昔ながらの下町のもんじゃ 自宅で出来ちゃうもんじゃの準備

簡単!おすすめふきの下町のもんじゃ

下町のもんじゃは、 忙しい中でも簡単で出来ちゃう!家族・お友達でおすすめですね。

ご飯食べなくてもダイエット中でもおすすめで簡単に作れちゃう

具を切って置けば忙しい時でも簡単に作れちゃうのが嬉しいね

下町のもんじゃ の具に秘められたパワーと、おいしいの食べ方もご紹介します。

もんじゃの準備の作り方

 

材料・調味料4人

もんじゃ焼きの準備

粉末ダシ・・・・・・大さじ1

小麦粉 ・・・・・・・大さじ4(大盛り)

水・・・・・・・・800cc

ウスターソース・・・・・100cc(自分好みに味を調整してね)

作り方:入れる具材例です。

  • キャベツ・・・・・・・・小半分(お好みで分量入れてね)
  • 揚げ玉・・・・・・・・・小1袋(お好みで分量入れてね)
  • 桜エビ・・・・・・・・・大さじ2(お好みで分量入れてね)
    小海老(バナメイエビ)もおすすめ!
  • 蒸しアサリ・・・・・・・100グラム(お好みで分量入れてね)
  • タコ・・・・・・・・・・100グラム(お好みで分量入れてね)
  • イカ・・・・・・・・・・100グラム(お好みで分量入れてね)
  • 明太子・・・・・・・・・100グラム(お好みで分量入れてね)
  • 豚挽肉・・・・・・・・・100グラム(お好みで分量入れてね)
  • ベビースター
    ラーメン(チキン)・・・小1袋(お好みで分量入れてね)

    ・・・・・・・もんじゃのスープ調味料・・・・・・・

  • 薄力小麦粉 ・・・・・・・大さじ山盛り4杯〜5杯
  • 水・・・・・・・・・・・800cc
  • ウスターソース・・・・・100cc(自分好みに味を調整してね)
  • かつおダシ・・・・・・・大さじ1(粉のだし)の
  1. 4人分あたり、水800cc、小麦粉大さじ山盛り4杯でかき混ぜ。 
  2. 熱湯100ccに大さじ1杯のダシを溶かしたもの、ウスターソース100cc、
    追加で小麦粉を大さじ1杯加えて混ぜます。だし汁の出来上がり。
    (ここから詳しくは動画参照)
  3. キャベツを適当な大きさに切ります。 切ったキャベツにダシ汁を掛け、その上に材料を乗せていきます。

  4. ごま油、おろしにんにく、 塩コショウ、韓国風粉末ダシ、ごまを和え、
    揉んで出来上がり。 説明これでいいのかってくらいちょー簡単です。
ポイント

※ダイエットに、欠かせないキャベツです。キャベツを沢山食べるとダイエットには、最高ですね。

1)レシピYouTubeで見れます。

 

Akemi MaMaのブログを観ていただき ありがうございます。

YouTubeでakemimamaで検索したら沢山投稿 しております。

見てくださいね。 YouTuberチャンネル登録よろしくお願いします。

 

あけみママの簡単レシピ動画を見ていただきありがとうございます。

雑な面や見づらい点等が有ると思います2011年に、ありのままの動画で

編集無しで投稿してしまいました。改めて見直すと!!本当に、恥ずかしいですね。

動画を編集無しで編集の知識も知らないままの投稿動画でした。大変見にくいとは!

思いますが、最後まで見てくださいね。 これからは、皆様に美味しい料理を見やすく

勉強したり工夫してアイディアも載せますので引き続き動画を見てくださいね。

お詫び申し上げます。

10年以上前の動画は、YouTubeでは、長時間載せることが出来ない為 

数本に分かれて動画を載せています。大変ご迷惑をおかけします。

キャベツ (ビタミンCを豊富)

きゃべつ

一般的なキャベツである冬キャベツ、春には春キャベツが出回る

ビタミンCを豊富に含む。基本的にはブロッコリーのほうがあらゆる栄養素が高いのだが、茹でた時の

ビタミンCの損失量がブロッコリーよりも少ないため摂取量としてはあまり変わらない

キャベツに関する驚くべき事実は
進化にもとづくけんこ健康論のページからの一部の文を載せています。

 キャベツに含まれている栄養素は多く、ビタミンA、B1,B2,B3,B5,B6,B9、C、

カルシウム、鉄分、マグネシウム、リン、カリウム、亜鉛…などですが、中でもビタミンCがずばぬけて豊富で、

大き目の葉二,三枚で大人が一日に必要とするビタミンCをカバーできるそうです。 特に中心部にビタミンCが多く含まれているそうです。

カルシウムは丈夫な骨を維持してイライラを解消し、精神を安定させる作用もあるそうですが、素晴らしいのはビタミンUとKだそうで、

ビタミンUは胃腸の粘膜修復に必要なたんぱく質の合成を促進するので新陳代謝を活発化して、

胃や十二指腸の潰瘍を修復もすればその発生を抑制する働きがあるそうです。 ビタミンKには、骨にカルシウムが沈着するのを助けるはたらきがあるらしく、

骨粗しょう症の予防に効果があり、もしビタミンKが不足すると骨に十分なカルシウムが取り込めなくなって骨がもろくなり、

貧血や大腸炎などをおこしやすくなるそうです。赤ちゃんの脳内出血を防ぐ作用も認められており、妊婦や授乳期の母親に十分とって欲しい栄養素だそうです。

あさりの栄養

あさり

貧血予防

貧血予防にアサリが良いという話はよく聞きますね。

これはアサリが血液の赤血球を作る上で必要な鉄分や、

生成に働くビタミンB12を多く含んでいるからです。

貧血気味の方にはお勧めです。

 

アサリはビタミンB12を沢山含んでいます

アサリ/浅蜊/あさり アサリはビタミンB12を沢山含んでいます。

これには体内のDNA合成と調整、更に脂肪酸の合成とエネルギー産生に大きく関わるビタミンで、

正常な細胞の生成や赤血球の生成を助けています。

また、末梢神経を正常に機能させる働きもあり、眼精疲労や肩こりの解消にも役立ちます。

 

動脈硬化や高血圧症を予防、滋養強壮

アサリはタウリンのほか、鉄や亜鉛などのミネラルを豊富に含み、コレステロールを下げ、

動脈硬化や高血圧症を予防する効果や、滋養強壮にも効果があると言われています。

参考サイト:旬の食材百科の文章を一部載せております。詳しくは、サイトへ

桜えび

美味しい産業株式会社の内容を一部記載しております。詳しくはサイトを見てくださいね。

桜えびの栄養、カルシウムは牛乳の6倍!?

桜えびの栄養の種類

桜えびには実にたくさんの栄養素が含まれています。主な成分は、たんぱく質、脂質、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、

ビタミンE、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、マンガン、リン、鉄、銅、亜鉛、キチン、キトサンなど。

ビタミンの中には、葉酸なども豊富に含まれています。小魚などに含まれ、話題を集めるDHAも含まれているんですよ。

実に多くの栄養素がぎっしり詰まっているんですね。特筆すべきはカルシウムの多さ。実に牛乳の6倍のカルシウム含有量なんですよ。

ただし、カルシウムの吸収率は食品によって、異なります。魚類の吸収率は牛乳よりも劣ると言われているため、

実質は6倍よりも少し下がり、4倍の含有量になっています。ただし、桜えびは丸ごと食べることから、

他のエビよりも脂質の量が多いことも特徴。しかし、小さな桜えびですので、カロリー摂取量は車海老などの他のえびと同等程度です。

まるごと食べられる桜えびは、ミネラルが豊富で、車海老などの他のえびと比較するとおおよそ3倍あるんですよ

海老(バナメイエビ)えび(腸内をきれいにしてくれる)

海老

日本海老協会のサイトからの文を一部掲載しております。とっても参考になります。

海老(エビ)は何種類いるの?

私たちが普段何気なく食べている海老で思い付くのは、
車海老、伊勢海老、芝海老、甘海老、ブラックタイガー海老、バナメイ海老こんなところではないでしょうか。
エビの仲間は世界中に約2,400種類が生息しており、そのうちの約180種類が商業的に漁獲されています。
日本では、泳ぐ海老類約30種、歩く海老類約10種が漁獲されていますが、漁獲量が少ないため地元で消費され、殆どの種類は輸入されています。

海老(エビ)はなぜ赤いの?

海老の赤い色素は「アスタキサンチン」です。藻やコケに含まれるアスタキサンチンを、パワーの源として体内にため込み赤く発色します。
特に大切な目に集中して、多くのアスタキサンチンが蓄えられています。
近年では、アスタキサンチンは化粧品にも使われるほどのアンチエイジングの有効成分として注目されています。
 

アスタキサンチンの効果効能は何??

お肌のアンチエイジング効果 アスタキサンチンの強力な抗酸化力は、紫外線によるお肌の老化を防ぎます。

そのお肌に対する効力はビタミンEの約25倍、ビタミンCの約90倍というデータがあるほどです。
脳機能を改善し、集中力を高める 記憶力の衰えや物忘れが気になる。集中力が続かなくなってきた。
このような不安のある方に、脳機能を高める働きを持つことが分かってきています。 生活習慣病の予防と改善 太りやすくなってきた。
コレステロール値、血圧、血糖値が上がってきた。このような動脈硬化の原因になる悪玉子レステロールの酸化を抑えます。
また、生活習慣病を引き起こす体内の炎症成分や、血糖上昇を抑える作用も確認されています。
内臓脂肪を減らす アスタキサンチンを飲んだマウスは、飲まないマウスに比べて内臓脂肪は約27%、皮下脂肪は約39%の蓄積が抑えられました。
体や目の疲労回復に役立つ 持久力を上げ、疲れにくくなります。これは、アスタキサンチンが筋肉の損傷の原因となる活性酸素を抑えるから。
同様に目の疲れも抑え、眼精疲労の改善に役立ちます。

いか

参考サイトのすが辰の一部の文です。

良質なタンパク質が豊富に含まれているイカ

筋肉など体の組織を作るのに欠かせないのが、タンパク質です。

健康を維持するためには必須の成分だとも言えますが、イカはこのタンパク質を非常に豊富に含んでいます。

しかもイカに含まれるタンパク質は、ただの普通のタンパク質ではありません。イカのタンパク質は、

必須アミノ酸の量が多く、栄養にとても優れた良質なものなんです。 タンパク質は基礎代謝を高めて、

筋肉を維持してくれるので、ダイエットに効果的だと言われています。イカの場合はタンパク質がアミノ酸満点なことに加え、他の魚介類と比べると低脂肪。まさに「ダイエットにぴったり」な要素が揃っているのです。

健康な体をサポートするタウリンも

コレステロール値を下げたり、肝臓の機能を高めたりしてくれる「タウリン」も、

イカに多く含まれている栄養素のひとつです。タウリンは、生活習慣病や高血圧、糖尿病などの予防に効果的。

健康な体づくりをサポートしてくれる、とても頼もしい成分です。

またこれらの効能に加えて、タウリンには疲労回復・ストレス軽減に有効な面もあります。

生活習慣病リスクの増加やストレス社会の進展が指摘される今の時代を生きる私たちにとって、特に必要な成分だと言えそうですね。

ビタミンをバランス良く摂取できる

さらにもうひとつ、イカの栄養素を取り上げる上で無視できないのが、ビタミンです。イカには主要なビタミン類がほぼすべて含まれていて(ビタミンDを除く)、バランス良くビタミンを摂取するのに最適。特にナイアシンやビタミンEが多いことで知られています。

たこ

タコ(octopus)は、頭足類タコ目(八腕類)の軟体動物の総称。

欧米ではタコのことをデビルフィッシュと呼んで食べない人も多いですが、

日本人はタコが大好きで世界のタコ消費量の約6割を占めています。

 

タコ カロリーは100gあたり・・・(まだこ生)76kcal、(まだこ茹で)99kcal 成分としては、

各種アミノ酸で構成される良質なタンパク質、

ビタミンA(レチノール)、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸)、

ビタミンE、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、銅、亜鉛などを含みます。

 

効能としては、良質なタンパク質による疲労回復効果、ビタミンEの抗酸化作用による老化防止効果などが見込めます。

また、亜鉛の含有量も比較的多いので味覚を正常に保つ効果も期待できます。

タコは、低脂肪、低カロリー、高タンパクなのでダイエットにも適した食材です。ちなみに脂質はイカの半分しかありません。

 

イカよりも豊富に含まれるタウリンには、胆汁酸やインスリンの分泌促進作用、血圧を正常に保つ作用、

血糖低下作用、肝機能の改善、血中の悪玉コレステロールを下げて善玉コレステロールを増やす作用、

心筋の働きを正常に保つ作用などがあります。 ちなみにタコの墨は粘り気のない水溶性なので、イカスミのように美味しくありません。

効果効能 疲労回復、血中コレステロール低下、動脈硬化の予防、高血圧の予防、肝機能の改善、糖尿病の予防改善、肥満防止、ダイエット

 

食品の効果効能辞典:参考サイトからの文書を一部記載しております。詳しくは、サイトへ

明太子

たらこ(明太子)は栄養価の高い食品です! 本来スケトウタラの卵である「たらこ」は良質の基蛋白質をたくさん含んでいます。

またその蛋白質もバランスの良いアミノ酸から成り立っており、中でもアルギニンは強精効果があると言われています。

同じく、たらこに多く含まれるナイアシンは皮膚の活性化を増進させる働きがあります。

成人女性の一日の基本摂取量は13mgと言われていますが、たらこにはなんと100g中9.75mgも含まれており、

女性にとって貴重な食品であると言えるのです。

 

また、健康食品としてさまざまな効能が上げられ人気の高いビタミンEや、辛子明太子に使う辛子には

減量に効果があると言われるカプサイシンを含んでいます。

カプサイシンには脂肪を分解するリパーゼを活性化させる働きがあり、脂肪の燃焼を助ける効果があります。

またカプサイシンには免疫力を増進させる効果があるとも言われ、

その他にも、唐辛子自体の辛味を生かして塩の量を減らせると言った減塩効果もあります。

ちなみに、フランスでは子宝に恵まれない夫婦は、たらことマスタードを和えてパンと一緒に食べると良いといわれているそうです。

 

北洋海産物株式会社:参考サイトからの文書を一部記載しております。詳しくは、サイトへ

豚肉

豚肉/含まれる主な栄養成分

豚肉には女性がうれしい効能がいっぱい。

ビタミンB群が豊富で、中性脂肪の蓄積を抑えてくれたり、美肌効果や疲労回復にも役立ちます。

他にも栄養素がたくさん詰まった豚肉は、健康志向の人もピッタリの食材といえるえしょう。

豚肉がもつ栄養素や効能パワーとは?豚肉には、捨てるところがない食材として、あらゆる部位が利用されます。

健康で長寿の方が多いことで知られる沖縄では、1人当たりの豚肉消費量が群を抜いており、

豚肉に含まれる栄養素や効能が、病気予防に効果があることがうかがえます

良質なたんぱく質

  1. 良質なたんぱく質は筋肉や内臓のもと、肉はスタミナ補給できるので新陳代謝を上げる効果が高く脂肪燃焼効率の良い体になります。
  2. 貧血予防、赤身肉にはヘム鉄が多く含まれている。
  3. 肉には、健康な肌を作るビタミン群・鉄・亜鉛・ミネラルがたっぷり入っています。
  4. 肉にはアミノ酸が豊富に含まれているので、甘いものへの欲求をおさえ食事の満足感を高める働きがあります。
 
https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_FAAAEA06C38F453E410DD996F3BC6585_app_list-300x300.png
MY

もんじゃは、いろんな具材が入っているから栄養万点でおいしそうだね。今日の!料理は、鉄板焼きは、もんじゃで決まりだね!

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_72B230EA97D2200E02836ED564825278_app_list-300x300.gif
AK

もんじゃは、いろんな具材が入っているから栄養万点で、家族や友達でパーティーも楽しいね。

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA