牛肉簡単健康(レシピ)黒毛和牛や神戸牛などなど日本には良質な肉が沢山あるんですね。

牛肉

牛肉の栄養素は、部位により異なりますが!
焼肉屋さんに行けば」たくさんの部位が食べられますね。
特に内臓の部分は、とっても美味しいですよね
家庭でも簡単に調理できたら嬉しいですよね。
お肌にも良い内臓のお肉さん特にホルモンとミノ最高ですね。

牛肉

牛肉の部位は大きく分類されているだけでも13種だそうです。もっと細かく分類されるため、

40種以上に分けられて、種類が多いので全部覚えるだけでも大変ですね。さらに地域によって呼び名が異なることも有ります。

大人気のハラミは北海道で使われていて・東北ではサガリと使われているそうです。ヒレ肉は関西でヘレと呼ばれるなどと違いがありますね。

多くの部位が別名を持っています。 体の大きな牛は、いろいろな部位を食べることが可能で、一頭からとれる肉も量がごくわずか、

という希少部位が多いことも特徴ですね。

焼肉屋さんやステーキ屋さんでよく知れている名や部位です

⭐️バラ(カルビ)

カルビは韓国語で「あばらまわりの肉」一般的にカルビはトモバラ、上カルビは肩バラ肉

⭐️ロースは、牛の肩から背中の部分の肉、すき焼き、ステーキ、しゃぶしゃぶ、ローストビーフなど。

肩ロース、リブロース、サーロインに分けられます

⭐️ハラミは、横隔膜の背中側の筋肉に当たる部分で、クセがなく濃厚な味わい、食感は赤身とほぼ変わりません。

⭐️ランプは、腰からおしりにかかる部分で、モモ肉の一部です、やや硬め甘みのある濃厚な味、脂はやや少なめの特徴です。

⭐️ヒレ(フィレ)牛肉のなかでもっともやわらかいと言われるヒレは、ロースの下にあります。

脂が少なくあっさりした味わいで、しっとりしたのが特徴で主にステーキとして楽しめますが、ビーフカツや焼肉

⭐️モモは、外モモ、内モモ、シンタマ、ランプに分けられます。どの部位も赤身が多く脂は少なめ。

やや硬め、カレーや煮込み、スープなどに多く使われます。肉がやわらかい

⭐️スネは、脂はほとんどありません。筋が多い、スープやおでん、ポトフなどの良く煮込む料理に使われています。硬い肉質

⭐️サーロインは、最高の肉質と言われ、ステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶなどによく使われるロースの一部の肉で、美味しい肉は、霜降りが多い

⭐️牛レバーは、濃厚かつ独特な味で、食感はとろとろなめらか、レバニラ炒めに良く使われて、ビタミンB12を豊富、貧血の予防

⭐️シマチョウ(ホルモン)牛の大腸であるシマチョウは、内臓でホルモンの名で呼ばれています。タンパク質が豊富

もつ鍋は、シマチョウが使われており、焼き鳥やおでんプリプリコリコリの食感ですね。

⭐️牛タン は、タンは牛の舌で、タン先、タン中、タン元の3つに分けられます。タン先は硬い、煮て食べたら美味しい

タン中はやわらかい、タン塩や仙台の牛たん有名タン元はさらにやわらかいです。糖質をエネルギーに変える栄養素ビタミンB1も2.5倍! 

動脈硬化、脳卒中の予防になるビタミンB12は10倍! ビタミンB群はストレス緩和、集中力向上、不眠症改善など、様々な効果

⭐️牛ハツは、

心臓で、英語のHeartsからその名がついたともいわれています。筋肉質のため噛み応えがしっかり。

脂肪は少なくほぼ赤身で、くさみがないので食べやすいです。

ビタミンK (Vitamin K) は、脂溶性ビタミンの一種です皮膚の機能を保持する、ナイアシン・鉄分豊富

⭐️牛ミノは、4つの胃袋のうち、ミノは第1胃袋のことを指します。白色、なんせ硬い噛み切るのが大変かな!でも美味しいですね。

焼き肉屋さんなどで提供される「上ミノ」は、ミノのなかで特に厚みのある部分です。

ビタミンAやビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6というビタミン類が含まれています。

⭐️ ハチノス 蜂は、蜂の巣に似ていると名がついたんです。牛の第2胃袋です。やわらかく弾力のある食感です 。

ハチノスには、ビタミンB12、脂質、たんぱく質、 ビタミンKが多く含まれます。

焼き肉屋さんで提供されるものは、基本的に焼肉屋さんが下処理がされているため、さっと焼いてタレでいただきます。

⭐️センマイは、第3胃袋です。色は、グレーでひだのような胃壁が千枚もありそうだ、ということが由来から名前がつけられました。

コリコリした食感で、あっさりした味わい。基本、焼き肉屋さんなどで比較的にリズナブルな金額で食べられます。脂肪が少なく、鉄分が豊富に含まれます。

⭐️牛テールは、牛のしっぽ、硬めの食感ですが、煮込むと最高に旨い!スープやカレーといった煮込み料理によく使われます。

コラーゲンがが豊富で、良く煮込むと骨髄の部分がゼラチン状になり美容に最高に良い

⭐️牛ツラミは、牛の頬の部分です。食感は硬め。ゼラチン質が豊富で脂ののりもほどよく、濃厚で深みのある味わいを楽しめます。

別名は、カシラ、ホホ、ホッペ、ツラなど。コメカミの部分が含まれることもあるので、コメカミとも呼ばれます。

⭐️牛ミスジは、牛の肩甲骨の内側部分、筋が上・真ん中・下と3本入っていることから、ミスジと呼ばれるようになりました。

ミスジは糖質が低く糖質制限ダイエット向きですが、カロリーは高めです。

腕の部位ではもっとも霜降りで、赤身と脂のバランスが絶妙です。濃厚な味わいが最高

⭐️ザブトンは、肩ロースのあばら側にある部分です。やわらかい肩ロースのなかでサシ(筋状の脂)がもっとも多く入っており、濃厚な味を感じられます。

ステーキやすき焼き・しゃぶしゃぶでお店では、提供されています。ザブトン肉は、かなり高カロリーの食材と言えます。

⭐️カイノミは、ヒレ肉に近い、脇腹部分がカイノミです。赤身と脂のバランスが最高!と高い評価されてます。

やわらかく、とろけるような味わいカイノミはヒレにい部位の肉なので、柔らかい肉質で、バラ肉特有の脂のさしも入っています。

タンパク質 ・脂質 ・鉄 ・カルシウム豊富

一頭の牛から左右1ブロックずつしか取れない希少部位です。貝の形に似ている、ということからその名がつきました。

⭐️トモサンカクは、牛一頭からわずか数kgしか取れないお肉なので、お店のメニューに並ばない事もあります。

切り取ると三角形になることから、その名がつきました。和牛もも肉の赤身肉よりも高たんぱく低脂肪で、牛肉としては比較的低脂肪。

⭐️シャトーブリアンは、やわらかいヒレ肉の中心部、特にやわらかい部分です。脂が少ないため、一頭からとれる量が大変少なく、幻の部位と呼ばれています

ステーキです!

牛肉のレシピ

牛肉の栄養

牛肉/たんぱく質と鉄分がたっぷり!

良質なたんぱく質に脂質、鉄分も豊富で、貧血予防、脂肪燃焼効果も高いダイエットの強い味方。

特に赤身肉には不足すると免疫力が低下したり、味覚障害を引き起こす原因にもなる亜鉛が多く含まれています。

また、牛肉の鉄分は吸収率のよいヘム鉄で、さらにその吸収を助けるビタミンB¹²も含まれているので、疲労倦怠の改善にも効果的です。

牛肉の健康効果牛肉に豊富な必須アミノ酸

ポイント

牛肉に含まれている動物性タンパク質は、必須アミノ酸をたっぷり含んでいます。

植物性タンパク質よりも吸収がいいので効率よく摂取できます。

熱にも強いので、調理方法を選ばなくても、食べられるというメリットがあります。

牛肉に豊富な必須アミノ酸

  1. 脂肪燃焼効果大
  2. 冷え性改善
  3. 精力増強
  4. 味覚障害改善
  5. 貧血予防
https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

タンパク質とは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

牛肉には豊富なタンパク質、鉄分、脂質などが含まれています。タンパク質は丈夫な身体を作るうえでかかせません。とくに成長期のお子さんには必要な栄養素だと言えますね。タンパク質は体内でエネルギーになるうえに、血液、皮膚、内臓等を作っていくのに必要ですね。きれいな髪の毛や爪が作られるためにも必要です。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

牛肉に豊富な必須アミノ酸とは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_FAAAEA06C38F453E410DD996F3BC6585_app_list-300x300.png
MY

タンパク質を作っているのは、たった20種類のアミノ酸です。それぞれに大事ですが、9種類の必須アミノ酸は人間が体内で作ることができないそうです。体内でつくることができない以上、食事をして食物からとるしかありませんもし必須アミノ酸が足りなくなると、成長を妨げたり、体力が低下したりしますので気をつてた方が良いですね。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

美容や健康にも役立つ牛肉にはヘム鉄もたっぷりとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_FAAAEA06C38F453E410DD996F3BC6585_app_list-300x300.png
MY

美容や健康にも役立つ牛肉タンパク質以外にも、健康維持や美容に役立つ成分が牛肉にはたくさん含まれています。牛肉にはヘム鉄もたっぷり牛肉にはヘム鉄といわれる鉄分が豊富に含まれていて、しかも吸収されやすいのです。鉄分があまりに足りないと貧血を起こすこともありますね。また冷え症の原因にもなるので、女性はとくに注意してとりたい成分です。。

まだある素晴らし成分

ポイントほかにも牛肉にはうれしい成分がたくさん含まれています。

ストレスから脳を守り精神の安定を保つ働きがあるセロトニン

体内の脂肪を燃焼しやすくしてくれるカルニチン

新陳代謝や傷の回復に役立つ亜鉛などは健康に役立ちます。

実は美容に役立つビタミンも豊富なのです。

血液をつくる作用があるビタミンB12、老化を防ぐビタミンE、

美容の効果が高いビタミンB2など、どれも魅力的な栄養分ですね。

お肉にも美容や健康に大事な成分はたくさん含まれているので極端に避けずに上手に食べられるといいですね。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

牛肉は、体をつくつ大切なんですね!レシピ!早くみたい!

 
https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_72B230EA97D2200E02836ED564825278_app_list-300x300.gif
AK

牛肉は、素晴らしいですね。焼肉屋さんやステーキ屋さんででもよく耳にする部位の名前も沢山有るんですね。

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

 

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA