ネギ大量消費で免疫力アップ!【万能ネギ辛子・長ネギのおつまみ】おすすめ簡単健康ダイエットレシピの作り方

【作り置きおかず】糖質制限ダイエット中にもおすすめ!
低糖質でも美味しい、栄養たっぷり【簡単レシピ】
万能ネギ辛子・長ネギのおつまみ
味付けも簡単すぎて!嬉しくて涙が出て嬉〜い
節約おかず 簡単おかず美と健康おかずレシピ 手抜きおかず

材料・調味料

長ネギのおつまみ

  • 長ネギ・・・・・・・・ 2本
    ・・・・・・・調味料・・・・・・・
  • ラー油・・・・・・・ 大さじ2〜3
  • 酢味噌・・・・・・・ 大さじ2
  • ごま・・・・・・・・ 大さじ1

長ネギのおつまみ

  1. 長ネギを斜め切りし、ボウルに入れます。 
  2. それにラー油もいれます。
  3. 特製酢味噌を加え、ごまを振って和えるだけです。(関連動画: あけみママの簡単レシピ 酢味噌)
ポイント

※辛いの好きなら辣油を多めにいれてね

レシピYouTubeで見れます。

ピリ辛ねぎ

Akemi MaMaのブログを観ていただき ありがうございます。

YouTubeでakemimamaで検索したら沢山投稿 しております。

見てくださいね。 YouTuberチャンネル登録よろしくお願いします。

長ねぎ (風邪に効くとの民間療法が有名)

長ねぎ

白ネギ、青ネギに区別され、関東では白ネギ、関西では青ネギが好まれる。

張りがあり、白と青の境目がはっきりしているものが良い。

風邪に効くとの民間療法が有名だが、実際にネギの辛味成分には殺菌効果に加え、

血行を良くし体を温め、睡眠を誘発する働きがあるため効果的である。

唐辛子

英陽唐辛子の効能については、英陽唐辛子サイトの文章を1部記載しております。詳しくは、詳しくは、サイトみてくださいみてください  。

食欲不振、保温効果、腸内殺菌作用 韓民族の食卓になくてはならない
唐辛子は他の野菜よりもたくさんの糖質とビタミンを含有しており
唐辛子特有の辛い味の成分であるカプサイシンは多くの薬理作用と共に人体の新陳代謝を助ける。
風邪の民間療法を見ると熱いもやしスープに辛い唐辛子粉をたっぷり入れて飲んで脂汗をかくというのがある。
これは体が冷たくなってかかる疾患に熱い性質をもった食べ物で寒気を相殺して健康を取り戻すという
陰陽の哲学から由来しているようで、冬に遠くまで行くとき足の指を唐辛子で覆って歩くと凍傷を防ぐ効果もあるという。
唐辛子の中のカプサイシンの作用 カプサイシンとは?

唐辛子から抽出される無色の揮発性化合物で、アルカロイドの一種で辛い味を出す成分。

薬用や香料としても利用され、唐辛子の種にいちばんたくさん含まれている。

 唐辛子の中のカプサイシン-キムチ

唐辛子のカプサイシンは油の酸敗を防いだり、乳酸菌の発育を助ける機能もある。
キムチは代表的な乳酸発酵食品だがこの乳酸の作用でキムチの味がさっぱりして人体に
有害な病原菌も死滅するというキムチの秘密が研究発表で明らかにされている。
 
唐辛子粉でその味を出すキムチの栄養はまさに唐辛子のカプサイシンにある。
唐辛子のカプサイシンが体脂肪を減らし肥満の予防と治療に大きな助けになるという韓国内の大学研究チームの報告もあり、
日本でもカプサイシンを利用したダイエット飲料が旋風的な人気を得て販売されているという内容が1999年食品ジャーナル5月号に紹介されたりもした。
 
Aカプサイシンを利用したダイエット効果は食欲とエネルギー摂取には影響を与えずに
エネルギー代謝と関連した交感神経を活性化して脂肪蓄積を防ぐというものだ。
唐辛子の中のプサイシン- コチュジャン 唐辛子から作るコチュジャンにも肥満予防効果があるという。
 

コチュジャン(辛子みそ)

コチュジャン

唐辛子の中のプサイシン- コチュジャン 唐辛子から作るコチュジャンにも肥満予防効果があるという。

唐辛子の辛い味は胃酸分泌を促進して消化を助けるが胃腸が弱い人は辛さがむしろ胃粘膜を傷付けることもあるので適度に食べるのがよい。

Akemi MaMaのブログを観ていただき ありがうございます。

YouTubeでakemimamaで検索したら沢山投稿 しております。

見てくださいね。 YouTuberチャンネル登録よろしくお願いします。

YouTube

あけみママの簡単レシピ動画を見ていただきありがとうございます。 動画が見づらいくて大変申し訳ないです。
2011年にありのまま動画を投稿してしまいました。 動画の知識も知らないままの動画でした。
見にくいとは! 思いますが見てください。 新しい動画は、 勉強したり工夫してアイディアを載せますので引き続き見てください。

コチュジャン(市販のコチュジャン)

 

ベータカロチンは特に脂肪とよくなじむので料理するときは油を使ったり、脂肪成分が多い材料と一緒にするのがよい。

唐辛子には青果にも適熟果にもビタミンCが多く含まれている。普通ミカンの2倍、りんごの30倍ぐらいの含量である。

夏ばてしたとき食べる青唐辛子の一つ二つが疲れをとり活力を与えてくれる理由である。

漢方では唐辛子の痛みを和らげる作用を利用して神経痛や関節痛に唐辛子のお灸を使ったりするが、

辛い唐辛子がとりわけ好きでたくさん食べる人は少しぐらいの

痛みには鈍感な方である。それだけ唐辛子は人を忍耐強くする。 最近では唐辛子の辛い味が生活の中で様々に活用されている。

香辛料やホットソース、防腐剤の原料や鎮痛剤、外用薬等に広く使われている。

有機農法でも唐辛子を発酵させて広範囲に渡って害虫防除に使われている。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_72B230EA97D2200E02836ED564825278_app_list-300x300.gif
AK

体に良い食材ばっかりですね!唐辛子の辛い味は胃酸分泌を促進して消化を助けるが胃腸が弱い人は辛さがむしろ胃粘膜を傷付けることもあるので適度に食べるのがよいですね。

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA