お肉の健康・美容効・ダイエット肉の種類のまとめ

お肉の種類別 知っとくと良いね!
お肉の健康・美容効・ダイエット お肉の
種類部位のまとめて 
牛肉・豚肉・鶏肉・羊肉・鴨肉・馬肉のまとめ

目次

お肉の健康・美容効・ダイエット肉の種類のまとめ

  1. 牛肉→たんぱく質と鉄分がたっぷり
    肉には、健康な肌を作るビタミン群・鉄・亜鉛・ミネラルがたっぷり入っています。
  2. 豚肉→豊富なビタミンB群で疲労回復など豚肉には女性がうれしい効能がいっぱい
    ビタミンB群が豊富で、中性脂肪の蓄積を抑えてくれたり、美肌効果や疲労回復にも役立ちます。
  3. 鶏肉→美肌とアンチエイジング効果に期待
    皮膚や粘膜の健康を維持する、ビタミンB群が豊富です。
    特に「ナイアシン(ビタミン)」が多く含まれています。
    ナイアシンはシミ・ソバカス、毛穴の黒ずみなどの効果改善効果があります。
  4. 鴨肉→鴨肉に含まれているビタミンB群は細胞の再生や粘膜を強くしてくれる事から<
    肌荒れ防止・肌の生まれ変り美肌効果に期待できます。
  5. 羊肉→ラム肉に多く含まれているビタミンは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEです。
    肉類には意外と多くビタミンが含まれているのですが、
    ラム肉には特に肌に良いビタミンが含まれているので、美容効果も期待できます。脂肪を燃焼させる肉

牛肉・レシピ

牛肉/たんぱく質と鉄分がたっぷり!

良質なたんぱく質に脂質、鉄分も豊富で、貧血予防、脂肪燃焼効果も高いダイエットの強い味方。

特に赤身肉には不足すると免疫力が低下したり、味覚障害を引き起こす原因にもなる亜鉛が多く含まれています。

また、牛肉の鉄分は吸収率のよいヘム鉄で、さらにその吸収を助けるビタミンB¹²も含まれているので、疲労倦怠の改善にも効果的です。

牛肉の健康効果牛肉に豊富な必須アミノ酸

ポイント

牛肉に含まれている動物性タンパク質は、必須アミノ酸をたっぷり含んでいます。

植物性タンパク質よりも吸収がいいので効率よく摂取できます。

熱にも強いので、調理方法を選ばなくても、食べられるというメリットがあります。

牛肉に豊富な必須アミノ酸

  1. 脂肪燃焼効果大
  2. 冷え性改善
  3. 精力増強
  4. 味覚障害改善
  5. 貧血予防

タンパク質必要

ポイント

牛肉には豊富なタンパク質、鉄分、脂質などが含まれています。

タンパク質は丈夫な身体を作るうえでかかせません。

とくに成長期のお子さんには必要な栄養素だと言えますね。

タンパク質は体内でエネルギーになるうえに、血液、皮膚、内臓等を作っていくのに必要ですね。

きれいな髪の毛や爪が作られるためにも必要です。

牛肉に豊富な必須アミノ酸

ポイント

タンパク質を作っているのは、たった20種類のアミノ酸です。

それぞれに大事ですが、9種類の必須アミノ酸は人間が体内で作ることができないそうです。

体内でつくることができない以上、食事をして食物からとるしかありません

もし必須アミノ酸が足りなくなると、成長を妨げたり、体力が低下したりしますので気をつてた方が良いですね。

美容や健康にも役立つ牛肉にはヘム鉄もたっぷり

ポイント

美容や健康にも役立つ牛肉

タンパク質以外にも、健康維持や美容に役立つ成分が牛肉にはたくさん含まれています。

牛肉にはヘム鉄もたっぷり

牛肉にはヘム鉄といわれる鉄分が豊富に含まれていて、しかも吸収されやすいのです。

鉄分があまりに足りないと貧血を起こすこともありますね。

また冷え症の原因にもなるので、女性はとくに注意してとりたい成分です。

まだある素晴らし成分

ポイントほかにも牛肉にはうれしい成分がたくさん含まれています。

ストレスから脳を守り精神の安定を保つ働きがあるセロトニン

体内の脂肪を燃焼しやすくしてくれるカルニチン

新陳代謝や傷の回復に役立つ亜鉛などは健康に役立ちます。

実は美容に役立つビタミンも豊富なのです。

血液をつくる作用があるビタミンB12、老化を防ぐビタミンE、

美容の効果が高いビタミンB2など、どれも魅力的な栄養分ですね。

お肉にも美容や健康に大事な成分はたくさん含まれているので極端に避けずに上手に食べられるといいですね。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/mama456-1-300x300.jpg
あけみママ

牛肉は、素晴らしいですね。焼肉屋さんでよく耳にする部位ですね

焼肉屋さんやステーキ屋さんでよく知れている名や部位です

豚肉

豚肉/含まれる主な栄養成分

豚肉には女性がうれしい効能がいっぱい。

ビタミンB群が豊富で、中性脂肪の蓄積を抑えてくれたり、美肌効果や疲労回復にも役立ちます。

他にも栄養素がたくさん詰まった豚肉は、健康志向の人もピッタリの食材といえるえしょう。

豚肉がもつ栄養素や効能パワーとは?豚肉には、捨てるところがない食材として、あらゆる部位が利用されます。

健康で長寿の方が多いことで知られる沖縄では、1人当たりの豚肉消費量が群を抜いており、

豚肉に含まれる栄養素や効能が、病気予防に効果があることがうかがえます

良質なたんぱく質

  1. 良質なたんぱく質は筋肉や内臓のもと、肉はスタミナ補給できるので新陳代謝を上げる効果が高く脂肪燃焼効率の良い体になります。
  2. 貧血予防、赤身肉にはヘム鉄が多く含まれている。
  3. 肉には、健康な肌を作るビタミン群・鉄・亜鉛・ミネラルがたっぷり入っています。
  4. 肉にはアミノ酸が豊富に含まれているので、甘いものへの欲求をおさえ食事の満足感を高める働きがあります。

大人の場合は、約70g~80gのたんぱく質が必要で 一般に、

肉や魚のような動物性食品のタンパク質は、大豆や穀類のような、

植物性食品のタンパク質より栄養価が高いので、

少しの量で必要な栄養を摂取できるので食欲の減退する夏はおすすめすの食材です。

ですが、できることなら両方バランスよく食べるとお肌つやつや効果も発揮し、

ご長寿の秘訣とも言われています。

豚肉に含まれる主な栄養成分

ポイント

豚肉には吸収効率にも優れた良質な「タンパク質」が豊富です。

疲労回復のビタミン”と呼ばれる「ビタミンB1」が、

牛肉に比べて約10倍で、全食品類の中でも断トツの多さ。

豚肉(レバー)には「ナイアシン(ビタミンB3)」と呼ばれる水溶性のビタミンが、

牛肉の約2倍~3倍含まれるといいます。

ほかにも、飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、

ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、ナトリウム、カリウム、カルシウム、

マグネシウム、マンガン、リン、鉄、亜鉛などを含みます。

疲労回復

ポイント

タミンB1は、体内で糖質をエネルギーへと変換するのに必要な栄養素であり

疲労回復や倦怠感を緩和させる効能があります。

食欲不振が続いて、栄養不足になりがちな夏の季節にこそ積極的に食べれば、夏バテ解消にも効果的。

美肌効果

ポイント

良質なタンパク質は女性ホルモンの元となりますし、カラダのあらゆる組織

(筋肉、皮膚、髪、爪など)を形成する大事な栄養素でもあります。

また、ナイアシンは、皮膚や粘膜の健康を維持する働きもあるため、

肌に潤いやハリをもたらし、美肌づくりに役立とされています。

神経痛改善

ポイント

神経痛は、末梢神経が傷つけられることでも生じることから、

末梢神経の傷を修復するのに有効な作用があるとされている、ビタミンB12。

ビタミンB12を多く含む豚肉なら、神経痛の改善が期待できます。

また、ナイアシンは神経系に働きかける作用があるともいわれ、

アセトアルデビドという物質を分解することで神経が安定し、神経痛も緩和してくれるといいます。

冷え性解消 

ポイント

ナイアシンには、血行促進作用と拡張作用があるとされ、

それによって血流が良くなり、末端冷え性の改善などに効果が期待できます。

コレステロール抑制効果

豚肉と一緒に食べてさらに効能UP!

ビタミンB1は、ニンニクやニラ、タマネギなどアリシンを多く含む食べ物と

組み合わせると吸収が5~6倍UPするといわれています。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

一緒に調理したり、付け合わせにして食べ合わせると効能もUPしてとっても効果的な料理も有るそうです

肉屋さんで売られている部位です。

鳥肉

鶏肉・コラーゲンが豊富

鶏肉には、豊富な栄養成分が含まれる事で、美容、健康に効果があります。

鶏肉にはモモ肉、ムネ肉、手羽先、軟骨などの部位がありますが、何れの部位にも

高タンパク質で低脂肪な成分とあって、ダイエットを検討しいている方にとっては効果が期待されています。

コラーゲン/と云ったら、真っ先に浮かぶのは“鶏肉の手羽先”ですが、部位によって様々な

効果・効能がある事をなんとなく知っていますよね。

モモ肉の中には、鉄分とビタミンB群などの成分が豊富に含んでいる事で、疲労回復、新陣

代謝を促進する事や体調維持などに効果を齎します。

手羽先、皮、骨軟骨にはゼラチン質が多い為、コラーゲンが多く含まれています

モモ肉の中には、鉄分とビタミンB群などの成分が豊富に含んでいる事で、疲労回復、新陣

代謝を促進する事や体調維持などに効果を齎します。

手羽先、皮、骨軟骨にはゼラチン質が多い為、コラーゲンが多く含まれています

コラーゲンとは

楊貴妃も好んで食したと言い伝えがあります。

 

コラーゲンとは、人間の臓器をタンパク質でつなぐ接着剤みたいな役割をしています。

特に、皮膚、骨、関節、腱などに多く含まれていますが、年齢が増す事で、コラーゲンが少なくなります。

コラーゲンを摂取する事で、骨や関節の強化、美肌の維持、眼の老化防止などに効果があらわれます。

更には、免疫力を高める作用からがん予防、アレルギー予防にも効き目がある事が判ってきました。

鶏肉で肝臓を大事にしましょう

鶏肉には

肝臓の脂肪を少なくする機能がありますので、お酒を嗜む方には、

鶏肉を召し上がる事をおすすめしたいですね。

寒さが続く冬に多く見受けられるのが、乾燥肌、関節痛などに、効き目が現れるので、

なべ料理など、コラーゲンは水に溶けやすい性質を持っていますので、ビタミンCと一緒に取る

ビタミンCと一緒に取ると一層吸収力が高まり、美味しく召し上がる事ができます。

コラーゲンと鶏肉がこれ程と強い相性が良いとは思っていなかった自身は、びっくりでした。

体調管理にも、美容にも効き目がある事が判って貰えたでしょうか。さかえや名物「コラーゲン鍋」もおすすめです。

ポイント

鶏肉には、肝臓の脂肪を少なくする機能がありますので、

お酒を嗜む方には、鶏肉を召し 上がる事をおすすめしたいですね。

寒さが続く冬に多く見受けられるのが、乾燥肌、関節痛などに、効き目が現れるので、

なべ 料理など、コラーゲンは水に溶けやすい性質を持っていますので、ビタミンCと一緒に取る

一層吸収力が高まり、美味しく召し上がる事ができます。

コラーゲンと鶏肉がこれ程と強い相性が良いとは思っていなかった自身は、びっくりでした。

体調管理にも、美容にも効き目がある事が判って貰えたでしょうか。

さかえや名物「コラーゲン鍋」もおすすめです。

鶏ムネ肉vs鶏モモ肉】「栄養・味・食感・特徴」の違いまとめ

鶏肉はいろんな料理に日々大活躍ですよね。ヘルシーメニューで

大活躍の「鶏ムネ肉」と唐揚げなど和食でおなじみの「鶏モモ肉」。

なんとなく味の違いはわかっていても、どの部位なのか、具体的にどう使い分けたらいいのか、

ご存知ですか?「実は曖昧かも・・・」という方のために、

今回は「鶏ムネ肉」と「鶏モモ肉」の違いや適した料理、使い分けの方法についてご紹介します。

鶏ムネ肉と鶏モモ肉の違い「部位と栄養成分」

鶏ムネ肉鶏は

よく胸を動かすため、脂肪が少なく締まった肉でタンパク質が豊富。ま

た糖質やタンパク質・脂質をエネルギーに変える作用があるナイアシンが多いのも特徴です。

見た目はやや白っぽい色をしています。

鶏モモ肉

足の付根からモモの部分の肉。程よく脂肪分があり、
タンパク質に加え鉄分、ビタミンB2も多い部位です。
色は赤みがかっています。

鶏むね肉の特徴

ポイント

これは鶏のむね肉という部位を使って作られています。

むね肉の特徴は柔らかく、脂肪が少ない部位で味も淡白であっさりしています。

淡白といっても味が薄いわけではなく、グルタミン酸やイノシン酸などの旨味成分をしっかり含んでいます。

鶏むね肉の栄養

ポイント

むね肉は、もも肉に比べると低カロリーにもかかわらず、

たんぱく質が100 gあたり223gともも肉の188gよりも多く含まれています。

たんぱく質の摂取は筋肉の増加につながり、基礎代謝がアップし、

脂肪が燃焼しやすい身体になります。また、渡り鳥の翼の付け根や、

回遊魚の尾の付け根など、体の中でも活動量の多い部分に含まれているイミダペプチドが、鶏の羽の付け根であるむね肉に100gあたり

1223mgと豊富に含まれています(もも肉は同46 7mg)。

イミダペプチドは、抗酸化(細胞の損傷や活性酸素を抑える)や疲労回復に効果

があると言われ、1日100gの鶏むね肉を摂取すると体内に発生した活性酸素を除去し、日常生活の疲れを防止することができるとされています。

(産官学連携「疲労定量化及び抗疲労医薬・食品開発プロジェクト」)。

さらに、脳の老化改善効果があることが判明し、

将来認知症の発症を予防する食品として活用されることが期待されています2014年農林水産研究成果10。

ポイント

むね肉はパサパサ感が気になると言われる方がいらっしゃるかもしれませんが、そぎ切りにしたり、ヨーグルトに漬けたり、

片栗粉をまぶすなど、ひと工夫すればおいしくいただけます。

アスリートやダイエットをする人にはおなじみの鶏むね肉ですが、そうでない方々にとっても

疲労回復や夏バテ予防対策として大いに期待できる食品といえるでしょう。

冷え性解消

ポイント

ナイアシンには、血行促進作用と拡張作用があるとされ、

それによって血流が良くなり、末端冷え性の改善などに効果が期待できます。

コレステロール抑制効果

豚肉と一緒に食べてさらに効能UP!

ビタミンB1は、ニンニクやニラ、タマネギなどアリシンを多く含む食べ物と

組み合わせると吸収が5~6倍UPするといわれています。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/mama456-1-300x300.jpg
あけみママ

鶏むね肉ってすごいですね。効果的な料理レシピ楽しみですね

お店で売られている鶏肉の部位

鳥肉レシピ

羊肉(ラム肉)

ラム肉は、他のお肉とは栄養素が違う、ラム肉が健康的である理由

ラム肉は、北海道では比較的よく食べられている肉ですが、全国的には牛・豚・鶏肉に比べてまだまだ身近な食品とはいえません。

しかし、ラム肉は他の肉に比べて健康効果が高く、健康に対する意識が高い層やダイエッターの注目を集めている食品です。

それでは、ラム肉に多く含まれている栄養素について詳しくご紹介します。

ラム肉と言えば、ジンギスカン、子羊のソテー、ラムチョップなど、美味しいそうな料理ばかり思い浮かびます。

ですが、美味しいだけで栄養面は気にしてない人も多いのでは?どうせ食べるなら、自分の体にどんな効果を

もたらしてくれるか気になるところです。そこで、ラム肉の栄養価や成分について調べてみます。

低カロリーで脂肪燃焼効果が高い!ラム肉はダイエットにも最適

ポイント

ラム肉の大きな特徴として、L-カルニチンが含まれていることが挙げられます。

L-カルニチンが脂肪細胞と結合してミトコンドリア内に取り込まれることによって脂肪燃焼が起こります

ラム肉には、このL-カルニチンが多く含まれているので、脂肪燃焼が促進されることが期待されています。

また、L-カルニチンは加齢とともに減少していく傾向にあります。

年齢を重ねるとともに太りやすくなったという人は、L-カルニチンを摂ることで体質改善ができるかもしれないですね。

「肉=高カロリー」と考えてしまう方もいるかと思いますが、ラム肉は全体的に低カロリーでヘルシーなため、ダイエット中にもおすすめです。

例えば、牛肉100gあたりのカロリーは259kcalですが、ラム肉の100gあたりのカロリーは198kcalとなっています。

割とヘルシーとされる鶏肉は204kcalなので、それよりも低いとは驚きますよね。

そのためラム肉は、カロリーを抑えながら量はしっかりと確保したいという人におすすめの肉といえるでしょう。

また、脂肪燃焼効果のあるカルニチン、不飽和脂肪酸と一緒に摂ることができる点もメリットのひとつです。

必須アミノ酸

ポイント

ラム肉には必須アミノ酸が多く含まれています。例えば、免疫力をアップさせるリシン、アレルギーを和らげるメチオニン、

食欲を抑えてくれるフェニルアラニンなどです。ラム肉には、体内で合成することのできない必須アミノ酸がバランス良く含まれており、

健康づくりに役立つ良質なたんぱく質といえるでしょう。

不飽和脂肪酸

ポイント

油脂にはいくつかの種類があり、それぞれ体への影響が異なります。

良い油、悪い油という言葉を聞いたことがあると思いますが、

ラム肉に多く含まれているのは、良い油とされる不飽和脂肪酸です。

不飽和脂肪酸は、魚や植物性食品に多く含まれており、動脈硬化や血栓予防、

血圧を下げる、悪玉コレステロールを減らす作用があるといわれています。

ビタミン

ポイント

ラム肉に多く含まれているビタミンは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンです。

肉類には意外と多くビタミンが含まれているのですが、

ラム肉には特に肌に良いビタミンが含まれているので、美容効果も期待できます。

また、ラム肉に含まれるビタミンは、摂取した栄養素がスムーズにエネルギーに変換されるのを助け、

脂肪の蓄積を防ぐことができます。

このことからも、ラム肉はダイエットをしている人にもおすすめの肉であるといえるでしょう。

(ビタミンB1・ビタミンB2栄養素の代謝をサポートする、皮膚や粘膜を健康に保つ)

(ビタミンE細胞を若返らせる、悪玉コレステロールによる血管の老化から守る、生活習慣病予防)

ラム肉は不飽和脂肪酸が多い

ポイント

ラム肉が健康にいいとされる理由の2つ目は「不飽和脂肪酸」だ。現代人にとってとくに気になる体の数値がコレステロール。

これ自体はホルモンや神経細胞の材料として、人間の体を維持するのに必要なものだが、問題は過剰となることだ。

コレステロールが過剰になると血液中に必要以上に入り込んで粘度の高い血液にしてしまい、また血管の壁に付着して

血管内部を細くし血流を妨げる。その結果、高血圧や動脈硬化を起こし、心筋梗塞や脳卒中、糖尿病などの生活習慣病を

引き起こす原因となる。そうしたコレステロール過剰の引き金となるのが肉食とされているわけで、牛肉、豚肉、鶏肉、

羊肉などを食べて動物性脂肪を摂取する場合には、必ず付いて回る問題だ。

ところが、牛肉・豚肉・鶏肉と羊肉の間に一線を画しているものがある。それが不飽和脂肪酸である。

この成分を他の食肉に対して格段に多く含んでいるのが羊肉なのである。

イワシやサバ、アジなどの青魚に多く含まれているこの成分は「コレステロールを減らす働きに優れている」とされている。

したがって、コレステロール過剰を気にするならラム肉を選択することをお薦めするという話になるのだ。

脂肪燃焼を促すカルニチン

ポイント

ラム肉が健康にいいとされる理由の3つ目。それは「カルニチン」である。

動物性タンパク質に含まれるアミノ酸の一種で、羊肉や牛肉、馬肉や魚のカツオ、牛乳などに含まれているが、

とくに羊肉には多く含まれている。

カルニチンの健康的効果とは、「体内の脂肪を燃焼させる働きに役立つ」ということである。

体内で脂肪酸からエネルギーを取り出すのは、細胞の中にあるミトコンドリアという“工場”だが、

この工場に脂肪酸を運び入れる機能を持つ唯一のアミノ酸がカルニチンだ。これが多ければ、

脂肪酸の“燃焼”を促すことに役立つはずだというわけだ。

カルニチンはヒトの体内でも生成している。しかし、20歳をピークに年々生成能力が落ち、体内のカルニチン量が少なくなっていく。

脂肪を運ぶカルニチンの量が少なくなれば、工場であるミトコンドリアの中に入る脂肪の量も減って、

燃焼できなかった脂肪は体内に蓄積される。反対に、カルニチンを食事によって補給すれば脂肪の燃焼が促されて、

脂肪は体内に蓄積しにくくなり、肥満防止となる上に、肥満が原因となる生活習慣病の予防にもつながると考えられる。

カルニチンの健康的効果はまだある。近年、アスリートの間でカルニチンが注目されている。それというのも、

カルニチンを毎日一定量摂取すると、体内に取り込める酸素の量が増え、運動が長く続けられるようになるとされるからだ。

また、カルニチンは筋肉中の疲労物質である乳酸を減少させる働きもあるので、激しい運動をより長く続けることができるという。

さらには、カルニチンは体内で代謝されると新たに「アセチルカルニチン」という物質に合成される。

には脳細胞を再生する働きがあるので、脳の活性化につながるといわれている

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/mama456-1-300x300.jpg
あけみママ

低カロリーで脂肪燃焼効果が高い!ラム肉はダイエットにも最適

ラム肉の部位

部位による種類分け牛と同じようにさまざまな部位があり、特徴も違うので部位ごとに使われる料理が違っています。ジンギスカンは特にどの部位を使うというセオリーはありませんが、一番多く使われるのはショルダーとレッグでしょうか。

  1. ショルダーは

  2. 肩の部分です。首の回り(ネック)と前肢(アーム)を含める場合もあります。
  3. 中でも肩ロースとよばれる部分は脂肪が適度にのって、羊らしいおいしさを楽しめるので人気があります。
  1. ラックは

  2. 背の部位で、脊髄で切り分ける前のブロックは眼鏡型をしており、
  3. サドルともよばれます。脊髄で二つに分けた状態がフレンチラックなどとよばれるものです。
  4. それを肋骨一本ごとに切り分けるとチョップになります。ローストやステーキに向いた人気の部位です。
  1. ショートロインは

  2. いわゆるもも肉です。脂肪が少ない赤身部分は
    羊の風味も少な目であっさりしているので、羊肉初心者には向いています。
  3. 切り分ける前のブロック状のもので骨を抜いたものがボンレスレッグ
    イージーカーブドレッグなどの名前で売られています。
  4. ローストやステーキにも向いています。
    また、トップサイドとよばれる内股部分は柔らかくて脂肪もなく、タタキなどに使われます。
  5. すねの部分はカレーやシチューに使われます。
  1. レッグは

  2. 腰の部分です。ラック部分と合わせてロングロインとよぶこともあります。
  3. ステーキには一番向いた部分です。テンダーロインとよばれる部位はいわゆる
    ヒレ肉で、羊肉の中で一番高価な部分です。
  1. アームは、

  2. 前肢の部分です。シャンクとよばれるすねの部分はカレーやシチューに向いています。
  1. スペアリブは

  2. 胸にあたる部分です。肋骨ごと焼くスペアリブローストや煮込み料理に使われます。
  3. 5cm程度にカットされたものはフィンガーリブなどともよばれます。

フランクは

腹にあたる部分で、赤身よりも脂肪が多めでバラ肉といわれます。
煮込み用や加工用のほかカバブ料理にはこのあたりが使われます。 

鴨肉

鴨肉に含まれている栄養素

鴨肉に含まれている栄養素で代表的なのがビタミンB1とB2・鉄そして脂肪分は人体に良い不緩和脂肪酸でデトックス効果もあります

とまぁ鴨肉の栄養成分は以上になりますが、さらに知ると栄養面でも食べたくなること間違いなしですので詳しくお話ししていきます。

鴨肉は「カルガモ」の肉ではないことが大半

鴨と言うと、川などで見かけるカルガモを想像する方も多いかもしれません。しかし、

食用として販売されている鴨肉はカルガモではなくアイガモである様です。

ちなみにアヒルはマガモを食用にしたものなので、アヒル肉も鴨肉の一種という事が出来るでしょう。

    1. 美肌・疲労回復に最適ビタミンB群は細胞の再生や粘膜を強くしてくれる事から肌荒れ防止・肌の生まれ変わり美肌効果に期待抜群に良いと言われてます。
    2. ビタミンB1は糖質をエネルギー筋肉や神経の疲れを防いだり和らげたりする働きがあります。
    3. 鴨肉の脂肪分は体にいい脂質、鴨肉の脂肪分は肉類なのに魚介類に含まれる不飽和脂肪酸の割合が高いのが特徴。
    4. 不飽和脂肪酸、人が生きていくうえで欠かせない脂質でこの脂質は大き2つに分けられています。飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸。

美肌・疲労回復に最適

ポイント

鴨肉に含まれているビタミンB群は細胞の再生や粘膜を強くしてくれる事から肌荒れ防止

肌の生まれ変わりつまり美肌効果に期待できます。

お肌だけじゃなく美髪・美爪にも期待できますよ!またビタミンBだけじゃなく疲労回復効果に抜群です。

ビタミンB1は糖質をエネルギーに。筋肉や神経の疲れを防いだり和らげたりする働きがあります。

ビタミンB2は脂質をエネルギーに。このビタミンが足りていないと代謝が悪くなり倦怠感の原因になります。

鶏肉にもビタミンB2が含まれていますが鴨肉は鶏肉に比べビタミン2が約4倍含まれています。

鉄分も豊富。

鉄分は血流を良くし血の巡りが良くなるので冷え性の予防や改善貧血の防止に繋がります。

また鴨肉はお肌にハリを与えるアミノ酸も多く体内でのコラーゲン生成を手助けしてくれ野菜と一緒に食べるとより期待できます。

鴨肉の脂肪分は体にいい脂質

ポイント

鴨肉の脂肪分は体にいい脂質。

鴨肉の脂肪分は肉類なのに魚介類に含まれる不飽和脂肪酸の割合が高いのが特徴。

普通なら肉類は緩和脂肪酸。魚介類は不飽和脂肪酸となります。

不飽和脂肪酸

ポイント

人が生きていくうえで欠かせない脂質でこの脂質は大きく2つに分けられています。

飽和脂肪酸・不飽和脂肪酸・飽和脂肪酸

【バター・ラード・牛脂】など動物性に含まれている脂質で常温で固まるのが特徴。

摂りずぎると中性脂肪・コレステロールを増加させてしまい高脂血症や動脈硬化など生活習慣病を招く危険があるので注意です。

不飽和脂肪酸

一方、不飽和脂肪酸は常温で固まりにくく体内でも固まりにくいのが特徴。

【いわし・さんま・さば】などの魚介類 【オリーブ油・ゴマ油・シソ油】などの植物油に多く含まれている脂質です。

中性脂肪やコレステロール値を調節する働きがあり、血中の中性脂肪を減らしコレステロール値を

調節するので血液がサラサラになり血栓や動脈硬化など、生活習慣病を防ぐ効果あるんです。

鴨肉は「カルガモ」の肉ではないことが大半

ポイント

鴨と言うと、川などで見かけるカルガモを想像する方も多いかもしれません。しかし、食用として販売されている

鴨肉はカルガモではなくアイガモである様です。ちなみにアヒルはマガモを食用にしたものなので、アヒル肉も鴨肉の一種という事が

出来るでしょう。

鴨の肝臓は三大珍味「フォアグラ」

鴨の肝臓は、世界三大珍味のフォアグラとして知られています。

通常通り育った鴨の肝臓を食べるのではなく、フォアグラ用に多くに飼料を与えた鴨の肝臓が使用されています。

高級食材として使用されており、宮廷料理としても食べられていた様です。

鴨と言うと、川などで見かけるカルガモを想像する方も多いかもしれません。

しかし、食用として販売されている鴨肉はカルガモではなくアイガモである様です。

ちなみにアヒルはマガモを食用にしたものなので、アヒル肉も鴨肉の一種という事が出来るでしょう。

鴨部位

馬肉

 

馬肉は、疲労回復に最高のすばらしさ

スタミナ増強目的で用いられたり、貧血を改善するのに有用とされます。また、
生活習慣病である動脈硬化や高血圧、糖尿病の予防にも役立つと考えられています。

含有される成分には、カルノシンやグリコーゲン、ペプチド、ヘム鉄などがあります。

カルノシンは糖尿病や動脈硬化を防ぐのに有用とされており、

活性酸素を除去し、細胞の酸化を抑える働きがあると言われています。

安全、安心して食べることができる馬肉

子どもから大人までだれの口にも合う、馬は牛や豚に比べ体温が高く、寄生虫が付きにくく心配が無いそうです。

馬自身も敏感で添加物やホルモンを受けないので、肉も内臓もクリーンで安全、安心して食べる事ができます。

グリコーゲンはスタミナ増強や疲労回復を促す働きがあると言われている他、
肝臓の解毒の働きを高める作用もあると考えられています。

この成分はブドウ糖に転換され、エネルギー源となります。

ペプチドは血圧低下作用があると言われており、血圧上昇を招く
ホルモンの発生を邪魔する働きがあると考えられています。

ヘム鉄は造血作用を促し、貧血を防ぐ働きがあると言われており
非ヘム鉄に比較すると数倍の吸収率があると考えられています。

また、非ヘム鉄は野菜などに含有されており、ヘム鉄は魚介類などに含有されています。

  1. 美肌効果は、馬油は豊富なビタミン/li>
  2. 疲労改善は、馬肉はミネラル類も豊富
  3. ダイエットに最高な馬肉は、グリコーゲンが牛肉の約3
  4. 血圧を下げる馬肉は、グリコーゲンが牛肉の約3
  5. 薬膳として馬肉を昔から食べる文化がある

美肌効果

ポイント

馬油は豊富なビタミンE、高度不飽和脂肪酸を多く含むため、体に吸収されやすく、強力な浸透力、抗酸化作用、保湿作用、

血液循環促進作用など美肌の働きがあることなど、注目が集まっています。

疲労改善

ポイント

馬肉はミネラル類も豊富で、カルシウム、鉄分(ヘム鉄)、亜鉛は牛肉・豚肉の5倍、体に吸収しやすく、

非常に疲労改善に効果が高いと言われています。

ダイエット

ポイント

馬肉は、グリコーゲンが牛肉の約3倍も多く含まれており、カロリーは牛肉の3分の1、即効性のエネルギー源ですので、

運動前やダイエットにも最適なお肉と言えます。

ダイエット

ポイント

馬肉の豊富なタンパク質にはペプチドが多く含まれ、ペプチドには保湿効果があり血管を広げるため、

血圧を下げたり毒消しの効果があります

 

馬の部位

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/mama456-1-300x300.jpg
あけみママ

お肉の種類部位のまとめて 牛肉・豚肉・鶏肉・羊肉・鴨肉・馬肉のまとめでした。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA