かぼちゃの栄養と功能。皮もちょー美味しく食べられるレシピ美肌と若返り万能な野菜

万能なかぼちゃ旬は冬、かぼちゃは、収穫時期を変えながら全国で栽培され、

真夏を除きほぼ通年出回っています。出回る量は秋頃から増え始めますが、

最も美味しい旬の時期は、11月頃から3月頃までで、寒い時期の冬になります。

南瓜(かぼちゃ)

傷みやすく、鮮度が落ちると白い部分が黒ずんでくる。

保存するときは、茹でてから冷凍するとよいですね

ビタミンCを豊富に含む。

基本的にはブロッコリーの

ほうがあらゆる栄養素が高いのだが、茹でた時の

ビタミンCの損失量がブロッコリーよりも少ないため

摂取量としてはあまり変わらない

皮に含まれる栄養は、凄いんですよ!

かぼちゃの皮には、果肉部分以上にβ-カロテン(ビタミンA)が含まれるといわれています。
ビタミンAは免疫アップや、皮膚の健康を守ってくれる欠かせない栄養素なんです。
皮の部分には食物繊維も多く含まれそのため、かぼちゃの栄養を余すことなく摂りたいなら、皮ごと調理して食べるのが良いですね。
10月イメージ
https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

β-カロテン(ビタミンA)はと?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

βカロテンはビタミンAに変換されて作用することから、生体内では皮膚や粘膜の健康を維持したり、光刺激反応に重要な役割をしたり、様々な細胞の増殖や分化に寄与します。また、ビタミンAとしての機能以外で、βカロテンは抗酸化作用および免疫賦活作用などがあることが報告されています。βカロテンを多く含む食品は、モロヘイヤ、にんじん、ホウレンソウ(ゆで)などがあります。参考サイト:大塚製薬の文章を一部記載しております。

種にも物凄い栄養があるんですよ!

かぼちゃの種には、漢方薬にも使われるほど栄養が詰まっているんです。

カリウム、鉄、亜鉛、食物繊維、多価不飽和脂肪酸(オメガ6系脂肪酸)であるリノール酸をとることができます。

リノール酸は悪玉コレステロールを減らしたり、動脈硬化を防いでくれたりする働きがあります。

健康に気にかけている方は、しっかりと種まで食べたら栄養たっぷりですね。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

β-カロテン(ビタミンA)はと?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

オメガ6系脂肪酸は、代表的な脂肪酸としてはリノール酸があり、リノール酸は、人の体内でつくることができない、必須脂肪酸のひとつです。血中のコレステロール濃度を下げると言われています。植物由来の油では、コーン油、大豆油など、身近な油の主成分でもあります。参考サイト:jオイルミルズの文章を一部記載しております。

かぼちゃの効果・効能 かぼちゃを食べることで期待される効果・効能は♡

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

免疫力アップとは?

  1. かぼちゃに含まれるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは免疫に関わる栄養素です。

     ・ビタミンA…ウイルスや細菌の侵入を防ぐ働きがあり、粘膜の乾燥を防いでくれる

     ・ビタミンC…細菌から体を守る白血球の機能を高めてくれる

     ・ビタミンA、C、E…抗酸化作用があり、免疫力低下の一因となる活性酸素を取りのぞいてくれる働きがある

      ビタミンA、Eは脂溶性ビタミンといい、油と一緒に摂ることで吸収率が高まります。そのため、油を使った料理にしたり、

      脂身の多いひき肉と一緒に調理したりすることで効率よく栄養を摂ることができます。

    1 参考サイト厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2020年版) 

    2 参考サイト:一般社団法人 愛知県薬剤師会

    3 参考サイト:厚生労働省 eヘルスネット「抗酸化物質」,厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2020年版)

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

抗酸化作用とは?

 

抗酸化作用で嬉しい〜老化防止なんですね!

ビタミンA、C、Eの抗酸化作用は、免疫力アップを助けてくれるだけでなく、老化を防いでくれる働きがあるんですね。

アンチエイジングに最高なんですね(嬉しいですよね⤴️)

中でもビタミンEは抗酸化力が強いとされ、「若返りのビタミン」と呼ばれていることもあるんですね。

 

老化の原因となる活性酸素は、

ストレス、タバコ、紫外線、大量飲酒などによって増えているんです。

ストレスが多い方、また喫煙や飲酒習慣がある方だけでなく、紫外線が気になる季節にも補いたいビタミンですね。

 

 参考サイト:厚生労働省 eヘルスネット「活性酸素と酸化ストレス」

綺麗な肌の健康を守る要素

かぼちゃの中に含まれるビタミンAは皮膚を乾燥から守り、ビタミンCはコラーゲンを作るのに欠かせない栄養素です。

 とくにかぼちゃに含まれるビタミンCは、バナナの約2.7倍、りんごの約11倍と、普段よく食べる果物よりも多く含まれています。

ビタミンAの吸収を高める油と一緒に調理したり、ビタミンCをさらにとることができる枝豆と一緒に調理したりすると良いと言われています。

 

参考サイト資料:厚生労働省 日本人の食事摂取基準(2020年版)

参考サイト資料:文部科学省 日本食品標準成分表2015年版(七訂)

南瓜(かぼちゃ)のレシピ一覧

スープ

サラダ

準備中

蒸す

準備中

炒める

準備中

焼く

準備中

揚げる

煮る

準備中

包む・巻く

準備中

ダイエット向きレシピ

健康・改善レシピ

準備中

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

南瓜(かぼちゃ)は、たくさんの色んなレシピ出来そうですね。南瓜(かぼちゃ)は、皮や種子も栄養たっぷりなところがポイントになりますので、そのあたりをぜひチェックして作ってみてくださいね。

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA