絶品の1品!長芋ときゅうりと梅干の簡単サラダ和え 長芋人気1のヘルシーサラダ!

長芋の驚くほどのパワーでなんとΣ(‘◉⌓◉’)!!!

長芋に特に多く含まれる栄養素としても、

体内の水分バランスを整えるカリウムや

胃粘膜を守るぬめり成分を含んでいます。

意外と栄養バランスも最高なんです!

スーパーに行けば、時期関わらず必ずある(長芋)は、

身体に嬉しい成分がたくさん配合されています。

美容と健康で長寿に必要な成分想像以上に凄すぎ!

(長芋)に秘められたパワーと、おいしいの食べ方もご紹介します。

長芋・きゅうりと梅干しサラダ和え物の作り方

長芋・きゅうり・梅

材料・調味料
  • 長芋・・・・・・・・1本の4分の1
  • きゅうり・・・・・・1本
  • 長ねぎ・・・・・・・1本の3分の1
  • 梅干し・・・・・・・小10粒
  • かつおぶし・・・・・小1袋
  • ごま・・・・・・・・大さじ1杯
  • 醤油・・・・・・・・大さじ3
  1. きゅうりと山芋と梅干しの和え物を作ります。

    材料は、きゅうり・長芋・梅干しと長ねぎと胡麻・かつおぶしを使います 

  2. 長芋を皮をむいたら千切り切ったらボールの中に入れる
  3. きゅうり1本も千切り切ったら長芋と同じボールの中に入れる
  4. 長ねぎは、みじん切りして同じボールの中に入れ梅干しは、種をとって

    細かく叩いたら長芋と同じボールの中に入れる

  5. かつおぶしと胡麻を長芋と同じボールの中に入れてかき混ぜたら

    しょうゆも入れてかき混ぜたら出来上がりです。

長芋を千切りボールの中へ 

長芋・千切り

きゅうりも千切りボールの中へ

長芋・きゅうり千切り

梅干しは、種を抜いて細かくたたいてボールの中へ

梅干し叩き

長芋・きゅうり梅干し

ねぎは、みじん切りにしたらボールの中へ

長芋・きゅうり梅干しねぎ

かつおぶしと胡麻を入れてかき混ぜたら醤油も入れかき混ぜたら出来上がり

長芋・きゅうり・梅干しの和え

1)レシピYouTube動画で見れます。

長芋・きゅうり梅の和え

Akemi MaMaのブログを観ていただき ありがうございます。

YouTubeでakemimamaで検索したら沢山投稿 しております。

見てくださいね。 YouTuberチャンネル登録よろしくお願いします。

 

あけみママの簡単レシピ動画を見ていただきありがとうございます。

雑な面や見づらい点等が有ると思います2011年に、ありのままの動画で

編集無しで投稿してしまいました。改めて見直すと!!本当に、恥ずかしいですね。

動画を編集無しで編集の知識も知らないままの投稿動画でした。大変見にくいとは!

思いますが、最後まで見てくださいね。 これからは、皆様に美味しい料理を見やすく

勉強したり工夫してアイディアも載せますので引き続き動画を見てくださいね

ながいも 長芋 (長芋 食材の消化を助ける)

長芋

雪解け後の4~5月にも収穫されており、こちらは「春掘り」と呼ばれ

秋物より新鮮味では劣るが旨味や成分が凝縮された濃厚な味になる。

冷凍してからすりおろすと、かゆみを防止できる。酢水に浸けてもよい。

美肌

保湿効果 長芋には肌の健康を保つビタミンB群と、コラーゲンの生成を促すビタミンC

保湿作用のあるアルギニンが含まれているため、肌を美しく保つ効果が期待できます。

長芋のネバネバ成分「ムチン」にも、肌や粘膜を健康に保つ効果があるといわれています。

 

便秘予防効果

長芋に多く含まれる水溶性食物繊維には、腸内環境を整えて便秘を防ぐ効果があります。

お腹が張って体が重い人、肌荒れが気になる人にも、長芋がおすすめです。

 

むくみ予防効果

長芋には、体内に溜め込んだ塩分や水分の排出を促すカリウムが豊富に含まれています。

塩分の摂りすぎによるむくみに悩まされているときは、長芋を取り入れてみましょう。

 

血糖値の急上昇を抑える効果

長芋に含まれる水溶性食物繊維やムチンには、血糖値の急上昇を抑える働きがあります。

この作用のおかげで、脂肪の蓄積を促すインスリンの分泌を抑えることができます。

きゅうり(身体を冷ます効果)

きゅうりの栄養素

ビタミンC カリウム ビタミンK βカロテン プロトロンビン

食物繊維 きゅうりの栄養素1

ビタミンC きゅうりに含まれるビタミンCは、肌にしみやそばかすなどができるのを防止する

美肌づくりに欠かせない栄養素だと言われています。 また、血管を丈夫にして動脈硬化を防いだり

ガンや老化の原因になる活性酸素を消去する働きを持つ栄養素とされています。

 

美肌効果 キュウリに含まれる「シリカ」というミネラルには、肌、爪、毛髪の老化防止や修復作用があり、最近注目されています。

きゅうりは低カロリーダイエッに良いですね。

キュウリは、約95%が水分であり、100gあたり約14kcalと低カロリーな食材です。

栄養素の中ではカリウムが豊富で以下の作用が期待できます。

な長ねぎ (風邪に効くとの民間療法が有名)

長ねぎ

白ネギ、青ネギに区別され、関東では白ネギ、関西では青ネギが好まれる。

張りがあり、白と青の境目がはっきりしているものが良い。

風邪に効くとの民間療法が有名だが、実際にネギの辛味成分には殺菌効果に加え、

血行を良くし体を温め、睡眠を誘発する働きがあるため効果的である。

梅(うめ)

梅干し

梅干しの酸っぱさもクエン酸がたっぷり入っているそうです。

梅干しの酸っぱさの原因はクエン酸だがたっぷり入っていすそうです。

梅には果実の中でもクエン酸の含有量が最も多

小さな1粒にレモン1個の2~3倍みたいですね。
クエン酸は血液をサラサラにし、血流を改善して免疫力を高め

風邪やインフルエンザにかかりにくくするという。

胃炎や胃潰瘍、胃がんの原因となるピロリ菌の活動を抑制する効果も認められて

さらに、疲労回復にも効くそうです。

胡麻

TBSラジオサイトからの参考です。一部の文章を記載しております。詳しくは、参考サイトでみてください。

カルシウムが牛乳の12倍!? 白ごま、黒ごま、金ごまなど、色々と種類がある「ごま」。

実は、3000以上の種類があるのだとか。ビックリですよね。ごまの主成分は、おそよ50%が脂質。

タンパク質が およそ20%。必須アミノ酸をバランス良く含むたんぱく質や不飽和脂肪酸を含む、万能食品なんです。

他にもビタミンB、食物繊維、カルシウム、鉄分、ビタミンE、などが含まれています。

特に、カルシウムは、ごま100g中1,200mgものカルシウムが含まれていて、これは牛乳の12倍にもなるんだとか!

また、ごまには、主成分の脂質やタンパク質のほかに、セサミン、セサモリン、セサミノール、セサモールなど微量成分を含有。

これらリグナン物質(ゴマリグナン)には優れた抗酸化作用があり、コレステロール抑制、動脈硬化・高血圧予防、

がん細胞の成長抑制、肝機能増強、アルコール分解促進、老化抑制などの効果があることが分かっています。

きゅうりと長芋梅干しの 和え物 やみつきになるほど旨い!免疫力アップ

 きゅうりの効果で夏バテ・ダイエット効果に最高

 

夏バテ・のぼせ緩和 水分とナトリウムを豊富に含み、利尿作用のあるキュウリは、体内にこもった熱の排出を促す効果に優れています。

カリウム不足は夏バテの原因の一つとも言われており、キュウリは夏場のナトリウムと水分補給源としても効果的な食材です。

 

ダイエット効果 キュウリは生のまま食べられ歯ごたえもあるので、しっかり噛むことで満腹中枢の刺激になります。

近年発見された「ホスホリパーゼ」という酵素が体内の脂肪分解に効果があるとされ、ダイエットにも期待が持てます。 

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_FAAAEA06C38F453E410DD996F3BC6585_app_list-300x300.png
MY

長芋ときゅうり・梅干しの組み合わせ身体に物凄く良いなんだね!今日の!料理は、簡単な長芋で決まりだね!

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_72B230EA97D2200E02836ED564825278_app_list-300x300.gif
AK

肌づくりに欠かせない栄養素だと言われています。 また、血管を丈夫にして動脈硬化を防いだりガンや老化の原因になる活性酸素を消去する働きを持つ栄養素とされていますね。美味しく食べて健康を保ちましょうね。

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA