不飽和脂肪酸とは?厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト記載資料です。

不飽和脂肪酸とは?見やすくまとめました。

不飽和脂肪酸(ふほうわしぼうさん)e-ヘルスネット参考資料からの情報です。

不飽和脂肪酸とは?
厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト記載参考資料です。

脂肪の構成要素である脂肪酸のうち、植物や魚の脂に多く含まれるもの。
体内で合成できないため、摂取する必要がある必須脂肪酸はこれに含まれる。

脂肪を構成している要素である脂肪酸は、分子の構造的な違いから飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されますが、

そのうち植物や魚の脂に多く含まれるものを不飽和脂肪酸といいます。飽和脂肪酸はおもに動物性の脂肪に含まれます。

不飽和脂肪酸はさらに、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分けられます。

一価不飽和脂肪酸でよく知られているオレイン酸はオリーブ油に多く含まれ、血液中のLDLコレステロールを下げる効果があります。

 

多価不飽和脂肪酸はn-3系とn-6系に分けられます。

  1. n-3系にはα-リノレン酸、DHA(ドコサヘキサエン酸)
  2. IPA(イコサペンタエン酸)があり
  3. α-リノレン酸は体内でIPA、さらにDHAと変化します。
  4. また、n-6系のリノール酸は体内でアラキドン酸を作り出し、イコサノイドという生理活性物質にもなります。
  5. α-リノレン酸・リノール酸・アラキドン酸は体内で合成できないため、必須脂肪酸と呼ばれています。
    これらは動脈硬化や血栓を防ぎ、血圧を下げるほか、LDLコレステロールを減らすなど、さまざまな作用を持っています。
  6. ただし、熱や光、空気で酸化しやすく、過酸化脂質になるので注意が必要です。
  7. 高温で調理すると大気中の酸素と反応し過酸化脂質となるので、食物として摂る場合、揚げ物や炒め物よりドレッシングなどに向いています。n-3系にはα-

1)リノレン酸、DHA(ドコサヘキサエン酸)n-3系脂肪酸(オメガ3)

「n-3系脂肪酸(オメガ3)」を含む食品について 「n-3系脂肪酸」には、α-リノレン酸、EPA、DHAがあります。

α-リノレン酸は、あまに油などに多く含まれており、EPA・DHAは、 サバやイワシなどの青魚に多く含まれています。

2)イコサペンタエン酸(IPA) icosapentaenoic acid

こエイコサペンタエン(EPA)酸と同じ。ドコサヘキサエン酸(DHA)

とともに魚油中に多く含まれる多価不飽和脂肪酸である。

 

特にまぐろ、いわし、さば、さけなど青背の寒流魚に多い。

IPA(EPAと呼ぶこともある)を多くとるイヌイットに虚血性心疾患の発生が少ないことから注目された。

IPAには血清中のコレステロール、中性脂肪を低下させ動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞を起こしにくくする作用がある。

二重結合が多いため酸化されて過酸化脂質に変化しやすい。

3)α-リノレン酸は体内でIPA、さらにDHAと変化

脂肪酸には、炭素の数や炭素と炭素のつながり方などの違いにより、様々な種類があります。

(食品中に含まれる主な脂肪酸の例を下表に掲載しています)。

そのうち、リノール酸やα-リノレン酸などは、生命の維持に不可欠であるにも関わらず、

体内で作ること … 含まれない: IPA ‎含めて検索: IPAnのうrのうり農林省参考文で明日文です。

n-6系のリノール酸

ω-6脂肪酸(オメガ-6 しぼうさん、ω−6 fatty acids、ω6とも表記、オメガ-シックス、Omega-6)
または、n−6脂肪酸(n−6 fatty acids)は、不飽和脂肪酸の分類の一つで、一般に炭素-炭素二重結合がω-6位

(脂肪酸のメチル末端から6番目の結合の意味)にあるものを指す。

リノール酸は同じω-6系のγ-リノレン酸やアラキドン酸などへ代謝され、プロスタグランジンE2のような生理物質の材料となる。

ω-6脂肪酸 – Wikipedia参考文です。

4)α-リノレン酸・リノール酸

リノール酸(リノールさん、英: linoleic acid、数値表現 18:2(n-6)または18:2(Δ9,12))は、
炭素数18の不飽和脂肪酸の1種である。9位と12位に炭素炭素間のシス型二重結合を2つ持っており、
18:2(n-6) とも表記される n-6系の多価不飽和脂肪酸である。

リノール酸 – Wikipedia参考文です。

4)アラキドン酸は4つのcis二重結合

アラキドン酸は4つのcis二重結合を有する20個の炭素鎖からなる脂肪酸である。

アラキドン酸は様々な食品から吸収される他、必須脂肪酸のリノール酸からも産生される。

体内のアラキドン酸は主に脂質二重膜に含まれ、刺激に応じて遊離アラキドン酸に代謝される。

遊離アラキドン酸はそれ自体でも生理作用を有するが、主にプロスタノイドやロイコトリエン

などの様々な生理活性脂質に変換され生理的・病理的機能に関与する。

アラキドン酸 – 脳科学辞典の参考文です。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ラスフェッドバター・良い油の格安情報 おすすめサイトリンクです。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/mama456-1-300x300.jpg
あけみママ

不飽和脂肪酸は、ダイエットでも、健康にも良い感じですよね

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA