びっくりねばねば丼! オクラ・納豆・梅・長芋しらすのねばねば丼 ヘルシー美・健康レシピ

ねばねば丼は、ヘルシーでとっても美味しいですよ!

オクラの栄養と長芋のスパーフードの食材をたっぷり

けっこう1押しかな!納豆や長芋具材を切ってオクラを茹でて切りしらすを載せただけなのに!

高血圧な私がこのレシピを食べ初めて高血圧が下がってきました。

もうすぐ60歳になる前に、食事療法で健康的で奇麗に痩せる用に自分自 試しています。

目標は、高血圧安定体内脂肪減少体重12キロ痩せる食事、リバウンドしない調理法や、

代謝もあげて簡単ストレッチなど挑戦中です。 

凄い旨い【業務スーパー】マニア厳選!!最強おすすめ商品で

【国産|節約|美味しい|通はコレを買って作る】

ダイエット向きで低カロリーなのもちょー嬉しいね。

美容と健康で長寿に必要な成分想像以上に凄すぎ!

野菜に秘められたパワーと、おいしいの食べ方もご紹介します。

オクラ・納豆・梅・山芋のねばねば丼 ヘルシー美・健康レシピ

材料・調味料 2人分以上
  • おくら・・・・・1袋
  • 納豆・・・・・2パック
  • 山芋・・・・5cm
  • しらす・・・大さじ4
  • 梅干し・・5粒
  • おかか・・・1袋
  • のり・・・・・1枚
    ・・・調味料・・・
  • 醤油・・・・大さじ1
  1. なべのお湯が沸いたら塩を入れオクラゆでる
    (事前に下ごしらえしといてね。) オクラのゆで時間は、1分45秒から2分が目安です。 
  2. ゆでている間に、山芋の皮をむいたら千切りにします 梅干し5の種を抜いたら細かくたたきます
  3. 梅干しを細かくしたら山芋とおかかも入れ醤油を入れて混ぜる 納豆1パックタレ付きのタレを混ぜる
  4. おくらが冷めたら細かく切ります 切ったおくらを醤油で味を付けておく
  5. どんぶりの中にご飯を入れる のりを動画のように切りご飯の上にのせる
    海苔をのせたら盛り付けです 盛り付けしたら出来上がりです
    ※ご飯を玄米食や五穀豊穣で作ったら 美味しさと更に美と健康に最高です お弁当にも喜ばれます

レシピYouTubeで見れます。

Akemi MaMaのブログを観ていただき ありがうございます。

YouTubeでakemimamaで検索したら沢山投稿 しております。

見てくださいね。 YouTuberチャンネル登録よろしくお願いします。

おくらの簡単な説明

オクラはアオイ科の植物で、タンパク質、糖質、ビタミンB1、B2を豊富にふくむ緑黄色野菜です。

さまざまな栄養素が豊富に含まれているオクラは、健康に良い食材です。

まず、オクラに含まれる独特のネバネバとした成分は、主にガラクタンやアラバン、

ペクチンなどの食物繊維です。

長いもの簡単な説明

長芋には豊富なビタミンが含まれています。とくに、ビタミンB1やビタミンCの含有量が多く、

スーパーフードと呼ばれるほどです。健康にも美容にも効果を期待することができます。

ビタミンB1やビタミンCには抗酸化作用があり、シミやシワやたるみの予防など、女性に嬉しい作用を期待することができます。

 

消化促進、便秘予防、高血圧予防、疲労回復、老化防止、虚弱体質改善に良いと言われています。

用途として、一般的にすりおろしてトロロ、サラダなど。火を通して煮物、スープ、揚げ物など。

火を通しても美味しく頂けます。フライドポテトのように油で揚げても美味しいですね。ビールのおつまみに最適です。

納豆の簡単な説明

大豆に含まれる女性ホルモン、大豆を発酵させるとイソフラボンの分子の表面についている糖の鎖が切れて、
アグリコンという分子に変化します。

イソフラボンアグリコンは免疫力の増強に加えて、がん細胞の増殖を抑え、がん治療の放射線による免疫低下を防ぐ作用があります。

また、抗菌作用にもすぐれています。イソフラボンアグリコン1日の摂取量の目安は70~75mgです。

納豆の場合は1日1パック(60g)ほど食べればよいことになりますね。

しらすの簡単な説明

しらすに多く含まれるカルシウム

骨や歯を作る成分です。 カルシウムを摂取することで、骨粗しょう症の予防や子どもの成長に役立ちます。

ビタミンDも豊富に含んでいます。

ビタミンDには、カルシウムの吸収を助ける働きを持っているため、ともに摂取することで、より一層骨や歯を丈夫にすることが期待できるでしょう。

肌を美しくする効果 しらすは、不溶性たんぱく質のエラスチンや、必須アミノ酸のメチオニンという成分を含んでいます。

エラスチンは、コラーゲンにくっついて肌のハリや弾力を保っている成分です。

加齢とともに減っていく成分で、不足するとシワやたるみの原因となってしまいます。

そのため、エラスチンを豊富に含むしらすを日常的に食べることがとても大切です。

しらすを摂取することで、弾力のあるハリ肌を保つことが期待できますよ。

 

メチオニンは細胞を作るたんぱく質であるケラチンを作っている成分のことを指します。

そのため、メチオニンの豊富なしらすを食べれば、アンチエイジングの効果が期待できるかもしれません。

 

しらすは肌の皮脂分泌量をコントロールする効果を持つ核酸という成分も多く含んでいます。

核酸の含まれたしらすを定期的に摂れば、ニキビを予防し、肌をきれいに生まれ変わらせてくれるでしょう。

神経を修復する効果 ビタミンB12は、しらすに多く含まれている栄養素の一つです。

 

ビタミンEの何倍もの抗酸化力を持ち、アンチエイジングにも効果的です

その他にも、ガンの発生や転移を抑制したり月経のリズムを整えたりする効果が期待できるでしょう

老若男女を問わず、しらすをうまく利用して効率よくセレンを摂取しましょう。

お弁当にも大丈夫美味しかった!

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_FAAAEA06C38F453E410DD996F3BC6585_app_list-300x300.png
MY

韓国オクラ・納豆・梅・山芋のねばねば丼は、ヘルシーでおいしそうだね。今日の!料理は、簡単で体に良さそうなオクラ・納豆・梅・山芋のねばねば丼で決まりだね!

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_72B230EA97D2200E02836ED564825278_app_list-300x300.gif
AK

さまざまな栄養素が豊富に含まれているオクラや長いも・納豆のねばねば毎日食べると10才若返るそうですね。健康に良い食材ですね。

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA