ささげ豆(ささげ)ささげ豆は、貧血や便秘の改善の効果有り小豆に似てます。

 ささげ豆は、見た目は小豆とそっくりな「ささげ豆」
貧血や便秘、脳の働きを保つのを改善する作用があると言われています。
食物繊維は癌や糖尿病、動脈硬化の予防に役立つと言われており、
これは腸管において有害物質や糖質、コレステロールの吸収を
阻害する作用があると考えられているためです。
抗酸化ビタミンですので、活性酸素の発生を抑えて、
動脈硬化や皮膚や血管の老化を防いでくれます。
アンチエージングの効果抜群ですね。色んな豆をまとめていますが!
豆!!!!良い!!!!の一言ですね。

ささげ(ささげ)

GAROPのサイトの内容を一部記載しております。詳しくは、サイトへ

皮膚や粘膜を守ったり、貧血や便秘、脳の働きを保つのを改善する作用があると言われています。

また、癌の発生を抑えたり、動脈硬化や糖尿病の予防にも有用とされます。

含有される成分では食物繊維やコリン、カリウム、ビタミンB1などがあります。

食物繊維は癌や糖尿病、動脈硬化の予防に役立つと言われており、これは腸管において有害物質や糖質、

コレステロールの吸収を阻害する作用があると考えられているためです。

また、腸内で善玉菌の繁殖を活発化させ、排便量を増加させる作用もあると言われています。

コリンはレシチン生成の材料であり、レシチンは細胞膜を作るのに必要な成分です。

コリンそのものには記憶力を高める作用があると言われており、老人性認知症を予防するのに有用とされます。

神経伝達物質の前駆体であり、脳内のコリン量を増加させると考えられています。

その他、脂肪肝や高血圧、動脈硬化の予防にも役立つと言われています。

カリウムは体内の余分なナトリウムを排泄促進するため、高血圧の予防に有用とされます。

ビタミンB1は糖質代謝に関与していることから疲労回復に役立つと言われています

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

食物繊維とは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

食生活の欧米化に伴い、摂取量が年々、減少傾向にあるといわれている食物繊維。余分な脂肪や老廃物を体外に排出し、便秘解消にも効果的な成分です。黒大豆には不溶性食物繊維が豊富に含まれておりデトックス効果も期待できますね。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

コリン、カリウムとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia) 抗コリン作用(こうコリンさよう)とは、アセチルコリンがアセチルコリン受容体に結合するのを阻害する作用のことである。胃腸薬などの抗コリン薬の主な作用である。便秘、口の渇き、胃部不快感等といった神経症状の副作用は代表的な症状の例である。 抗コリン作用を持つ他の薬剤には、コリン作動性の抗パーキンソン病薬やベンゾジアゼピン、一部の抗精神病薬や抗うつ薬や、また第一世代抗ヒスタミン薬を含有する総合感冒薬、鼻炎薬などがある。抗コリン薬を除いた、このような他の薬剤においては、本来必要ではない抗コリン作用が生じないように改良されている場合も多い。。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

ビタミンB1、ビタミンB2とは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

ご飯やパン、砂糖などの糖質が分解されエネルギーとなる過程で必要となるのがビタミンB1です。 ビタミンB1が不足すると、いくら糖質をたくさん摂取したところで、エネルギーに変えることができず、乳酸などの疲労物質がたまり、疲れやすくなります。成長に必須であり、エネルギーを生みだす脂質の代謝に使われることが多いので、脂質をとる量が多くなるほど不足しがちになります。動脈硬化症や老化の原因となる有害物質の過酸化脂質が体内でできるのを防ぐのがビタミンB2です。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

コレステロールとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

コレステロールは、細胞膜や身体の働きを微調整するホルモン、あるいは胆汁酸(脂肪を消化・吸収するもの)を形成するための物質として必要なものです。肝臓でつくられたコレステロールは血液(血管)によって全身に運ばれ、余分なコレステロ ールは血液で肝臓に戻ってきます。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

レシチンとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

レシチンの健康効果・記憶力や学習能力を高める効果アルツハイマー病や認知症を予防する効果動脈硬化を予防する効果肝機能を高める効果美肌効果肝臓を保護する働きもあります。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

カリウムとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

カリウムは、ナトリウムとともに、細胞の浸透圧を維持しているほか、酸・塩基平衡の維持、神経刺激の伝達、心臓機能や筋肉機能の調節、細胞内の酵素反応の調節などの働きをしています。また、カリウムは腎臓でのナトリウムの再吸収を抑制して、尿中への排泄を促進するため、血圧を下げる効果があります。健康長寿ネットの文章を一部記載しております。詳しくは、サイトへ

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

ナトリウムとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

ナトリウムはカリウムとともに体内の水分バランスや細胞外液の浸透圧を維持しているほか、酸・塩基平衡、筋肉の収縮、神経の情報伝達、栄養素の吸収・輸送などにも関与しています。また、水分を保持しながら細胞外液量や循環血液の量を維持し、血圧を調節しています。健康長寿ネットの文章を一部記載しております。詳しくは、サイトへ

ささげ豆の簡単まとめ

栄養素としてはビタミンB1とB2が豊富に含まれているのが特徴です。

【ビタミンB1】 糖質のエネルギー変換に使われ、疲労回復やスタミナ増進に有効。

ビタミンB2】 脂肪を燃焼させ、細胞の新陳代謝を促します。

【ナイアシン、ビタミンB6】 皮膚や粘膜の健康維持をサポートしたり、脳神経を正常に働かせてくれます。

【パントテン酸】 動脈硬化の予防に。

【葉酸】 貧血予防や胎児の成長を助けてくれます。

【ビタミンE】 抗酸化ビタミンですので、活性酸素の発生を抑えて、動脈硬化や皮膚や血管の老化を防いでくれます。

【カリウム】 疲労回復や高血圧の予防に。 ささげ豆にもこんな豊富な栄養が含まれているんです。

 

⭐️[エントリーでP10倍]イチビキ らくらく炊きたて赤飯おこわ 393g×6個 | 北海道産もち米 セット赤飯 ささげ豆 豆 おこわ 赤飯おこわ お祝い 無洗米付き 北海道産 ひな祭り めでたい スマイルスプーン 送料無料

⭐️ささげ豆 国産岡山県産備中ダルマささげ お試し200g 大角豆 お赤飯用豆 乾物豆類 乾燥豆 甘納豆 あずきに似た豆 新豆 新物 令和元年産 令和1年産 敬老の日 お祝い 送料無料 十六ささげ ささげ 450g 乾燥 まめ 北海道産 無農薬 無化学肥料 自然農法 自然栽培 国産 在来種 固定種 マメ ササゲ 小豆 あずき ジュウロクササゲ じゅうろくささげ 雑穀 赤飯 炒め物 健康 美容 ダイエット ポイント消化 【単品配送商品|宅配便と同梱不可】

⭐️酵素玄米と自然食の店 たまな商店

⭐️ハーブティー&アロマ専門店ユーン

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

ささげ豆も良いことづくしだね!あけみママのレシピ早くみたい!

 
https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_72B230EA97D2200E02836ED564825278_app_list-300x300.gif
AK

ささげ豆も疲労回復や高血圧の予防に。 ささげ豆にもこんな豊富な栄養が含まれているんです。豆は、知れば知るほど!良いんですね!レシピ研究中!出来次第公開しますね。

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA