じゃがいもの意外と知らない健康効果や美味しい調理法など

じゃがいもの旬は、年に2回収穫じゃがいもの新じゃがの収穫は、

3月〜5月時期じゃがいもは何と言っても大量に作られる北海道ですね。

じゃがいもといえば、粉ふきイモやポテトサラダに

向いている丸っこい「男爵」と、おでんや煮物、揚げ物に向いている、

「メークイン」があることは皆さんもご存知だと思います。

「男爵」は粘りがなく、火を加えるとホクホクする反面、荷崩れしやすいですね。

一方メークインは粘りがあり、煮崩れしにくいですね。  

いろいろと品種改良がなされ、色んな美味しいじゃがいもが登場しています。

じゃがいも

 

2016(平成28)年産で見ると

全国の78%を占めています。北海道では主に春に植え、秋口に収穫されます。  

長崎や鹿児島も多くこのあたりでは年に2回収穫期があります。

冬に植えられた物が春4月から5月頃に新じゃがとして収穫され、

夏の終わりに植えられた物が冬に収穫されます。

風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があるビタミンCを含んでいますが、

サツマイモの場合、ジャガイモと同じく、でんぷんに守られて加熱しても壊れにくいそうです。

風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があるビタミンCを含んでいますが、

サツマイモの場合、ジャガイモと同じく、でんぷんに守られて加熱しても壊れにくいそうです。

じゃがいもの効果・効能

じゃがいもを食べることで期待される効果・効能は♡

  1. じゃがいもの主成分は「炭水化物」です。炭水化物はたんぱく質、脂質と並ぶ

  2. 「三大栄養素」であり生命維持や活動に欠かせないエネルギー源です。

  3. 炭水化物はエネルギー源になる「糖質」と消化吸収されずエネルギー源にはならない「食物繊維」の2つに分けられます。

  4.  
  5. そしてじゃがいもは炭水化物以外にもビタミンやミネラルが含まれているのが特徴です。

  6. じゃがいものカロリーは、1個あたり103kcal。

  7. ジャガイモ(馬鈴薯)は、茹でる・蒸かす・焼くなど、簡単な調理法で加熱した後、そのまま食す、

  8. または塩を振りかけるなど素材の味をいかすシンプルなレシピの他、和洋中といった幅広い料理に使われる人気食材。

  9.  
  10. ・じゃがいもSサイズ(90g)68kcal

  11. ・じゃがいもMサイズ(135g)103kcal

  12. ・じゃがいもLサイズ(180g)137kcal

  13. ・じゃがいも(100g)76kcal 【じゃがいもの栄養(100g)】

  14. ・糖質(16.3グラム)

  15. ・食物繊維(1.3グラム)

  16. ・たんぱく質(1.6グラム) 品種はメークイン

  17. ・男爵・キタアカリ

  18. ・インカのめざめ等、定番品種や新種も多いジャガイモには、ビタミンC

  19. ・ビタミンB6・モリブデン・カリウム・クロム・銅などの栄養素が豊富に含まれる。

  20. じゃが芋はデンプン質が多いほど煮崩れしやすいため、料理によって使い分けると良い。

  21. ポテトサラダ・ポテトグラタン・じゃがバター等、ジャガイモがメインの料理の他、カレーやシチューでは具材に使われる。

  22. じゃがいもの詳しい成分表の参考サイト一部文章掲載しております。:カロリーSlismサイトへ

じゃがいもは、炭水化物・食物繊維・でんぷん・タンパク質・ビタミンとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

じゃがいもの炭水化物はと?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

炭水化物はたんぱく質、脂質と並ぶ三大栄養素とされており、人間にとっては欠かせない栄養素の一つです。 炭水化物は体内に取り入れられると糖質と食物繊維に分けられ、糖質は生命維持や活動に必要不可欠なエネルギー源になります。人間はエネルギー不足になると疲れやすくなり、集中力も減少してしまいます。 反対に摂り過ぎるとエネルギーとして消費されなかった糖質は中性脂肪として蓄積され、肥満や生活習慣病の原因になるので注意しましょう。糖尿病や糖尿病の予備軍の方で糖質の制限をされている場合は必ず主治医の指示に従ってください。 自身に見合った1日のエネルギー必要量を把握し、適正量を摂取するよう心掛けましょうね。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

じゃがいもの食物繊維はと?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

じゃがいもの食物繊維は食物繊維は便のかさを増やす、腸内の善玉菌を増やすなど、腸内環境を整えてくれるため便秘予防に効果があることで有名で。食後の血糖値の急激な上昇を抑える働きもあり、生活習慣病の予防・改善効果が期待できます。 じゃがいもには、普段私たちが主食として食べている白米よりも多くの食物繊維が含まれています。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

さつまいものタンパク質はと?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

 じゃがいものタンパク質は100gあたり1.6gで、植物性タンパク質と呼ばれています。タンパク質は肉や血をつくるのに欠かせない栄養素なので、積極的に取り入れたい栄養です。タンパク質は、人の体の約60%は水分でできていますが、15~20%はタンパク質でできています。 これは水分を除いた重量の約半分をタンパク質が占めることになります。 このタンパク質によって筋肉や臓器、肌、髪、爪、体内のホルモンや酵素、免疫物質などを作り、栄養素の運搬を行い、そしてタンパク質は微量ではありますが、エネルギーが消費される際に、アミノ酸としてその一部にもなります。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

じゃがいものでんぷんはと?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

でんぷんは、糖質が多く含まれています。米や小麦と一緒でエネルギー源になります。じゃがいもは炭水化物を多く含みます。100gあたり17.6g含まれており、でんぷんと呼ばれるものです。 じゃがいもを切った包丁についた水分が白かったり、じゃがいもを水に漬けておいたら水が白く濁ったり、という経験はありませんか?これは溶け出したじゃがいものでんぷんです。ブドウ糖という砂糖の仲間が集まってできたものがでんぷんですが、人の活動源として大切な栄養です。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

じゃが芋のビタミンCはと?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

ビタミンCは、シンプルな見た目は、じゃがいもですが、意外にもビタミンCを多く含んでいます。じゃがいものビタミンCはでんぷんに包まれ守られているため加熱しても壊れにくいのです。100gあたり35mg含まれていますが、実はじゃがいも(生)にもみかんと同等量のビタミンCが含まれています。 ビタミンCの1日あたりの推奨摂取量は100mgとされています。じゃがいも1個(100g)の中には35mgのビタミンCが含まれており、これは1日に必要な量の1/3に相当します。 ビタミンCは熱に弱いので、加熱調理で失われやすいことが知られています。しかし、じゃがいもの場合はでんぷんがビタミンCを守るので、加熱調理をしても失われにくいとされています。

じゃがいもの期待できる5つの効果

便秘便秘  

いも類には食物繊維が多く含まれますので、じゃがいもにも便利解消が期待されます。

食物繊維は腸の中で膨らみ、便と一緒になって外に出します。

便秘薬にも食物繊維配合のものがありますので、便秘改善効果ありですね。積極的に普段の食事に取り入れてみてくださいね。

美容効果

じゃがいもにはビタミンCが多く含まれていいます。レモンと同じですね、美容成分の一つ、ケイ素が含まれています。

ケイ素は、コラーゲンとヒアルロン酸を肌の上でつなぐ役割や、筋肉の疲労回復を助ける役割を持っています。

肌だけではなく髪や爪も強くしてくれます。美容を気にかけている方に、おすすめしたい野菜です。

美肌

便秘が解消されると自然とお肌の調子も良くなりますので、美肌への効果が期待されます。

ビタミンCはコラーゲンの体内生成を促進し、ハリを保って弾力のあるお肌にする効果があります。

食物繊維とビタミンCを豊富に含んでいるので、肌の調子が気になる際には是非取り入れたい野菜ですね。

免疫力を高める  

じゃがいもに含まれるビタミンCには、白血球の力を強化して免疫力を高める作用があります。

美肌や美容にも効くビタミンCですが、活性酸素を抑制する抗酸化作用があり、基礎的な抵抗力アップに繋がります。

体の免疫を高めつつ美容効果も望むことができます。アンチエイジング効果に最高ですね。

むくみ改善

じゃがいもは、体のむくみを改善する役割を持っています。

じゃがいもに含まれるカリウムという成分が、ナトリウムや余分な水分を排出する働きがあるからです。

塩分であるナトリウムを摂取し過ぎてしまうと、どうしても体の中に水分が溜まりやすくなってしまいます。

これがむくみの原因となるのですが、カリウムの力で排出することができるのです。

じゃが芋のレシピ一覧

スープ

準備中

サラダ

準備中

蒸す

準備中

炒める

準備中

焼く

準備中

揚げる

準備中

煮る

準備中

包む・巻く

準備中

ダイエット向きレシピ

準備中

健康・改善レシピ

準備中

スイーツ(和洋)レシピ

準備中

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

じゃがいもは、おかずやパンやスープなどにたくさん色んなレシピ出来そうですね。栄養たっぷり美と健康的なところがポイントになりますので、そのあたりをぜひチェックして作ってみてくださいね。

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA