆・青えんどう豆)

えんどう豆の栄養と効能を簡単にまとめ!じつにこんなに優秀な豆だった!

えんどう豆に含まれてる栄養成分からは、たくさんの健康効果があります。

カリウムをはじめ、ミネラルを豊富に含んでいます。 ビタミンB群も豊富に含んでいます。

タンパク質や糖質も特にビタミンB1やB2を多く含んでいます。

タンパク質や糖質も 若いとはいえ、豆類でもあるため、野菜としてはタンパク質を豊富に含んでいます。

糖質も多く、エネルギー源ともなります。 食物繊維も豊富で整腸効果があります。

必須アミノ酸のリジンも含んでいます。

むくみ解消 血圧を下げる 便秘改善 ダイエット効果 動脈硬化予防 心筋梗塞予防

骨や歯の強化 貧血予防 胎児、乳児の発育 皮膚、粘膜の強化 がん予防

免疫力アップ アンチエイジング効果 糖尿病予防 疲労回復

効果を期待するなら塩豆がいいと思いますが、塩分も多いですし栄養成分の中には食べすぎると

下痢になるものもありますから食べすぎには注意しましょう。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

カリウムとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

カリウムは、ナトリウムとともに、細胞の浸透圧を維持しているほか、酸・塩基平衡の維持、神経刺激の伝達、心臓機能や筋肉機能の調節、細胞内の酵素反応の調節などの働きをしています。また、カリウムは腎臓でのナトリウムの再吸収を抑制して、尿中への排泄を促進するため、血圧を下げる効果があります。健康長寿ネットの文章を一部記載しております。詳しくは、サイトへ

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

ビタミンB1、ビタミンB2とは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

ご飯やパン、砂糖などの糖質が分解されエネルギーとなる過程で必要となるのがビタミンB1です。 ビタミンB1が不足すると、いくら糖質をたくさん摂取したところで、エネルギーに変えることができず、乳酸などの疲労物質がたまり、疲れやすくなります。成長に必須であり、エネルギーを生みだす脂質の代謝に使われることが多いので、脂質をとる量が多くなるほど不足しがちになります。動脈硬化症や老化の原因となる有害物質の過酸化脂質が体内でできるのを防ぐのがビタミンB2です。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

食物繊維とは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

食生活の欧米化に伴い、摂取量が年々、減少傾向にあるといわれている食物繊維。余分な脂肪や老廃物を体外に排出し、便秘解消にも効果的な成分です。えんどう豆には不溶性食物繊維が豊富に含まれておりデトックス効果も期待できますね。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

必須アミノ酸リジンとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

必須アミノ酸であるが、植物性蛋白質における含量が低く、動物性蛋白質摂取量の少ない地域での栄養学上の大きな問題となっている。3大穀物である米、小麦、トウモロコシなど穀類のリシン含有量が少ないので、リシンを豊富に含む副食(肉、魚、乳製品、豆など)を必要とする。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の文書を一部掲載しております。詳しくは、サイトへ

赤えんどう豆

赤えんどう豆は、みつ豆やあんみつにはいっている茶色い豆のことです。

カロリーも糖質量も高いうえに、加工されて食べることが多い。

豆類はタンパク質を多く含み、栄養も豊富だから、甘味や油分が増すと、
ますます高カロリー・高糖質になる為。気を付けて食べないとね。

⭐️豆ショップ サンライズ

⭐️【新物発売!!】令和2年度産【送料無料】 北海道産 赤えんどう豆 500g × 2個セット【配送方法 メール便】煮豆 みつ豆 豆大福 等 豆料理にどうぞ【食物繊維 鉄分 ビタミン ダイエット 健康にも】

⭐️赤えんどう豆 (1kg) 令和2年 北海道産 【メール便対応】

青えんどう豆

若い豆にはカロテンもたくさん含まれています。若い豆は見た目が黄緑色をしていますね。

これにはカロテンが含まれているからです。

ベータカロテンは活性酸素を抑え動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病から守り、

皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ効果があります

⭐️【発芽豆栽培セット】栽培ジャー&発芽豆(種)「豆苗/ピーシュート(青えんどう豆」(宅配便配送商品)

⭐️サラダクラブ ミックスビーンズ(ひよこ豆、青えんどう、赤いんげん豆)(50g*10コ)【サラダクラブ】

⭐️【赤えんどう新物発売!!】高級品種 限定販売【送料無料】北海道産 【新物】赤えんどう豆 500g 令和2年度産+ 青えんどう豆 500g 大みどり 令和元年度産2個セット【配送方法 メール便】みつ豆 豆大福 煮豆塩ゆで 豆ごはん パン

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

ささげ豆も良いことづくしだね!あけみママのレシピ早くみたい!

 
https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_72B230EA97D2200E02836ED564825278_app_list-300x300.gif
AK

えんどう豆も疲労回復や高血圧の予防に。 えんどう豆にもこんな免疫力アップ アンチエイジング効果 糖尿病予防 疲労回復、知れば知るほど!良いんですね!レシピ研究中!出来次第公開しますね。

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA