キャベツの美味しい調理法やキャベツの食べ方によりダイエットや健康体に変身

キャベツ

 このキャベツは、時期関係なく1年中スーパーや八百屋さんで販売されていますね。
旬の時期があり、大きく3つのシーズンに分けられています。
1シーズン1月~3月は冬に収穫される冬キャベツ。
2シーズン3月~5月に収穫される春キャベツ。
3シーズン7~8月に収穫される夏キャベツですね。
キャベツは、『薬膳』胃に良いと一般的に言われていますよね。
キャベツを食べる時に「胃に良い」ことを意識していますか?
ひとつひとつの野菜の特徴を知ることで、体に良い事ができることから
すぐに始められて、長く続く食事法です。
今回は、煮ても焼いても炒めても、もちろん生でもおいしい万能野菜のキャベツを
薬膳の視点から見ていきます。 キャベツはスープや生のサラダ、
ジュースなどにして摂取すると、薬膳効果が期待できるため、
「食べる薬」と呼ばれているんです。
胃の痛み、不快感や、糖尿病、便秘や吹き出物、
ガンの発生まで抑えて効果が期待できるキャベツと薬膳について簡単にまとめました。

キャベツ レシピ一覧

一般的なキャベツである冬キャベツ、春には春キャベツが出回る

ビタミンCを豊富に含む。基本的にはブロッコリーのほうがあらゆる栄養素が高いのだが、茹でた時の

ビタミンCの損失量がブロッコリーよりも少ないため摂取量としてはあまり変わらない

参考サイト:キャベツに関する驚くべき事実は
進化にもとづくけんこ健康論のページからの一部の文を載せています。

 キャベツに含まれている栄養素は多く、ビタミンA、B1,B2,B3,B5,B6,B9、C、

カルシウム、鉄分、マグネシウム、リン、カリウム、亜鉛…などですが、中でもビタミンCがずばぬけて豊富で、

大き目の葉二,三枚で大人が一日に必要とするビタミンCをカバーできるそうです。 特に中心部にビタミンCが多く含まれているそうです。

カルシウムは丈夫な骨を維持してイライラを解消し、精神を安定させる作用もあるそうですが、素晴らしいのはビタミンUとKだそうで、

ビタミンUは胃腸の粘膜修復に必要なたんぱく質の合成を促進するので新陳代謝を活発化して、

胃や十二指腸の潰瘍を修復もすればその発生を抑制する働きがあるそうです。 ビタミンKには、骨にカルシウムが沈着するのを助けるはたらきがあるらしく、

骨粗しょう症の予防に効果があり、もしビタミンKが不足すると骨に十分なカルシウムが取り込めなくなって骨がもろくなり、

貧血や大腸炎などをおこしやすくなるそうです。赤ちゃんの脳内出血を防ぐ作用も認められており、妊婦や授乳期の母親に十分とって欲しい栄養素だそうです。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

ビタミンAとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

ビタミンAは、発育を促進したり、肌の健康を維持したり、暗いところでも目が慣れて見えるようになる機能(視覚の暗順応)に関わったり、さらにのどや鼻などの粘膜に働いて細菌から体を守ったりなど、たくさんの重要な役割を持っています。 健康の維持・増進だけでなく美容やアンチエイジングへの効果も期待できる栄養素です。栄養成分ナビゲーター栄養成分百貨店の文章を一部記載しております。詳しくは、サイトへ

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

ビタミンCとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

ビタミンCは、体の細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンというたんぱく質をつくるのに不可欠です。これより皮ふや粘膜の健康維持に役立ちます。また、病気などいろいろなストレスへの抵抗力を強めたり、鉄の吸収を良くしたりします。さらに、抗酸化作用もあり、有害な活性酸素から体を守る働きをすることから、動脈硬化や心疾患を予防することが期待できます。栄養成分ナビゲーター栄養成分百貨店の文章を一部記載しております。詳しくは、サイトへ

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

ビタミンB1、ビタミンB2とは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

ご飯やパン、砂糖などの糖質が分解されエネルギーとなる過程で必要となるのがビタミンB1です。 ビタミンB1が不足すると、いくら糖質をたくさん摂取したところで、エネルギーに変えることができず、乳酸などの疲労物質がたまり、疲れやすくなります。成長に必須であり、エネルギーを生みだす脂質の代謝に使われることが多いので、脂質をとる量が多くなるほど不足しがちになります。動脈硬化症や老化の原因となる有害物質の過酸化脂質が体内でできるのを防ぐのがビタミンB2です。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

ビタミンB3とは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

ビタミンB3は全身の発がんの防止や、皮膚では紫外線による光老化を抑制する作用を持っています。 生物は若い時には代謝が盛んで加齢により少しずつ代謝が低下します。 老化現象を食い止めるには代謝を上げて、代謝の際に生じる活性酸素を消去することが大切です。参考サイト:青山皮膚科クリニックの文章を記載しております。詳しくは、サイトへ

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

ビタミンB5とは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

ビタミンB5はパントテン酸とも呼ばれ、人間にとっての重要なビタミンの一つです。 血球の産生や摂取した食事をエネルギーに変換するのに必要なビタミンでもあります。 また、ビタミンB5は、8つあるビタミンBのうちの1つです。 全てのビタミンBは、摂取したタンパク質、炭水化物、脂質などのエネルギーへの変換を助けます。参考サイト:alloehの文章を記載しております。詳しくは、サイトへ

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

ビタミンB6とは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

ビタミンB6は、食品中のたんぱく質からエネルギー産生したり、筋肉や血液などがつくられたりする時に働いています。このため、たんぱく質を多くとる人ほどたくさん必要になります。また、以上のことから皮ふや粘膜の健康維持にも役立っています。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

ビタミンB9とは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

ビタミンB葉酸はビタミンB群の中で9番目に発見されたことからビタミンB9とも呼ばれたり、化学的にはその構造から、プテロイルグルタミン酸という名前が付けられています。 また、近年になると葉酸が胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクを軽減する効果があることが発表され、妊娠時に必要な栄養素として広く認識されるようになりました。参考サイト:わかさの秘密の文章を記載しております。詳しくは、サイトへ

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

カルシウムとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

カルシウムは、骨や歯の材料である。そう思ってはいませんか?実はそれだけではありません。カルシウムはすべての生命活動の中心的役割を果たしているミネラルなのです。体内で重要な働きをするカルシウムは、骨にしっかり貯蔵されています。カルシウム 精神を安定させるはたらきがあります。イライラしたり、情緒不安定の人は、カルシウム不足かもしれません。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

鉄とは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

鉄は、鉄分の不足になると貧血になり、血液の赤血球に含まれるヘモグロビンが減って体内が酸欠になる状態の事をいいます。ヘモグロビンは赤血球の主成分(赤い色素)で、鉄を含む「ヘム」とたんぱく質である「グロビン」が結合したもの。肺で酸素を取り込んで、全身に運んでいます。体内の鉄分が不足するとヘモグロビンの量が減り、全身に運べる酸素の量も少なくなります。からだの各組織や臓器が酸欠状態になって貧血の症状が現れるのです

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

ナトリウムとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

ナトリウムはカリウムとともに体内の水分バランスや細胞外液の浸透圧を維持しているほか、酸・塩基平衡、筋肉の収縮、神経の情報伝達、栄養素の吸収・輸送などにも関与しています。また、水分を保持しながら細胞外液量や循環血液の量を維持し、血圧を調節しています。健康長寿ネットの文章を一部記載しております。詳しくは、サイトへ

スープ

サラダ

蒸す

準備中

炒める

準備中

焼く

煮る

準備中

包む・巻く

ダイエット向きレシピ

健康・改善レシピ

準備中

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/mama456-1-300x300.jpg
あけみママ

大根料理今日は、なにが良いかな?スープ・サラダ・蒸す・炒める・煮る・巻くなどの色々出来て今日は、どんな料理がいいかな?

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/mama456-1-300x300.jpg
あけみママ

きゃべつ1玉をどんな料理が良いかな?食感が良いのでたくさん色んなレシピ出来そうですね。きゃべつは、サラダや煮たり焼いたり、巻いたりして食べたりいろんな料理に使われますので、そのあたりをぜひチェックして作ってみてくださいね。

 
 
https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/mama456-1-300x300.jpg
あけみママ

きゃべつ1玉でたくさん作れていろんな料理に変身出来ちゃうよね。スープ・サラダ・蒸す・炒める・煮る・巻くなどの色々出来て今日は、どんな料理がいいか?探してね。

 

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA