(作り置きサラダ)人気で定番!下味で美味しさが変わる!「マカロニサラダ」Macaroni salad(English subtitle)

(作り置きサラダ)下味で美味しさが変わる!「マカロニサラダ」
Macaroni salad(English subtitle)、
作り方を必ず聞かれる【マカロニサラダ】
驚きの食感のマカロニサラダ
簡単手作りマカロニサラダ作り方 1/2
How to make easy homemade macaroni salad 1/2

マカロニサラダ

 

マカロニサラダ

材料・調味料レシ分量
  • マカロニ・・・・100g〜150gお好みで入れてね
  • 鶏卵・・・・・・1個
  • ハム・・・・・3枚〜5枚
  • きゅうり・・・1本
  • 人参・・・・・小1
  • 玉ねぎ・・・・小1
  • チーズ・・・・スプーン大3〜お好みで入れてね

    ・・・・・調味料・・・・・

  • 塩コショウ・・・・・少々
  • マヨネーズ・・・・・大さじ4〜5
  1. マカロニを鶏卵を一緒に塩茹でします。 茹でるのは鶏卵が先です。
    目安は8分間。 マカロニの茹で時間に合わせるのがポイント。

  2. 茹でている間に人参ときゅうり玉ねぎ・ハムもたべやすい大きさにスライスして
    ボールの中に入れておきましょう。
  3. マカロニと卵が湯だったらざるに上げ冷ましましょう
  4. マカロニをさっと水で洗い水気を切ったらボールの中に入れましょう。
  5. 卵もスライスしてすべてボールの中に入れたら
  6. 調味料を入れ(塩コショウ・マヨネーズ)入れたらかき混ぜて出来上がりです。

レシピYouTubeで見れます。

マカロニサラダ

Akemi MaMaのブログを観ていただき ありがうございます。

YouTubeでakemimamaで検索したら沢山投稿 しております。

見てくださいね。 YouTuberチャンネル登録よろしくお願いします。

 

あけみママの簡単レシピ動画を見ていただきありがとうございます。

雑な面や見づらい点等が有ると思います2011年に、ありのままの動画で

編集無しで投稿してしまいました。改めて見直すと!!本当に、恥ずかしいですね。

動画を編集無しで編集の知識も知らないままの投稿動画でした。大変見にくいとは!

思いますが、最後まで見てくださいね。 これからは、皆様に美味しい料理を見やすく

勉強したり工夫してアイディアも載せますので引き続き動画を見てくださいね。

レシピYouTubeで見れます。

マカロニサラダ

マカロニ

マカロニ

マカロニの栄養と効能=食べて健康、免疫力up!(Mag448)さんの文章記載しております。

マカロニは、糖質の代謝を助けエネルギーをつくり出し疲労回復に役立つビタミンB1や細胞の新陳代謝を促進し、

皮ふや粘膜の機能維持や成長に役立つビタミンB2、また、皮ふや粘膜の健康維持をサポートしたり、

脳神経を正常に働かせるのに役立つナイアシンやビタミンB6、動脈硬化を予防しストレスをやわらげる働きのあるパントテン酸そして、

貧血を予防し、細胞の生まれ変わりや、新しい赤血球をつくり出すために欠かせないビタミンである葉酸を含みます。

さらに、抗酸化ビタミンであるビタミンEを含みますので活性酸素の発生や酸化力を抑え、動脈硬化、

皮膚や血管の老化を防ぎ、免疫力を高めてくれます。また、骨や歯を構成するのに必要なミネラルであるカルシウムやリン、

マグネシウムなどを含みます。カリウムも含まれますので疲労回復や利尿作用、高血圧の予防に役立ちます。

ハム

ハム

GAROPのハムの効能について一部記載しております。詳しくサイト見てね。

はむに期待される効能・効果

疲労を回復させたり、蛋白質の供給源として使われます。含有される成分には、ビタミンB1・B2、鉄などがあります。

ビタミンB1は補酵素として糖質代謝に関わっている他、神経の働きを適正に維持する作用があると言われています。

ビタミンB2は細胞再生や過酸化脂質分解作用があると言われている他、糖質や脂質、蛋白質の分解からエネルギー代謝に

関与していると考えられています。鉄は貧血の予防に役立つと言われています。

きゅうり(身体を冷ます効果)

きゅうり

むくみに効果があります。

きゅうりは利尿効果の高い成分を含んでおり、むくみをとる作用があります。

身体を冷やす働きがあるそうです。

きゅうりには身体を冷やす働きがあると言われ、薬膳料理でも用いられます。

暑い夏が旬なだけに、熱くほてった身体を冷ますのにきゅうりが役立ますね。

にんじん (ビタミンEの何倍もの効果)

にんじん

西洋系のオレンジ色はカロテンですが、金時人参などの赤い色はリコピンといわれる色素です。

これは、カロテンの一種ではあるのですが、β-カロテンとは違い、ビタミンAには変化しません。

しかし、リコピンそのものが活性酸素を減らす働きがあるそうです。

それも、β-カロテンやビタミンEの何倍もの効果があるそうです。

 

玉子

玉子

参考玉子については玉子の会社 藤野屋の文章を一部記載しております。

その1.たまごは1人1日2個以上食べてもコレステロールに問題なし!

ひと昔前まで、たまごを食べすぎるとコレステロールが増えて体に良くないと言われていましたが、

2015年の厚生労働省の研究結果によると、たまごの摂取量と冠動脈疾患や脳卒中疾患との関連性は認められませんでした。

つまり、たまごの摂りすぎ=高コレステロールではない! ということが実証されました。

たまごは「ほぼ完全な栄養食品」であり積極的に毎日とっても問題ないということが解明されたのです。

その2.タンパク質や必須アミノ酸、カルシウムや鉄分も豊富

人が筋肉や血管、脳の健康を保つために必要なタンパク質や、9種類ものアミノ酸が含まれています。

さらに卵黄に含まれている「コリン」は、神経伝達物質を含んでおり、記憶力や学習能力の向上、認知症予防に役立つといわれています。

その3.記憶力や学習能力アップにも期待大!?

カルシウムは牛乳の1.5倍、鉄分はほうれん草の2倍! 

肉や魚より手間をかけず、手軽に摂取できるので成長期のお子さんの栄養補給にも最適です。

その4.卵白に含まれるリゾチウムは風邪予防に 卵白に含まれる

「リゾチウム」には、体に有害なウィルスを溶かす働きが含まれており、ウィルスを撃退する働きがあるといわれています。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_72B230EA97D2200E02836ED564825278_app_list-300x300.gif
AK

マカロニサラダは、色んな具を入れても美味しく出来上がります。そのあたりをぜひチェックして作ってみてくださいね

 

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA