玉ねぎの栄養・効果健康的な肌の老化防止。玉ねぎの抗酸化作用によるデトックス効果でニキビなどの肌あれを予防レシピ

 この玉ねぎは、時期関係なく1年中スーパーや八百屋さんで販売されていますね。
旬の時期があり、大きく2つのシーズンに分けられています。
玉ねぎの収穫は春と秋の年2回。
春に種を蒔くのは北海道が中心で、その他の地域は秋に種を蒔きます。
秋に蒔いた種が収穫時期を迎えるのが5〜6月。
その玉ねぎを3、4月頃に早取りしたものが新玉ねぎになります。
 普通玉ねぎは、保存性を高めるために収穫してから
1カ月ほど乾燥させるため、薄皮が茶色いのですが、新玉ねぎは、
収穫してからすぐに出荷されます。このため、
新玉ねぎは皮が薄くてみずみずしいのです。
ひとつひとつの野菜の特徴を知ることで、体に良い事ができることから
すぐに始められて、長く続く食事法について簡単にまとめました。

たまねぎ 効果・効能

玉ねぎは、日常的に、常備野菜としているご家庭は多いと思います。

カレーやサラダ、煮物・炒め物と様々な料理で作るのが楽しめます。

またすりおろして薬味やドレッシングとしても使える便利な野菜です。

雑誌やテレビでもこの玉ねぎが持つ特異な成分に注目が集まっていますね。

その効能は、誰もが関心がある高血圧、血糖値、血流、脂肪燃焼、そして美肌に効果があると言われています。

今回はその効果効能と共に、その効能を簡単にまとめて見ました。

その調理法など、玉ねぎに一般的には、血液をサラサラにするなどの健康効果があるのは、

もうみなさんご存じかと思います。また、美容にもうれしい効果があるのですよ!

硫化アリル・ケルセチン・カリウムの栄養素が入っています。

紫玉ねぎ(別名:レッドオニオン/赤玉ねぎ)

参照サイト:野菜の栄養素と機能性成分見てね。

紫玉ねぎ(別名:レッドオニオン/赤玉ねぎ)

アントシアニンが豊富 健康に有益な天然色素で、血液サラサラ効果も!

ポリフェノールの一種であるアントシアニンは、天然の植物色素。目にいいとされ、抗酸化パワーが高いといわれます。

血液サラサラ効果も期待でき、健康や美容にうれしい成分です。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

硫化アリルとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

硫化アリルは、血液サラサラ効果!生活習慣病予防に 血液をサラサラにすることから、 動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞などの生活習慣病を予防したり、血圧を下げる効果があります。 血液中の不要な糖・脂質を減らす働きもあるので、糖尿病の予防にもなります。また、血行促進作用もあるので、冷え性の改善にも役立ちます。硫化アリルは、玉ねぎのツンとしたニオイや辛味のもととなっている成分で、玉ねぎの他にもネギやニンニク、ニラなどのユリ科の野菜に多く含まれています。玉ねぎを切ったときに目が痛くなったり涙が出たりするのも、硫化アリルの刺激によるものです。 硫化アリルにも様々な種類がありますが、アリル基と硫黄元素を含んでいる化合物です。硫化アリルには血液の凝固を抑制する働きがあるため、動脈硬化予防や血栓予防に効果が期待できます。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

ケルセチンとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

ケルセチンは、強力な抗酸化作用。ダイエット効果も良いですね。ポリフェノールの一種で、紫外線から肌を守り、シミやシワを防ぎます。 脂肪燃焼効果もあります。また、抗炎症作用があり、アレルギーの症状改善にも効果があります。ポリフェノールには抗酸化作用があることが知られていますが、ケルセチンはその中でも特に強い抗酸化作用を持っており、動脈硬化や糖尿病といった生活習慣病の予防、抗ガン作用、抗炎症作用、玉ねぎはアンチエイジングにも効果が期待できるといわれています。 吸収されやすいケルセチンを豊富に含んでいることから、非常にアンチエイジングにも良い野菜であると言えるでしょう。ケルセチンの大きな効能として抗酸化作用があります。抗酸化作用によって肌のターンオーバーが促進し、肌の老化(シミ、シワ)を防ぐといいます。また、抗酸化作用によるデトックス効果でニキビなどの肌あれを予防する効果もあるといいます。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_254801CD6A5A6E86AF8A58E2FA93466E_app_list-300x300.png
AK

カリウムとは?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_D9C084C3858617A3D84D6D022677A1EA_app_list-300x300.gif
MY

カリウムは、デトックス効果! 余分な水分の排出を促し、むくみを改善します。女性にうれしいデトックス効果もあり。塩分の摂り過ぎなどによって溜まった余分な水分を排出する作用があり、血圧を下げる効果やむくみを予防・改善する効果が期待できます。 カリウムはこの他にも、心臓を含む全身の筋肉の収縮や神経刺激の伝達、細胞内での酵素反応などにも関与しています。 通常の食事をしていればカリウムが不足する可能性は低いですが、激しい嘔吐や下痢などによって不足すると、脱力感や筋力の低下、食欲不振等の症状を引き起こす場合があります。 カリウムは野菜や果物、海藻類といった植物性の食品に多く含まれています。水に溶ける性質があるため、食材を生のまま、あるいは茹で汁ごと食べると効率よく摂取することができます。

スープ

サラダ

蒸す

準備中

炒める

焼く

煮る

準備中

タレアレンジ

包む・巻くダイエット向きレシピ

準備中

健康・改善レシピ

準備中

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/562FE82FC655033105CB803E16A3B693_DE192979C53FCE1F9BEA649E678C339D_FAAAEA06C38F453E410DD996F3BC6585_app_list-300x300.png
MY

たまねぎも身体に物凄く良いなんだね!今日は、なにが良いかな?スープ・サラダ・蒸す・炒める・煮る・巻くなどの色々出来て今日は、どんな料理がいいかな?

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_72B230EA97D2200E02836ED564825278_app_list-300x300.gif
AK

玉ねぎ1玉?1袋でどんな料理が良いかな?食感が良いのか?たべやすい料理がいいのか?たくさん色んなレシピ出来そうですね。たまねぎは、サラダや煮たり焼いたり、煮込んだり炒めたりしていろんな料理に使われますので、そのあたりをぜひチェックして作ってみてくださいね

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA