【キャベツナムル】韓国料理のビビンバに欠かせない!節約料理や作り置きにもOK

【簡単キャベツナムル】簡単おすすめ!ヘルシー料理 美・健康レシピ

キャベツナムルは絶対覚えておいた方が良い!

簡単!【キャベツナムル】ビビンバの1品でビールのおつまみにも、

ちょー旨いし簡単に作れちゃう

人気【やみつきキャベツナムル】とまらない!無限キャベツ

(作り置き,常備菜, 簡単節約レシピ, 大量消費,お弁当にも◎)

あと1品欲しい時におすすめ【キャベツナムル】の作り方!

キャベツナムルは、【業務スーパー】安くておいしい!

【キャベツナムル】簡単出来ちゃうよ!

キャベツナムル

材料・調味料

キャベツナムル

  • キャベツ・・・・・小さめ半
    ・・・・・・・調味料・・・・・・・
  • 塩コショウ・・・・少々
  • ごま油・・・・・・大さじ2
  • おろしにんにく・・大さじ1
  • ごま・・・・・・・大さじ2

キャベツナムル

  1. キャベツ半分を手で千切り食べやすい大きさに千切り
    キャベツを適当な大きさに切り、軽く塩ゆでします。
    ごま油、おろしにんにく、 塩コショウ、韓国風粉末ダシ、ごまを和え、揉んで出来上がり。
  2. キャベツをボウルに移し、味付け。
  3. ごま油、おろしにんにく、 塩コショウ、韓国風粉末ダシ、ごまを和え、
    揉んで出来上がり。 説明これでいいのかってくらいちょー簡単です。
ポイント

※ダイエットに、欠かせないキャベツです。キャベツをご飯やおかずを食べつ前に先に沢山食べるとダイエットには、最高ですね。

レシピYouTubeで見れます。

 

Akemi MaMaのブログを観ていただき ありがうございます。

YouTubeでakemimamaで検索したら沢山投稿 しております。

見てくださいね。 YouTuberチャンネル登録よろしくお願いします。

 

あけみママの簡単レシピ動画を見ていただきありがとうございます。

雑な面や見づらい点等が有ると思います2011年に、ありのままの動画で

編集無しで投稿してしまいました。改めて見直すと!!本当に、恥ずかしいですね。

動画を編集無しで編集の知識も知らないままの投稿動画でした。大変見にくいとは!

思いますが、最後まで見てくださいね。 これからは、皆様に美味しい料理を見やすく

勉強したり工夫してアイディアも載せますので引き続き動画を見てくださいね。

キャベツ (ビタミンCを豊富)

きゃべつ

一般的なキャベツである冬キャベツ、春には春キャベツが出回る

ビタミンCを豊富に含む。基本的にはブロッコリーのほうがあらゆる栄養素が高いのだが、茹でた時の

ビタミンCの損失量がブロッコリーよりも少ないため摂取量としてはあまり変わらない

キャベツに関する驚くべき事実は
進化にもとづくけんこ健康論のページからの一部の文を載せています。

 キャベツに含まれている栄養素は多く、ビタミンA、B1,B2,B3,B5,B6,B9、C、

カルシウム、鉄分、マグネシウム、リン、カリウム、亜鉛…などですが、中でもビタミンCがずばぬけて豊富で、

大き目の葉二,三枚で大人が一日に必要とするビタミンCをカバーできるそうです。 特に中心部にビタミンCが多く含まれているそうです。

カルシウムは丈夫な骨を維持してイライラを解消し、精神を安定させる作用もあるそうですが、素晴らしいのはビタミンUとKだそうで、

ビタミンUは胃腸の粘膜修復に必要なたんぱく質の合成を促進するので新陳代謝を活発化して、

胃や十二指腸の潰瘍を修復もすればその発生を抑制する働きがあるそうです。 ビタミンKには、骨にカルシウムが沈着するのを助けるはたらきがあるらしく、

骨粗しょう症の予防に効果があり、もしビタミンKが不足すると骨に十分なカルシウムが取り込めなくなって骨がもろくなり、

貧血や大腸炎などをおこしやすくなるそうです。赤ちゃんの脳内出血を防ぐ作用も認められており、妊婦や授乳期の母親に十分とって欲しい栄養素だそうです。

胡麻

TBSラジオサイトからの参考です。一部の文章を記載しております。詳しくは、参考サイトでみてください。

カルシウムが牛乳の12倍!? 白ごま、黒ごま、金ごまなど、色々と種類がある「ごま」。

実は、3000以上の種類があるのだとか。ビックリですよね。ごまの主成分は、おそよ50%が脂質。

タンパク質が およそ20%。必須アミノ酸をバランス良く含むたんぱく質や不飽和脂肪酸を含む、万能食品なんです。

他にもビタミンB、食物繊維、カルシウム、鉄分、ビタミンE、などが含まれています。

特に、カルシウムは、ごま100g中1,200mgものカルシウムが含まれていて、これは牛乳の12倍にもなるんだとか!

また、ごまには、主成分の脂質やタンパク質のほかに、セサミン、セサモリン、セサミノール、セサモールなど微量成分を含有。

これらリグナン物質(ゴマリグナン)には優れた抗酸化作用があり、コレステロール抑制、動脈硬化・高血圧予防、

がん細胞の成長抑制、肝機能増強、アルコール分解促進、老化抑制などの効果があることが分かっています。

にんにく(免疫力の向上など)

にんにく

粒に丸みがあり、重みを感じるものを選ぶと良い。

殺菌、新陳代謝の促進、免疫力の向上など、さまざまな薬効を持つ。一方で食べ過ぎると胃を荒らすことも。

ニンニクを食べ始めると、まず中枢神経の鎮静と安定に訴えながら、脂質代謝にも働きかけて血管を拡張し、血液循環を活発にします。血管内の疲労因子は徐々に取り除かれ、ストレスの随伴症状である神経性の便秘・下痢・肩こり・胃痛などが解消されます。

パワーその1

体力増強・疲労回復 疲労回復・体力増強には、体にコンスタントにエネルギーを補給する必要があります。

パワーその2

血液サラサラ・冷えの改善 若い女性に多い冷え症は、薄着や冷房によって実感される体の冷えに加え、体質によるものもあります。体温が低いことで、免疫力が下がったり、代謝が悪くなったり、血液の流れが悪くなったりと、

パワーその3

ガン予防 禁煙や食生活に注意することはもちろん、ガンにならないように日頃から予防することが大切です。にんにくの摂取量とガンの発生頻度を疫学的に調べると、にんにくをよく食べている韓国や中国東北部などの人は食べていない地域の人に比べ、ガン患者が少ないのです。

パワーその4

免疫力アップ ウイルス感染によるインフルエンザの脅威が毎年報道されますが、不規則な生活や栄養不足の状態では、侵入したウイルスを外に排出できなくなり、インフルエンザにかかりやすくなります。栄養バランスのよい食事を摂ること。

パワーその5

美肌をとりもどす 肌のハリやなめらかさなど、質感を左右するのは一番外側の表皮です。0.2㎜以下というごく薄い部分が外からの異物や刺激から体を守るとともに、体内から水分が蒸散するのを防いでいるのです。

パワーその6

活性酸素による細胞の老化を防ぐ 私たちの体はおよそ60兆もの細胞からなっています。その細胞の一つ一つが体内で生じる活性酸素によりダメージを与えられ、老化の原因となっています。一方、人間の体には抗酸化作用という能力も備わっています。にんにくの成分は、抗酸化ストレスを引き起こす毒性物質を感じ取るセンサーのスイッチをオンにし、抗酸化作用を積極的に働かせ、老化予防にも効果があると考えられています。

参考サイト:tenki.jpの文章を一部のせております。詳しくはサイトへ

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_FAAAEA06C38F453E410DD996F3BC6585_app_list-300x300.png
MY

キャベツナムルは、カルシウムあるんだねおいしそうだね。今日の!料理は、簡単なキャベツナムルで決まりだね!

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_72B230EA97D2200E02836ED564825278_app_list-300x300.gif
AK

キャベツナムルカルシウムも丈夫な骨を維持してイライラを解消し、精神を安定させる作用もあるそうですね。ダイエットには、良いね肌にも良い感じだね

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA