人参の栄養を知れば知るほど凄すぎる!食べなきゃそん美容と健康で長寿に最高ですね。いろんなレシピ一覧

人蔘の驚くほどパワーでなんとΣ(‘◉⌓◉’)!!!

カロリーが低く水分が豊富!

意外と栄養バランスも最高なんです!

スーパーに行けば、野菜コーナーに必ずある人参(にんじん)には、

女性に嬉しい成分がたくさん配合されています。

美容と健康で長寿に必要な成分想像以上に凄すぎ!

人参(にんじん)に秘められたパワーと、

おいしい人参(にんじん)の食べ方もご紹介します。

人参(にんじん)の栄養と効能

ニンジンの旬 ニンジンは全国で生産されており、産地をかえて通年出荷されている。

ニンジンが美味しい季節は10月から2月までの秋から冬の時期ですね。

西洋系のオレンジ色はカロテンですが、金時人参などの赤い色はリコピンといわれる色素です。

これは、カロテンの一種ではあるのですが、β-カロテンとは違い、ビタミンAには変化しません。

しかし、リコピンそのものが活性酸素を減らす働きがあるそうです。

それも、β-カロテンやビタミンEの何倍もの効果があるそうです。

ニンジンに含まれているのは、主にβカロテン(ビタミンA)、カリウム、食物繊維など。βカロテンは、

 

体内に取り入れるとビタミンAに変化し、目や皮膚を健康に保つ働きがあります。

カリウムには体内の余計な塩分を輩出する働きがあり、血液の循環を良くする効果。

食物繊維には、便秘の解消や、腸の働きを活性化させてくれる役割があります。

ビタミンKは、止血因子を活性化させたり、骨の形成をうながしたりと、健康維持に欠かせない栄養素です。

葉酸は、赤血球の形成補助や、胎児の正常な発育を助け、脳卒中や心筋梗塞などの循環器疾患を防ぐ効果があるとの研究結果もあるようです。

便秘で悩む方なら、食物繊維は欠かせませんし、アンチエイジングや、きれいな肌のためには、ビタミンやカリウムの働きも見逃せません。

ニンジンはカロリーの低い根菜で水分も豊富。乾燥や肌荒れにお悩み中なら、ぜひ、積極的に食べていきたい野菜のひとつですね。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_FAAAEA06C38F453E410DD996F3BC6585_app_list-300x300.png
MY

β-カロテンとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

β-カロテンは、緑黄色野菜に含まれる橙色の色素成分です。体内でビタミンAに変換されるプロビタミンA(ビタミンA前駆体)の1つです。なお、β-カロテンのすべてがビタミンAに変換されるわけではありません。そのため、「β-カロテンの摂取量=ビタミンAの摂取量」にならないことに注意が必要です。β-カロテンには、ビタミンAの作用をするという働きのほかに、有害な活性酸素から体を守る抗酸化作用や、免疫を増強する働きがあることがわかってきています。  また、β-カロテン自体がどれだけ役立っているかははっきりしないものの、β-カロテンが豊富な野菜や果物を十分に摂取することによって、心疾患やある種のがんのリスクが低減することも示されています。参考サイト:おいしさと健康のglikoの文章を一部記載しております。そちらもご確認ください。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_FAAAEA06C38F453E410DD996F3BC6585_app_list-300x300.png
MY

ビタミンAとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

体のなかに入ったビタミンAは脂肪とともに小腸から吸収されると、ほとんどは肝臓に蓄えられ、そのほかは血液によって心臓や肺、腎臓など、各組織に運ばれていきます。体のなかでは3つの活性型「レチノール・レチナール・レチノイン酸」として、存在します。主な働きは、皮膚や粘膜を健全な状態に保ちます。参考サイト:MORINAGA簡単にわかるのサイトの文章を一部記載しております。そちらもご確認ください

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_FAAAEA06C38F453E410DD996F3BC6585_app_list-300x300.png
MY

カリウムとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

カリウムは血圧を上昇させるナトリウムを体外へと排出する働きがあるので、高血圧の予防にも役に立ちます。また、白菜に含まれるグルコシノレートは、発ガン性物質抑制する酵素の生成を活発にするため、ガンを予防する働きが期待できます。 低カロリーで、食物繊維を多く含むので、ダイエットにも向いています。カリウム白菜に含まれるカリウムの量は野菜の中では多い部類に入る。カリウムはナトリウムを排出する役割を持ち、ナトリウムを排出することで血圧を下げる効果があるといわれている。また、余分な水分も排出するため、むくみの防止にも有効であろう。カリウムは水に溶け出すので、煮汁ごと摂取しよう。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_FAAAEA06C38F453E410DD996F3BC6585_app_list-300x300.png
MY

食物繊維とは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

白菜には豊富な食物繊維が含まれる。食物繊維は胃腸の働きを活発にすることから、便秘を解消し、腸内環境を整える効果があるといわれている。イソチオシアネートイソチオシアネートは白菜に含まれる辛み成分で、消化を助け、血栓ができにくくなる効果があるといわれている。がんになる前段階の細胞の増殖を防ぐ効果があるのではないかと注目されている。

人人はアンチエイジングに最高なんです ⤴︎

糖質も控えめなのです。

100gあたり、3.2グラム程度の糖質しか含まれていないので、糖質制限にも役に立ちます。

煮込んだ白菜を大量に食べても、お腹いっぱいになるんです。 カロリーはほとんど無いので、95%が水分なので、ヘルシーなんです。

冬場、お鍋にするときは、まずダイエットのためにも低カロリーな白菜から食べるのが良いでしょう。

ダイエットのためには、白菜をお鍋にたっぷりいれて、お肉やお魚などのメイン具材を食べてお腹いっぱいに! 

高血圧の予防に! 白菜には余分な塩分を排出するカリウムが比較的多いため、利尿作用に優れています。

余分なナトリウムを体の外に排出するのを助け、高血圧の予防に期待できますね。

白菜を漬物にすると、ナトリウムが大量に含まれるため、高血圧の予防になりませんので注意してくださいね。 

白菜の硬い芯の部分とやわらかい葉の部分に分け、葉の部分を繊維にそって横に切り、冷水につけてサラダにします。

 

便秘・美肌のも良いです。

人参は食物繊維も豊富で、たくさん食べることで胃腸の蠕動(ぜんどう)を促し、便秘の解消にも役立ちます。

便秘解消は、美肌にも繋がるので女性に最高良いですね。

食物繊維をたくさん摂るのにピッタリですね。

腸内環境を整え、免疫力も高まります。 人参を食べるとガンの予防になる?!にはグルコシノレートが含まれており、

噛んだり、すりおろしたりすると、酵素によっ人参分解されてピリッとした辛み成分に変化します。

このグルコシノレートは加熱しても分解されず、発ガン性物質抑制する酵素の働きを活発にするため、ガンを予防する働きが期待できます。

白菜にはほかに、発ガン物質の吸収や蓄積を防ぐモリブデンというミネラルが含まれることもわかっています。

 

ニンジンの種類 普段よく見かける一般的なニンジンは5寸ニンジンで、また、正月に縁起物として出回る色の濃い色のニンジンが金時ニンジンである。

美味しいニンジンの見分け方 なるべくオレンジ色が濃いものを選び、表面の黒ずみやひび割れているニンジンは避ける。

葉付きのものは葉がみずみずしい状態かををチェックし、芯が見えているものは直径が小さく緑色に近いものが新鮮とされているようなので参考にしてほしい。

保存方法とレシピ

保存法

人参は新鮮なものほど乾燥を嫌います。丸のままの人参を保存する際にはできるだけ乾燥しない様に新聞紙などで包み、冷蔵庫に入れておきましょう 。

冬など寒い季節は新聞紙にくるんだり、箱のまま冷暗所においておいても大丈夫ですね。

人参は水分にも弱い野菜なので、温度と湿度があるとすぐに鮮度が落ちてしまいます。

夏であればラップして冷蔵庫に、冬は乾燥して人参の水分が抜けないように新聞紙に巻いて冷暗所にて保管します。

人参は切った物は切り口から傷み始めるので、ぴったりとラップで包んで冷蔵庫の野菜室に入れておき、3日~4日位で使い切るようにしましょう。

 

にんじんの保存期間の目安は

人参の状態や環境で違いますが 乾燥しないように、新聞でくるんでそのうえでビニール袋に入れて上手に冷蔵庫で保管すれば

1ヶ月ちょっとくらいは保存できます。 プロ的な発想ですが、一番いいのは、一定湿度80-90%で、一定温度3℃位で保管できれば3か月位はバッチリです。

これは開閉が少ない温度変化のない専用の冷蔵庫での場合を想定しています。

鍋・スープ

サラダ

ご飯・丼物

蒸す

準備中

炒める

焼く

準備中

煮る

包む・巻く

ダイエット向きレシピ

健康・改善レシピ

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_72B230EA97D2200E02836ED564825278_app_list-300x300.gif
AK

人参は、身体に良いのでたくさん色んなレシピ出来そうですね。人参は、美容とダイエット向きですよね。私もダイエットに挑戦中です。自分にあった調理方法をぜひチェックして作ってみてくださいね。

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA