これは絶対覚えておいた方がいい!やみつき野菜の作り方!下処理とふきの美味しさのレシピ

ふきの美味しさ春頃から5月ごろまで出回るふき、
この時期しか水分が多くシャキシャキとした食感の味わい!
ふきは、春になると採れる人気の山菜です。香りと苦さが特徴ですね。
煮物や茹で野菜・天ぷらなど調理法があります。

ふきの下ごしらえと煮物

ふきの特徴は、香りや苦味は、ポリフェノールNIよるもので、ワインの効果と同じ、

ポリフェノールや、抗酸化作用がありアンチエージングや免疫力アップの効果が期待できそうですね。

つま、若がえり効果には、抜群ですね。

ふきには、水分が多いのでその他の栄養素も多くは

豆にはないビタミンCをはじめ、ビタミンB群・カリウム・カルシウム・鉄・食物繊維

疲労回復に効果的な アスパラギン酸などを含んだ栄養価の高い野菜。

ビタミンCの損失を防ぎ、歯ざわりを残す為に、手早く調理しましょう

ビタミンC・ビタミンB群・アスパラギン酸・カリウム・カルシウム・鉄・食物繊維

動脈硬化予防・美肌作り・整腸作用・疲労回復・生活習慣病予防

ふき

ふきの下処理と煮物・簡単健康ダイエットレシピ

簡単下処理方は、複数あります。

手抜で簡単なやり方その1です。

(方その1)

鍋の大きさに合わせた長さにふきを切ります。

水をたっぷり入れて沸かす前に入れ柔らかくします。グツグツしたら2分ぐらい煮ます。

(その2)

鍋の大きさに合わせた長さにふきを切ります。

まな板の上にふきをのせ、塩をまぶして手のひらでコロコロ転がしてなじませます。

沸騰した湯で2分ほど茹でて、すぐに冷水にとります。
ふきの端の方から筋をつまんで 何本か束ねてからすじをむきます。

(保存法)

保存容器か密封袋に水と一緒にいれて冷蔵庫へ。(1週間くらいで食べきりましょう)

ふきの下処理

ポイント

塩もみしたら洗い流さず そのまま茹でることで、色が鮮やかに仕上がります。

調理することを考えて茹ですぎないように気をつけましょう。

辛く煮たり醤油ベースは、そのままお湯で煮ても大丈夫です。

⭐️綺麗な色での調理法であれば塩もみした方が良いです。(だし汁だけで煮る場合です。)

ふきの簡単な下ごしらえ

 

(方その1)

鍋の大きさに合わせた長さにふきを切ります。

水をたっぷり入れて沸かす前に入れ柔らかくします。グツグツしたら2分ぐらい煮ます。

沸騰した湯で2分ほど茹でて、すぐに冷水にとります。
ふきの端の方から筋をつまんで 何本か束ねてからすじをむきます。

灰汁抜きしたふきの筋を取っていきます。

ふき下処理

材料・調味料レシ分量
  • 用意する材料(共通)
    ふき (甘い版)
  • お鍋の中に水・・・・・500ℓ
  • 昆布つゆのみ・・・・・水に合わせて
    ふき(辛い版)
  • 炒め用ごま油・・・・・スプーン大1
  • 塩コショウ・・・・・・少々
  • 醤油、ラー油・・・・・スプーン大1
  • 韓国風ダシ・・・・・・スプーン大1

 

  1. 鍋の大きさに合わせた長さにふきを切ります。

    水をたっぷり入れて沸かす前に入れ柔らかくします。グツグツしたら2分ぐらい煮ます。

    沸騰した湯で2分ほど茹でて、すぐに冷水にとります。
    ふきの端の方から筋をつまんで 何本か束ねてからすじをむきます。

    灰汁抜きしたふきの筋を取っていきます。

  2. ふき (甘い版)昆布つゆのみで煮ます。鍋に合わせて昆布だし入れてね。
    鍋を用意し、昆布つゆでダシを作ります。
    それに鍋で適当な大きさに切ったふきを入れて 15分程度で出来上がります。
  3. ここからは「辛い版」です。 ふきをフライパンで炒め用ごま油を絡めて炒め、
    塩コショウ、醤油、ラー油をまぶしある程度炒めた後
    水を適量加え、今度は煮込むようになります。
    韓国風ダシを加えるとおいしくなります。 10分程度ぐつぐつで出来上がりです。

あけみママの簡単レシピ動画を見ていただきありがとうございます。
動画が見づらいくて大変申し訳ないです。 2011年にありのまま動画を投稿してしまいました。
動画の知識も知らないままの動画でした。見にくいとは! 思いますが見てください。
新しい動画は、 勉強したり工夫してアイディアを載せますので引き続き見てください。

ふきとこんにゃくの煮物 (1/3)

材料・調味料レシピ分量
  • ふき、下ごしらえ済みのふき
  • 豚バラ肉・・・・・150グラム
  • 刺身こんにゃく・・・・・スプーン大1
  • 鷹の爪・・・・・スプーン大1
  • 炒め用ごま油・・・・・スプーン大1
  • 塩コショウ・・・・・スプーン大1
  • 韓国風粉末ダシ・・・・・スプーン大1
  • 醤油・・・・・スプーン大1
  • ラー油・・・・・スプーン大1
  1. 鍋の大きさに合わせた長さにふきを切ります。

    水をたっぷり入れて沸かす前に入れ柔らかくします。グツグツしたら2分ぐらい煮ます。

    沸騰した湯で2分ほど茹でて、すぐに冷水にとります。
    ふきの端の方から筋をつまんで 何本か束ねてからすじをむきます。

    灰汁抜きしたふきの筋を取っていきます。

  2. フライパンにごま油を引き、 適当な大きさに切った豚肉を塩コショウと鷹の爪で炒めます。
  3.  ふきを斜めに切り分け同じく炒め、続いて刺身こんにゃくも入れます。 
  4. ここからは煮込み。水を適量入れ、韓国風粉末ダシ、醤油、ラー油で調味。

カリフラワー蒸し タレに付ける

 

材料・調味料レシピ分量
  • 下ごしらえしたふき
  • 下ごしらえしたゴボウ
  • つゆの素
  • 鷹の爪
  1. 過去の動画で下ごしらえしたふき、ゴボウを使ったレシピです。 鍋に水、つゆの素を希釈し、ふき、ゴボウ、鷹の爪を入れ煮込みます。 ふき、ゴボウの大きさを目安に約15-20分煮込んだら完成です。
  2. 下ごしらえしたふき、下ごしらえしたゴボウ、つゆの素、鷹の爪
  3.  
https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/mama456-1-300x300.jpg
あけみママ

カリフラワーは、食感が良いのでたくさん色んなレシピ出来そうですね。カリフラワーに火を通しすぎないのがポイントになりますので、そのあたりをぜひチェックして作ってみてくださいね。

 

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA