必見【目からウロコのおからハンバーグの作り方】失敗しない3つのポイント!美味しいおからハンバーグの作り方!最高のハンバーグ

おからハンバーグ

【おからハンバーグ】(1・2)グルテンフリー健康ヘルシーダイエットレシピ
おからハンバーグ【お弁当おかず】【業務スーパー】安くておいしい!
おすすめ商品&お買い得品でおからハンバーグで旨い
おからハンバーグ を手作りで作れば!
格安で食べられますね お弁当にも・作り置きにも大丈夫!
節約おかず最高に美味しいお弁当!作り置きして食べよう~【おかず】
簡単おかず美と健康のおかずレシピ手抜き料理ダイエット料理にサイコー 

材料・調味料

おからハンバーグ

  • おから・・・・・・・・200グラム
  • 豚挽肉・・・・・・・・500グラム~600グラム
  • 玉ねぎ・・・・・・・・1
  • 鶏卵・・・・・・・・・2
    ・・・調味料・・・
  • 塩・・・・・・・・・・少々
  • コショウ・・・・・・・少々
  • にんにく・・・・・・・少々
  • 料理酒・・・・・・・・少々
  • 炒め用ごま油・・・・・少々

おからハンバーグ

  1. 豚レバーを洗い、水気を拭き取ったものをボウルへ移します。
    塩コショウ、練にんにく、粉末ダシで調味し、片栗粉を入れ、よく揉みます。
  2. ピーマンは種を取り、1個を9-12等分(角切り)します。

    ニンジンは短冊切り、 玉ねぎは繊維に沿ってバラバラに。
    野菜類はザルへ移しておきます。

  3. 玉ねぎをフードプロセッサ等でみじん切りにします。
    豚バラ肉の下味付けには食塩、コショウ、すりにんにくを使います。
    玉ねぎを入れ、鶏卵を落とし、おからを入れ、粘るまでよくかき混ぜます。
  4. 料理酒を加え、さらに混ぜ込んだらタネ完成。焼き工程に移ります。
    フライパンにごま油をひき、タネを形成し並べます。中央部を窪ませます。
    そして、蓋をして火を通します。
ポイント

※おからハンバーグは、小麦粉を使っていない為ダイエット(グルテンフリー)の方には、最高に良いですね。

レシピYouTube1/2で見れます。

Akemi MaMaのブログを観ていただき ありがうございます。

YouTubeでakemimamaで検索したら沢山投稿 しております。

見てくださいね。 YouTuberチャンネル登録よろしくお願いします。

あけみママの簡単レシピ動画を見ていただきありがとうございます。

 

雑な面や見づらい点等が有ると思います2011年に、ありのままの動画で

編集無しで投稿してしまいました。改めて見直すと!!本当に、恥ずかしいですね。

動画を編集無しで編集の知識も知らないままの投稿動画でした。大変見にくいとは!

思いますが、最後まで見てくださいね。 これからは、皆様に美味しい料理を見やすく

勉強したり工夫してアイディアも載せますので引き続き動画を見てくださいね。

レシピYouTube2/2で見れます。

Akemi MaMaのブログを観ていただき ありがうございます。

YouTubeでakemimamaで検索したら沢山投稿 しております。

見てくださいね。 YouTuberチャンネル登録よろしくお願いします。

あけみママの簡単レシピ動画を見ていただきありがとうございます。

 

雑な面や見づらい点等が有ると思います2011年に、ありのままの動画で

編集無しで投稿してしまいました。改めて見直すと!!本当に、恥ずかしいですね。

動画を編集無しで編集の知識も知らないままの投稿動画でした。大変見にくいとは!

思いますが、最後まで見てくださいね。 これからは、皆様に美味しい料理を見やすく

勉強したり工夫してアイディアも載せますので引き続き動画を見てくださいね。

豚肉/含まれる主な栄養成分

豚肉には女性がうれしい効能がいっぱい。

ビタミンB群が豊富で、中性脂肪の蓄積を抑えてくれたり、美肌効果や疲労回復にも役立ちます。

他にも栄養素がたくさん詰まった豚肉は、健康志向の人もピッタリの食材といえるえしょう。

豚肉がもつ栄養素や効能パワーとは?豚肉には、捨てるところがない食材として、あらゆる部位が利用されます。

健康で長寿の方が多いことで知られる沖縄では、1人当たりの豚肉消費量が群を抜いており、

豚肉に含まれる栄養素や効能が、病気予防に効果があることがうかがえます

良質なたんぱく質

  1. 良質なたんぱく質は筋肉や内臓のもと、肉はスタミナ補給できるので新陳代謝を上げる効果が高く脂肪燃焼効率の良い体になります。
  2. 貧血予防、赤身肉にはヘム鉄が多く含まれている。
  3. 肉には、健康な肌を作るビタミン群・鉄・亜鉛・ミネラルがたっぷり入っています。
  4. 肉にはアミノ酸が豊富に含まれているので、甘いものへの欲求をおさえ食事の満足感を高める働きがあります。
 

おから

日本豆腐協会の文章を一部記載しております。詳しくはリンクにてみてください。

おからの栄養価 このおからは豆乳のしぼりかすですが、食物繊維やカルシウムをたっぷり含んでおり、たんぱく質や炭水化物、

カリウムにも富んだ食材として、ヘルシーフーズの中でも大いに注目を集めています。

まず何といっても優れているのが食物繊維の量でしょう。100g中11.5gは、

ごぼうの約2倍に当たります。おからの食物繊維は「セルロース」という水に溶けないタイプのもの。

 

このセルロースは、腸のぜん動運動を促してくれるので便秘の解消にもなり腸内の残留物をそうじしてくれますから、

大腸ガンの予防にもつながります。 さらにおからには、大豆のカルシウムが多く残っており、

さらにゆで大豆の約40%ものたんぱく質が残っているという優れモノです。炭水化物やカリウムもしっかり含んでいます。

この大豆の炭水化物もまた、腸内の健康維持に大きな貢献をしています。

 

大豆の炭水化物に含まれる豊富なオリゴ糖が、腸内の善玉菌のえさになってくれるのです。

そしておからの最大の魅力は、安価でローカロリーなこと。

お惣菜だけではなく、最近はクッキーやケーキなどのお菓子にも幅広く使われています。

ローカロリーなのでダイエットにも最適の食材です。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_72B230EA97D2200E02836ED564825278_app_list-300x300.gif
AK

ハンバーグに、パン粉ではなくておからを使うと良いですね。

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA