豆類の栄養のパワー効能のおすすめ豆類14種類まとめ

豆類

豆の種類 は、一般に豆とは植物分類学上、マメ科に属する穀物をさします。
マメ科の植物は、世界で650属18,000種に及びますが、
私たちが食用としている種類は70種程度。ここで、主に日本で食べられている
乾燥豆を簡単にまとめました。

1)小豆(小豆・大納言・小豆白)

高い栄養価をもつ小豆の美容・健康・ダイエット効果と小豆。

食物繊維、鉄分、ポリフェノール等の 機能性成分が多く含まれており、最近、これらの健康に及ぼす効果が注目されています。

食物繊維やタンパク質、ビタミンB群、鉄やカリウムといったミネラル、サポニンやポリフェノールなど、

さまざまな栄養素をバランスよく含んでいます。そのためあずきが持つチカラは、今、世間で注目を集めています。

さまざまな栄養素を含んでいます。こうした栄養素を摂ることで便秘や貧血が解消され、

美容やダイエット、体質の改善にも効果があります。

2)大豆(大豆・茶豆)

大豆

大豆は、完熟大豆は、炒り豆は、きな粉に変身や煮豆は、発酵させて納豆や醤油味噌などに

豆乳・おから・湯葉(にがり)を入れて豆腐・油揚げ・がんもどきなどに変わります。

発芽さしたもやしも大豆です。大豆には、肉に匹敵ひってきするほどのタンパク質が含まれていることから

「畑の肉」とも呼ばれており、世界中からその栄養分の高さが評価されています。

さらには、健康や美容につながる重要な栄養素も多く含まれていることから、女性にはうれしい

ダイエットやアンチエイジングに効果のある、スーパーフードでもあるのです。

3)黒豆(黒豆・雁喰豆・黒千石)

黒豆

黒大豆の機能性研究室会の参考文章を記載しております。参考サイト

お正月に必ずお節料理の中に入っている黒豆は、食べた人も多いのでは?

その「黒豆」、実はダイエット&美容成分が豊富に含まれているのです!

ダイエットで重要なことは「タンパク質」を摂ること!

黒豆は正確には「黒大豆」と言い、大豆の品種のひとつです。栄養成分的には大豆と同等で、

違いである皮の黒色は「アントシアニン」という色素成分でありポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用を持っています。

黒大豆は、イソフラボンやアントシアニンが含まれ、高たんぱく、低脂肪で食物繊維もたっぷりです。

4)青大豆(青大豆・秘伝豆・くらかけ豆・黒神)

抗酸化作用によるアンチエイジング効果や花粉症対策 骨粗鬆症 高血圧 肥満予防作用があり高血脂症を予防し

脂肪の代謝を促すことで、肥満を防止する効果が期待できます。 イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをもちます。

食物繊維も豊富なため、便秘解消やデトックス効果も期待できます。 青大豆の甘み成分の一は、

オリゴ糖で、オリゴ糖は美肌効果のあるビタミンEとビフィズス菌の働きを活発にする効果があります。

青大豆にアレルギーを抑える効果が!

日清製粉グループが2010年5月22日に第64回日本栄養・食糧学会大会において 青大豆の抗アレルギー作用を証明しました。

青豆には、期待できるパワーがたくさんあるんですね。

 

青大豆効能 黒大豆と同じように血圧にもいいです。 アンチエイジングにはビタミンE Cが豊富で 

ダイエットには脂肪細胞を出すそうです、(アディポネクチン) 解毒作用が強く、食中毒・薬物中毒に効果。

利尿作用・むくみが取れます。特に中高年の多くの悩み、糖尿病、高血圧、などには効果があるようです。

食物繊維豊富。ダイエット・アンチエイジング・解毒効果

青大豆は青豆と呼ばれます。呼称として緑豆 青小豆とも呼ばれます。

大豆は大きく分けて、黄豆(普通の大豆) 黒豆 青豆(青大豆 緑豆)に分類されます。

その中でも青大豆は、熟しても実が青く また他の豆と比べ風味甘みが豊かな大豆なのです。

5)いんげん豆(金時豆・白金時・うずら豆・とら豆)

近年の研究で、白インゲン豆からの抽出物には、アルファー・アミラーゼを抑制する働きが明らかにされました。

食物として摂取された炭水化物は、膵臓から分泌されるアルファー・アミラーゼとでん粉が小腸で結合して、グルコースに分解され、

体内に吸収されます。グルコースは身体がカロリーを必要としているときはエネルギーとして燃焼されますが、余分なグルコースは、

肝臓や筋肉からさらに脂肪細胞へと移行して蓄えられ、これが肥満を引き起こすことにつながります。

しかし、白インゲン豆抽出物によって、アルファー・アミラーゼの働きを抑制することによって、

でん粉の分解がブロックされるため、グルコースに分解されず、結果として小腸でも吸収されません。

6)白いんげん豆(大手亡豆・大福豆)

近年の研究で、白インゲン豆からの抽出物には、アルファー・アミラーゼを抑制する働きが明らかにされました。

食物として摂取された炭水化物は、膵臓から分泌されるアルファー・アミラーゼとでん粉が小腸で結合して、グルコースに分解され、

体内に吸収されます。グルコースは身体がカロリーを必要としているときはエネルギーとして燃焼されますが、余分なグルコースは、

肝臓や筋肉からさらに脂肪細胞へと移行して蓄えられ、これが肥満を引き起こすことにつながります。

しかし、白インゲン豆抽出物によって、アルファー・アミラーゼの働きを抑制することによって、

でん粉の分解がブロックされるため、グルコースに分解されず、結果として小腸でも吸収されません。

7)白花豆(白花豆)

カネハツ 食材まめ知識(豆類)の内容を一部記載しておりま。詳しは、サイトへ

白花豆はインゲン属のべにはないんげんに属し、白色の大きな花をたくさん咲かせるため、

それが名の由来となっています。 花豆の種子が日本に伝わったのは江戸時代の末期ですが、

花が大きくきれいなため、当時はもっぱら観賞用に栽培されていました。

食用としての栽培は明治時代に始められ、本格的な栽培は大正時代に入ってからです。

現在は主に北海道で作られ、一部は東北地方や長野県などの冷涼な地域でも栽培されています。

なお、中国からの輸入物は花芸豆と呼ばれています。

花豆には糖質が50%以上あり、たんぱく質も約20%と豊富です。

また日本人に不足しがちなビタミンB1などのビタミン類やカルシウムを豊富に含んでいます。

食物繊維も豊富で便通を整える作用があり、糖尿病や肥満の防止、ガン予防に有効です。

8)紫花豆(紫花豆)

紫花豆とは? いんげん豆の仲間で、正式には紅花隠元(べにばないんげん)という名前がついています。

メキシコ高原が原産地とされ、大航海時代に欧米に渡り、日本には江戸時代末期にやってきました。

朱色の美しい花を咲かせることから、当時は主に観賞用だったそうです。

温暖な地域ではあまり実をつけない性質を持つことから、日本では主に東北や北海道で栽培されています。

実は多年草です。紫花豆には肌や粘膜を整える働きがあるビタミンB1、ビタミンB2が多く含まれています。

ダイエット中でも不足しがちなカルシウムや鉄分も豊富で、豆類の中では脂質は少なめで、大豆の8割り嬉しいですね。

紫色の皮にはポリフェノールの一種で、アントシアニンが含まれており、抗酸化作用があります。

食物繊維はたっぷり、大豆の約7倍!便秘予防や、腸内環境の改善出来て便秘解消効果が期待できそうです。

たんぱく質は豆類の中では少なめです。 紫花豆はダイエットに最適で嬉しい食材ですね。

9)ささげ(ささげ)

GAROPのサイトの内容を一部記載しております。詳しくは、サイトへ

皮膚や粘膜を守ったり、貧血や便秘、脳の働きを保つのを改善する作用があると言われています。

また、癌の発生を抑えたり、動脈硬化や糖尿病の予防にも有用とされます。

含有される成分では食物繊維やコリン、カリウム、ビタミンB1などがあります。

食物繊維は癌や糖尿病、動脈硬化の予防に役立つと言われており、これは腸管において有害物質や糖質、

コレステロールの吸収を阻害する作用があると考えられているためです。

また、腸内で善玉菌の繁殖を活発化させ、排便量を増加させる作用もあると言われています。

コリンはレシチン生成の材料であり、レシチンは細胞膜を作るのに必要な成分です。

コリンそのものには記憶力を高める作用があると言われており、老人性認知症を予防するのに有用とされます。

神経伝達物質の前駆体であり、脳内のコリン量を増加させると考えられています。

その他、脂肪肝や高血圧、動脈硬化の予防にも役立つと言われています。

カリウムは体内の余分なナトリウムを排泄促進するため、高血圧の予防に有用とされます。

ビタミンB1は糖質代謝に関与していることから疲労回復に役立つと言われています

10)えんどう(赤えんどう豆・青えんどう豆)

えんどう豆の栄養と効能を簡単にまとめ!じつにこんなに優秀な豆だった!

えんどう豆に含まれてる栄養成分からは、たくさんの健康効果があります。

カリウムをはじめ、ミネラルを豊富に含んでいます。 ビタミンB群も豊富に含んでいます。

タンパク質や糖質も特にビタミンB1やB2を多く含んでいます。

タンパク質や糖質も 若いとはいえ、豆類でもあるため、野菜としてはタンパク質を豊富に含んでいます。

糖質も多く、エネルギー源ともなります。 食物繊維も豊富で整腸効果があります。

必須アミノ酸のリジンも含んでいます。

むくみ解消 血圧を下げる 便秘改善 ダイエット効果 動脈硬化予防 心筋梗塞予防

骨や歯の強化 貧血予防 胎児、乳児の発育 皮膚、粘膜の強化 がん予防

免疫力アップ アンチエイジング効果 糖尿病予防 疲労回復

効果を期待するなら塩豆がいいと思いますが、塩分も多いですし栄養成分の中には食べすぎると

下痢になるものもありますから食べすぎには注意しましょう。

11)ひよこ豆(ひよこ豆)

たんぱく質 たんぱく質が大豆の約6割ほど含まれており、豆類の中ではたんぱく質が豊富です。

ウイルスに負けない体を作る為には、免疫力アップ、女性に嬉しい肌や髪の毛をつややかにします。

たんぱく質は、最近話題の知れたダイエットの味方!豆類でたんぱく質といえば、大豆と思われがちですが、

ひよこ豆も料理に取り入れて味わってみてはいかがでしょうか。 ビタミンB1 ・ ビタミンB6・カリウム・マグネシウム

カルシウム・イソフラボン・食物繊維 が豊富に含まれています。

12)雑穀(えごま・キヌア・緑豆・そばの実・黒米・アマランサス・白ひえ・たかきび・もちあわ・もちきび・ごま

日本雑穀協会の内容を一部記載しています。詳しくは、サイトへ

古くからの類型で穀物は、主穀、雑穀、菽穀、擬穀に分けられ、主穀は主食作物である

イネ、コムギ、トウモロコシを指し、雑穀はイネ科作物のうち、小さい穎果をつけるヒエ、アワ、キビなどの

総称で、英語でmilletと訳されます。菽穀はマメ類、擬穀はソバ、アマランサス、キノア等であり、主穀と雑穀が現在、

穀物(cereal)として広く知られています。雑穀は時代背景や主食の変化につれ、捉えられ方も変わってきており、

日本雑穀協会では、これら農学的な狭義の雑穀の定義を尊重しつつ、雑穀と呼ぶ作物の対象範囲を拡げ

「主食以外に日本人が利用している穀物の総称」としています。

13)レンズ豆(赤レンズ豆・茶レンズ豆)

レンズ豆は東南アジアが起源とされていますが、今では地中海やアメリカなど世界中で栽培されています。

レンズ豆は低カロリーで食物繊維とアミノ酸、抗酸化成分が豊富な豆です。

総合的に見てレンズ豆はどんな食生活にも活用出来る非常に凄いスパーフードな豆の健康食品と言えるでしょう。

レンズ豆は細かく品種が分かれていますが、そのどれもがビタミン、ミネラル、炭水化物を豊富に含んでおり、

特に活力アップの手助けをしてくれます。 こんなに素晴らしいレンズ豆ですが、一般的には、知られていないのが実情ですね。

その魅力を知らない方が多いので簡単にまとめました。

14)麦(小麦・大麦・ライ麦・もち麦・はと麦)

ムギは世界中で一番多く作られている穀物。小麦、大麦、ライ麦…その種類は数多く、すべてイネ科に属する植物です。 

小麦と大麦では、大麦の方が粒が大きいというわけではなく、実の大きさにはあまり変化がありません。

でも、その用途は全く違うんです。例えば、パンは必ず小麦が原料、麦ごはんは必ず大麦が原料。

小麦は大麦ほど吸水率が良くないため、ごはんには向かないのです。 大麦の成分は小麦とよく似た成分です。

小麦に比べて繊維がやや多く、灰分、カルシウム、鉄分、ビタミンB1、ニコチン酸などがやや多くあります。

(押麦に加工したものは糖質は高まりますが、脂質、繊維、灰分、無機質、ビタミン類はやや低下します。)

次に多い成分はたんぱく質ですが、小麦のたんぱく質であるグルテンは粘りがあり、パンや麺に適しているのに対し、

大麦のたんぱく質はホルデインと呼ばれ、粘りがないのでパンにすると膨れません、麺にするとつなぎがないので切れ切れになります。

参考サイト:はくばく文章を記載して居ります。詳しくは、サイトへ

15)そらまめ豆

疲労回復、風邪の予防、美肌効果が期待できる「そらまめ」 マメ科であるそらまめには、植物性たんぱく質が豊富に含まれています。

野菜でありながらたんぱく源にもなる優秀食材です。 それだけではありません。カリウムやマグネシウム、リンなどといった

ミネラルも多く含まれており、ナトリウム(塩分)を排泄したり、高血圧にも効果があります。

ビタミンB1、B2、Cも含まれているので疲労回復、風邪の予防、美肌効果も期待できますね。

そらまめにはミネラルも豊富  マグネシウム、リン、鉄分などのミネラルを豊富に含みます。

マグネシウムは血圧を調整する働きや、骨の成分でもあり、イライラの解消にも効果があるそうです。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

豆は知れば知るほど!良いことづくしだね!あけみママのレシピ早くみたい!

 
https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_72B230EA97D2200E02836ED564825278_app_list-300x300.gif
AK

豆類の栄養のパワー効能のおすすめ豆類14種類まとめました。日本人に不足しがちなビタミンB1などのビタミン類やカルシウムを豊富に含んでいる豆類ですね。食物繊維も豊富で便通を整える作用があり、糖尿病や肥満の防止、ガン予防に有効ですね。豆は、知れば知るほど豆類!わくわく良いんですね!レシピ研究中!出来次第公開しますね。

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA