このタレは絶対覚えておいた方が良い!②やみつき生姜と煮干しの漬け物の作り方!簡単なごまとポン酢の付けタレ で手抜節約おすすめ

この生姜と煮干しの漬け物は絶対覚えておいた方が良い!
やみつき生姜と煮干しの漬け物の作り方!
簡単な生姜と煮干しの漬け物で手抜節約やみつき生姜と煮干しの漬け物
おすすめ【簡単/生姜と煮干しの漬け物】手軽に美味しい
【業務スーパー】安くておいしい!野菜でおすすめ
商品&お買い得品で生姜と煮干しの漬け物を作って節約出来ちゃうね。

材料・調味料

生姜と煮干しの漬け物

  • しょうが・・・・・・・大きめ2個~3個
  • 干しエビ小さめ・・大さじ2~3
  • 煮干し小さめ・・・50グラム~70グラム

    ・・・・・・・・調味料・・・・・・・

  • 塩・・・・・・・・・少々
  • 鰹だし・・・・・・・小1袋
  • お酢・・・・・・・・100ml
  • 砂糖・・・・・・・・大さじ1
  • ラー油・・・・・・・大さじ1 辛さに調整する

生姜と煮干しの漬け物

  1. ショウガをうすく切ったら 干しエビ小さめをフライパンで から炒め油は入れない
  2. ショウガを半分に切って 食べ安い大きさ薄切りに切る
  3. ショウガをスライスしたら ボールに入れ塩を少々 軽く混ぜ塩でやわらかくする
  4. 干しエビと煮干しが良く から炒めしたらショウガの ボールの中に入れる
  5. ボールの中入れてよくかき混ぜたら 粉のだしを入れお酢・砂糖・ラー油を 入れたら良くかき混ぜあわしたら
  6. 出来上がりです。 ビールのおつまみに最高!

 

 
ポイント

※新生姜で漬けたら美味しいです。調味料使わないやり方は、手抜きでは、ポン酢でも結構美味しいです。

レシピYouTubeで見れます。

 

 

Akemi MaMaのブログを観ていただき ありがうございます。

YouTubeでakemimamaで検索したら沢山投稿 しております。

見てくださいね。 YouTuberチャンネル登録よろしくお願いします。

新しょうが(疲労回復・夏バテ解消)

新しょうが

みずみずしく、すじが少ない。辛みが穏やかで、甘酢漬けが有名。

植付けに使ったヒネショウガの上に新しく生成された部分が新しょうがで、茎のつけ根があざやかな紅色をしている。

常温での保存は、3~4日程度。湿らせた新聞紙に包むといい。

これにはには強い殺菌作用があります。

鮨に欠かせないガリはこの殺菌作用を活かしたものでしょう。

シネオールには食欲増進の働きを持つが含まれており、疲労回復・夏バテ解消に役立ち、

健胃・解毒・消炎作用もあると言われています

煮干し

DHAを豊富に含有 DHAには、血管そのものの柔軟性を高めたり血栓を溶かす働き、

血液中の悪玉コレステロール値を減らす働きがあるため、 血液をサラサラにする効能が期待できます。

また、脳の働きを活性化する役割もあり、 記憶力増強や認知症予防にも効果を発揮します。

脳の記憶や空間学習能力に関わる海馬には2倍以上のDHAが集中しているため、

DHAを摂取すると集中力や記憶力の向上が期待できます。

干しエビ小さめ

カルシウムの多さからは骨阻しょう症の改善や予防に良いと考えられますね。

また、ビタミン類には、細胞の老化を防ぐ作用があります。
キチン、キトサンの摂取によって悪玉コレステロールを下げる作用や、肥満改善、免疫活性作用、整腸作用などの効果が得られるでしょう。

桜えびの赤色に含まれるアスタキサンチンには、抗酸化作用、活性炭素を抑える作用や、眼精疲労を改善する作用が期待できます。

このように、桜えびの栄養には健康に嬉しい作用が盛りだくさんなんですね。

特に老化予防や、免疫力向上の作用から高齢者にはぜひたくさん食べて欲しい食品です。

桜えびには実にたくさんの栄養が詰まっています。生のまま食べても栄養は豊富ですが、素干しにすると効果はさらに高くなるでしょう。

素干しの場合には、そのままおやつ感覚で子どもから高齢者まで召し上がることが可能。

気軽に普段の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 
https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_72B230EA97D2200E02836ED564825278_app_list-300x300.gif
AK

体に良い食材ばっかりですね!保存も出来ておかずが足りない時に良いですね。

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA