オクラ餃子巻き家族に大人気!お弁当にも・やみつきレシピおすすめ

餃子の皮1袋で、たくさん作れて、作り置きでお弁当のおかずにも良いですね。
中身を変えて今回は、2パターンのレシピ公開いたします。
家計にもとってもリズナブルで、家族にも人気で助かりますね。

オクラ餃子巻き家族に大人気!お弁当にも・やみつきレシピおすすめ

材料・調味料レシピ分量
    ・・・材料・・・
  • オクラ・・・・・・・20個(2袋)
  • 餃子の皮・・・・・・1袋(20枚入)
  • とろけるチーズ・・・10枚
       ・・・・たれ・・・
  • ポン酢 ・・・付けだれ
  • マヨネーズ・・大さじ半分
  1. なべのお湯が沸いたら塩を入れオクラゆでる (事前に下ごしらえしといてね。)
    オクラのゆで時間は、1分45秒から2分が目安です。
  2. オクラが少やらわかくなったら 取り出して冷ましたら、おくらの後先を切って
  3. 餃子の皮1枚・とろけるチーズ半分にしてひく その上にオクラをおいて巻く
  4. ライパンにオリーブオイルを引き中火で裏表こんがり焼いらら出来上がりです。

おくら簡単な説明

オクラはアオイ科の植物で、タンパク質、糖質、ビタミンB1、B2を豊富にふくむ緑黄色野菜です。

さまざまな栄養素が豊富に含まれているオクラは、健康に良い食材です。

まず、オクラに含まれる独特のネバネバとした成分は、主にガラクタンやアラバン、

ペクチンなどの食物繊維です。

オクラ餃子巻き梅入り、家族に大人気!お弁当にも・やみつきレシピおすすめ

材料・調味料
  • 餃子の皮・・・・・・・・・・・1袋
  • オクラ・・・・・・・・・20個(2袋)
  • 梅干し・・・・・・・・・10粒
    ・・・・・・・・・たれ・・・・・・・・・・
  • ポン酢 ・・・付けだれ
  • マヨネーズ・・大さじ半分
  1. なべのお湯が沸いたら塩を入れオクラゆでる (事前に下ごしらえしといてね。)
    オクラのゆで時間は、1分45秒から2分が目安です。
  2. オクラが少やらわかくなったら 取り出して冷ましたら、おくらの後先を切って 
  3. 餃子の皮1枚・ その上にオクラをおいて梅干しをちぎってオクラの周りにおいたら巻いて
  4. 油でをひいれ中火で焼いたら出来上がりです。
  5. お弁当にも喜ばれます

オクラは、夏バテ防止にも効果的ですね。

ポイント

夏バテ防止にも良いとされるオクラは、さまざまな料理に使いやすい食材です。
この記事では、オクラを使った料理をしたいと考えている方に向けて

オクラの栄養素やおいしく食べるための下処理とレシピについてご紹介します。

暑い時期の食材だが、夏場は常温で保存できないので野菜室で保存すること。あまり日持ちもしない。

独特のネバネバ成分には胃腸の調子を整える役割があり、夏バテ防止にも効果的ですね。

梅干しの酸っぱさもクエン酸がたっぷり入っているそうです。

ポイント

梅干しの酸っぱさの原因はクエン酸だがたっぷり入っていすそうです。

梅には果実の中でもクエン酸の含有量が最も多

小さな1粒にレモン1個の2~3倍みたいですね。
クエン酸は血液をサラサラにし、血流を改善して免疫力を高め

風邪やインフルエンザにかかりにくくするという。

胃炎や胃潰瘍、胃がんの原因となるピロリ菌の活動を抑制する効果も認められて

さらに、疲労回復にも効くそうです。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/mama456-1-300x300.jpg
あけみママ

さまざまな栄養素が豊富に含まれているオクラは、健康に良い食材です。

まず、オクラに含まれる独特のネバネバとした成分は、主にガラクタンやアラバン、ペクチンなどの食物繊維です。

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA