これが下町のとんかつだ!絶品『トンカツ』出来立てサクサクのとんかつの作り方。

とんかつ

人気トンカツ屋で母娘。母「おいしい!」【とんかつ】本物の!
とんかつ店主から教えてもらった!
「味の分かる人間に食ってもらいたいもんだ!」
【とんかつ】は絶対覚えておいた方が良い!
【とんかつ】の作り方!【とんかつ】は、
手抜節約【とんかつ】簡単レシピ手軽に美味しい
【業務スーパー】安くておいしい!【とんかつ】簡単250円で出来ちゃうよ!

材料・調味料

とんかつ4人

  • とんかつ用豚ロース・4切
  • 牛乳・・・・・・・・100g
  • パン粉・・・・・・・100g
  • 玉ねぎ・・・・・・・1球
  • 盛付用生野菜(キャベツ・サニーレタス・きゅうり・トマト等)

    ・・・・・・・調味料・・・・・・・

  • 塩コショウ・・・・・少々
  • すりにんにく・・・・大さじ2
  • 薄力粉・・・・・・・大さじ4〜5
  • 鶏卵・・・・・・・・2個

豚カツ

 

とんかつ

  1. 豚肉を軽く裏おもてを軽く叩いて味を付けます。肉の裏表に塩コショウとすりにんにくを付けます。
  2. 衣には薄力粉、鶏卵(少し牛乳をいれたもの)、パン粉を使います。(グルテンフリーは、米粉やおからの粉)使います。
  3.   衣付けします。薄力粉→卵→パン粉の順で肉に衣を付けます。

  4. それを約180℃の油で5分程度揚げて完成。キツネ色が目安です。
    脇役に玉ねぎを用意し、同じような要領で衣付けし、揚げます。
    キャベツなどの生野菜と一緒に、盛り付けましょう。

ポイント

※ダイエットを気にする方は、オリーブオイル等で揚げて、食べるときに先にキャベツをノンオイルのドレッシングで

おわん1杯食べるとヘルシーになります。

レシピYouTubeで見れます。

とんかつ

Akemi MaMaのブログを観ていただき ありがうございます。

YouTubeでakemimamaで検索したら沢山投稿 しております。

見てくださいね。 YouTuberチャンネル登録よろしくお願いします。

 

あけみママの簡単レシピ動画を見ていただきありがとうございます。

雑な面や見づらい点等が有ると思います2011年に、ありのままの動画で

編集無しで投稿してしまいました。改めて見直すと!!本当に、恥ずかしいですね。

動画を編集無しで編集の知識も知らないままの投稿動画でした。大変見にくいとは!

思いますが、最後まで見てくださいね。 これからは、皆様に美味しい料理を見やすく

勉強したり工夫してアイディアも載せますので引き続き動画を見てくださいね。

豚肉/含まれる主な栄養成分

豚肉には女性がうれしい効能がいっぱい。

ビタミンB群が豊富で、中性脂肪の蓄積を抑えてくれたり、美肌効果や疲労回復にも役立ちます。

他にも栄養素がたくさん詰まった豚肉は、健康志向の人もピッタリの食材といえるえしょう。

豚肉がもつ栄養素や効能パワーとは?豚肉には、捨てるところがない食材として、あらゆる部位が利用されます。

健康で長寿の方が多いことで知られる沖縄では、1人当たりの豚肉消費量が群を抜いており、

豚肉に含まれる栄養素や効能が、病気予防に効果があることがうかがえます

豚肉

 

良質なたんぱく質

  1. 良質なたんぱく質は筋肉や内臓のもと、肉はスタミナ補給できるので新陳代謝を上げる効果が高く脂肪燃焼効率の良い体になります。
  2. 貧血予防、赤身肉にはヘム鉄が多く含まれている。
  3. 肉には、健康な肌を作るビタミン群・鉄・亜鉛・ミネラルがたっぷり入っています。
  4. 肉にはアミノ酸が豊富に含まれているので、甘いものへの欲求をおさえ食事の満足感を高める働きがあります。

キャベツ (ビタミンCを豊富)付け野菜

きゃべつ

一般的なキャベツである冬キャベツ、春には春キャベツが出回る

ビタミンCを豊富に含む。基本的にはブロッコリーのほうがあらゆる栄養素が高いのだが、茹でた時の

ビタミンCの損失量がブロッコリーよりも少ないため摂取量としてはあまり変わらない

サニーレタス1年中(ビタミンAで目の疲れをとるラクッコピコリンで睡眠誘導効果)付け野菜

サニーレタス

β-カロテンで老化を抑え 鉄分で貧血防止   ビタミンCで血液さらさら 

ビタミンAで目の疲れをとるラクッコピコリンで睡眠誘導効果

サンチュの栄養成分「β-カロテン」は、油と相性がよく一緒に

摂ることで効率良く栄養を体に吸収してくれます。

きゅうり(身体を冷ます効果)

胡瓜

むくみに効果があります。

きゅうりは利尿効果の高い成分を含んでおり、むくみをとる作用があります。

身体を冷やす働きがあるそうです。

きゅうりには身体を冷やす働きがあると言われ、薬膳料理でも用いられます。

暑い夏が旬なだけに、熱くほてった身体を冷ますのにきゅうりが役立ますね。

トマト(脂肪燃焼効果)

トマト

そもそも、高温多湿の日本では栽培が難しかったが、

品種改良や栽培方法の工夫で、一般に普及するようになった。

完熟したトマトはポリ袋に入れて冷蔵庫へ。

青っぽく未熟なものは常温で保存し、熟すのを待つとよい。

丸みがあり重いものが、糖度が高くおいしい。

トマトの果汁成分には、脂肪を燃焼させる遺伝子を増やす

「13-oxo-ODA」というリノール酸が含まれている事が2012年2月に発見されました。

この成分の摂取によって肝臓で脂肪燃焼に働くタンパク質が多く作られ、

血糖値が低下するとの事です。

https://akemi-cooking.com/wp-content/uploads/785E1EED4C94F4E0749BD75BE1100B07_35FB625C58E1A85FE2D9AB85CD9E8D38_72B230EA97D2200E02836ED564825278_app_list-300x300.gif
AK

とんかつは、かなりカロリーあるので先に、野菜タッイプり食べると良いですね。

あけみママ簡単レシピサイト最後まで見て頂き有難うございます。
これからも色々なアイデアの料理を投稿いたしますので公式LINEに友達追加してね

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA