レバニラ炒めのレバーは豚レバーでも美味しい。プロから習ったマジ美味いレバニラ炒めの作り方【韮菜炒肝】Sauteed Liver with Leeks

簡単!レバニラ炒めは、ちょー旨いし簡単すぎてしかも旨い

【レバニラ炒め】簡単おすすめ!ヘルシー料理 美・健康レシピ

レバニラ炒めは絶対覚えておいた方が良い!

レバニラ炒めは、【業務スーパー】安くておいしい!

レバニラ炒めは、手軽で美味しくて、お酒のおつまみにサイコーにあいます。

必須アミノ酸をバランスよく含み、「栄養の宝庫」といわれるレバー

レバニラ炒めは、簡単出来ちゃうよ!

材料・調味料

レバニラ炒め

  • もやし・・・・・1袋
  • ピーマン・・・・2個〜お好みで
  • ニラ・・・・・・1束
  • 人参・・・・・・小1本
  • 玉ねぎ・・・・・小1個
  • 豚レバー・・・・200g〜300g(お好みで)

    ・・・・・・・調味料・・・・・・・
    (レバーの仕立ての調味料)

  • 塩コショウ・・・・少々
  • 練にんにく・・・・大さじ1
  • 粉末ダシ・・・・・大さじ1
  • 片栗粉・・・・・・大さじ3

 

レバニラ炒め

  1. 豚レバーを洗い、水気を拭き取ったものをボウルへ移します。

    塩コショウ、練にんにく、粉末ダシで調味し、片栗粉を入れ、よく揉みます。

  2. ピーマンは種を取り、1個を9-12等分(角切り)します。

    ニンジンは短冊切り、 玉ねぎは繊維に沿ってバラバラに。

    野菜類はザルへ移しておきます。

  3. 揚げ油を200℃に加熱し、豚レバーを揚げ、揚がったらボウルへ移します。

    続いて野菜類を同じく軽く揚げます。揚がったらレバーと同じボウルへ。

    フライパンを用意し、ごま油を引き、揚げたレバー・野菜類を炒めます。

  4. ニラを2-3cm程度の幅にぶつ切りし、もやしを用意します。

    炒めている食材の中央部を開け、もやしを入れ、その上にニラを乗せます。

  5. そこで再び塩コショウ、粉末中華ダシ、練ニンニクで調味し、炒めていきます。

    火力は終始強火で。

    炒め上がったら最後に水溶き片栗粉でとろみをつけます。

    ここで火を止め、盛り付けて完成です。

ポイント

※豚レバーは、良く油で豚レバーを揚げてさっと炒めると美味しい出来上がります。

レシピYouTubeで見れます。

Akemi MaMaのブログを観ていただき ありがうございます。

YouTubeでakemimamaで検索したら沢山投稿 しております。

見てくださいね。 YouTuberチャンネル登録よろしくお願いします。

 

あけみママの簡単レシピ動画を見ていただきありがとうございます。

雑な面や見づらい点等が有ると思います2011年に、ありのままの動画で

編集無しで投稿してしまいました。改めて見直すと!!本当に、恥ずかしいですね。

動画を編集無しで編集の知識も知らないままの投稿動画でした。大変見にくいとは!

思いますが、最後まで見てくださいね。 これからは、皆様に美味しい料理を見やすく

勉強したり工夫してアイディアも載せますので引き続き動画を見てくださいね。

レバー肉

エバラのサイト参考の文章を記載しております。

必須アミノ酸をバランスよく含み、「栄養の宝庫」といわれるレバー。

ビタミンの含有量も高く、レバー50gで、成人が1日に必要とする

ビタミンAやビタミンB2をまかなうことができるといわれています。

ビタミンAは、抗酸化作用に優れ、粘膜の新陳代謝を促し、免疫力を高める働きがあります。

また、ビタミンB2には、細胞の再生を促して、動脈硬化を防ぐ働きがあります。推奨量は、

ビタミンAが成人男性850~900µg、成人女性650~700µgとなっており、

ビタミンB2では成人男性が1.5~1.6mg、成人女性が1.1~1.2mgとなっています(※1)。

レバーの素晴らしさは栄養価の高さのみならず、その「即効性」にあります。

よく、「ビタミンAを摂るために緑黄色野菜を食べなさい」といわれますが、

緑黄色野菜に含まれているのは、ビタミンAではなくベータカロチンです。

ベータカロチンは体内に入ると、ビタミンAに変換されて利用されます。

一方、レバーに含まれているのはビタミンAそのものです。このため、

体内で栄養素を変換する必要がなく、ビタミンAをダイレクトに吸収することができるのです。

バランスのよい食生活を保つためにも、調理方法を工夫してレバーを日頃の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

もやし通年作られている(疲労回復・生活習慣病予防)

もやし

豆にはないビタミンCをはじめ、ビタミンB群・カリウム・カルシウム・鉄・食物繊維・疲労回復に

効果的なアスパラギン酸などを含んだ栄養価の高い野菜。

ビタミンCの損失を防ぎ、歯ざわりを残す為に、手早く調理しましょう

ビタミンC・ビタミンB群・アスパラギン酸・カリウム・カルシウム・鉄・食物繊維

動脈硬化予防・美肌作り・整腸作用・疲労回復・生活習慣病予防

ニラ(血行をよくして体を温める)

ニラ

栽培しやすく、どんどん出てくるので一つの株から3回収穫できるといわれる。

漢方薬としても利用されており、冷え性の緩和、整腸に効く。

独特の匂いの元となる成分は、血行をよくして体を温める。風邪予防にも効果的。

ピーマン(風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果)

ピーマン

緑色のピーマンは未熟果で、完熟させると赤ピーマンになる。

「ピーマン」の名前はフランス語のピマン(piment)に由来。

英語では「アマトウガラシ」(sweet pepper)という。

ビタミンCが多く含まれています。風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果

にんじん (ビタミンEの何倍もの効果)

にんじん

西洋系のオレンジ色はカロテンですが、金時人参などの赤い色はリコピンといわれる色素です。

これは、カロテンの一種ではあるのですが、β-カロテンとは違い、ビタミンAには変化しません。

しかし、リコピンそのものが活性酸素を減らす働きがあるそうです。

それも、β-カロテンやビタミンEの何倍もの効果があるそうです。

たまねぎ (高血圧や糖尿病などに高い効果)

たまねぎ

血液をサラサラにすることから、動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞などの生活習慣病を予防したり、
血圧を下げる効果があります。 血液中の不要な糖・脂質を減らす働きもあるので、糖尿病の予防にもなります。
また、血行促進作用もあるので、冷え性の改善にも良いそうです。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_FAAAEA06C38F453E410DD996F3BC6585_app_list-300x300.png
MY

レバニラ炒めは、身体に物凄く良いなんだね!おいしそうだね。今日の!料理は、簡単なレバニラ炒めで決まりだね!

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_72B230EA97D2200E02836ED564825278_app_list-300x300.gif
AK

レバニラ炒め体に良い食材ばっかりですね!さっと出来るからおかずが足りない時に良いですね。

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA