プロのラーメン屋からおそわった冷やし中華【超簡単】冷やし中華の作り方【冷やし中華】【中華そば】

【閲覧注意】冷やし中華タレ
この時期は、冷やし中華野菜たっぷり食感の味わい!
家で簡単にできる【中華そば】で冷やし中華とタレの作り方。
野菜たっぷり入れて食べたらサイコーですね
【冷やし中華のタレ】簡単・節約で色々アレンジが出来て美味しいよ!

冷やし中華とタレ

 

材料・調味料レシ分量
  • 用意する材料
  • 中華麺・・・・・1人前(ダイエットの時にはコンニャク麺おすすめ)
  • 胡瓜・・・・・・半分
  • 玉子・・・・・・1個
  • ハムまたは・カニカマ(ダイエットには)お好みで
    (ハムは2枚くらいかな)
  • トマト・・・・小1個
  • 鶏肉ササミ・・小さめ1本

    ・・・タレ調味料・・・

  • 砂糖・・・・・・大さじ1
  • 塩こしょう・・・少々
  • 酢・・・・・・・大さじ2
  • 醤油・・・・・・大さじ1
  • ごま油・・・・・大さじ1
  • ごま・・・・・・大さじ1
  • 辣油・・・・・・大さじ1(お好みで)辛いの好きな方は多めに

  1. 鍋に水を入れて沸いたら麺と鶏肉ももを一緒に茹でます。
    麺は、メーカーが茹で時間違うので見てから茹でてね。
    麺が湯だったらざるに上げて水で洗いましょうね
    鶏肉のももも千切れるぐらいに茹で上がりますので軽く
    水洗いして食べやすい大きさに千切っておきましょうね。

  2. 麺を茹でている間にきゅうり千切りハムも千切りしておきましょう
    玉子は、きみを割って良くかき混ぜたらフライパンで薄焼きにして千切りにしましょう
  3. 用意した材料をそれぞれ適量ずつ混ぜ合わせてタレは、完成です。
  4. お皿に麺を 載せて切った具を綺麗に並べて盛り付けしたら
    タレをかけて出来上がりです。
    (動画ではやや分量が適当気味です。。。大さじが大さじじゃないし・・・
ポイント

※ダイエットに、欠かせないキャベツです。キャベツをご飯やおかずを食べつ前に先に沢山食べるとダイエットには、最高ですね。

レシピYouTubeで見れます。

冷やし中華のタレ

Akemi MaMaのブログを観ていただき ありがうございます。

YouTubeでakemimamaで検索したら沢山投稿 しております。

見てくださいね。 YouTuberチャンネル登録よろしくお願いします。

 

あけみママの簡単レシピ動画を見ていただきありがとうございます。

雑な面や見づらい点等が有ると思います2011年に、ありのままの動画で

編集無しで投稿してしまいました。改めて見直すと!!本当に、恥ずかしいですね。

動画を編集無しで編集の知識も知らないままの投稿動画でした。大変見にくいとは!

思いますが、最後まで見てくださいね。 これからは、皆様に美味しい料理を見やすく

勉強したり工夫してアイディアも載せますので引き続き動画を見てくださいね。

きゅうり(身体を冷ます効果)

胡瓜

むくみに効果があります。

きゅうりは利尿効果の高い成分を含んでおり、むくみをとる作用があります。

身体を冷やす働きがあるそうです。

きゅうりには身体を冷やす働きがあると言われ、薬膳料理でも用いられます。

暑い夏が旬なだけに、熱くほてった身体を冷ますのにきゅうりが役立ますね。

鳥ささみ

参考サイト:宮城県のむそうどさんの文章を一部記載しております。ささみの栄養成分や効果につい

鶏ささみは、胸肉の裏側についた肉で、笹の葉の形に似ていることからこう呼ばれています。

その特徴は脂肪をほとんど含まないことで、量的にはエビやカニと同程度です。
一方でタンパク質は非常に多く、肉類のなかでも断然トップの高栄養・低カロリー食品といえます。

鶏肉のタンパク質はアミノ酸バランスに優れて消化吸収も良く、お年寄りや子供、ダイエット中の方にもおすすめです。

栄養面ではビタミンAやB群など各種ビタミンが豊富に含まれています。

胸肉と同様、疲労回復や粘膜・消化器系を守る働きのあるナイアシン(ビタミンBの一種)が多いのも特徴です。

また、肌や髪の健康維持や血流を促す働きも期待できます。 さらに鶏肉に含まれるトリプトファンは、

安心感や幸福感をもたらし、睡眠の質を高めるサポート力があると言われています。

低脂肪でビタミンに富むささみを上手に食べるなら、蒸したりゆでたり、油を使わない調理法が良いでしょう。

消化が良く、胃腸にやさしいのも鶏ささみの特徴です。 鶏のタンパク質については、必須アミノ酸の一種・メチオニンが肝機能強化に力を発揮します。

玉子

参考玉子については玉子の会社 藤野屋の文章を一部記載しております。

その1.たまごは1人1日2個以上食べてもコレステロールに問題なし!

ひと昔前まで、たまごを食べすぎるとコレステロールが増えて体に良くないと言われていましたが、

2015年の厚生労働省の研究結果によると、たまごの摂取量と冠動脈疾患や脳卒中疾患との関連性は認められませんでした。

つまり、たまごの摂りすぎ=高コレステロールではない! ということが実証されました。

たまごは「ほぼ完全な栄養食品」であり積極的に毎日とっても問題ないということが解明されたのです。

その2.タンパク質や必須アミノ酸、カルシウムや鉄分も豊富

人が筋肉や血管、脳の健康を保つために必要なタンパク質や、9種類ものアミノ酸が含まれています。

さらに卵黄に含まれている「コリン」は、神経伝達物質を含んでおり、記憶力や学習能力の向上、認知症予防に役立つといわれています。

その3.記憶力や学習能力アップにも期待大!?

カルシウムは牛乳の1.5倍、鉄分はほうれん草の2倍! 

肉や魚より手間をかけず、手軽に摂取できるので成長期のお子さんの栄養補給にも最適です。

その4.卵白に含まれるリゾチウムは風邪予防に 卵白に含まれる

「リゾチウム」には、体に有害なウィルスを溶かす働きが含まれており、ウィルスを撃退する働きがあるといわれています。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/mama456-1-300x300.jpg
あけみママ

冷やし中華は、やはり美味しいですよね。野菜たっぷり色んな具を入れて見ても良いですね。

 

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA